Office for Mac 向けの Microsoft AutoUpdate で正しくないバージョンの更新プログラムが提供される

最終更新日:2017 年 12 月 19 日

問題

Mac に Office for Mac 2008 がインストールされていても、Microsoft AutoUpdate で Office 2016 for Mac の更新プログラムが提示される場合があります。更新プログラムを承諾すると、Office for Mac 2008 が自動的に Office 2016 にアップグレードされます。

これは、Microsoft AutoUpdate のバージョン 3.14.0 を使用している場合に発生することがあります。

状態: 修正済み

この問題は Microsoft AutoUpdate のバージョン 3.14.1 で修正されました。

1 つまたは複数のアプリケーションが誤って Office 2016 for Mac にアップグレードされた場合、次の手順を使用して Office for Mac 2008 に戻してください。

  1. [Finder] を開き、[/Applications/Microsoft Office 2008] フォルダーに移動します。

  2. キーボードの Ctrl キーを押し、次のアプリケーション名をクリックして、[ゴミ箱に入れる] を選択します。

    • Microsoft Word

    • Microsoft Excel

    • Microsoft PowerPoint

    • Microsoft Outlook

  3. Office for Mac 2008 のインストール メディアを使用して製品を再インストールします。既存のデータ、設定、ライセンスはインストール時に保持されます。元のメディアを紛失した場合は、製品を Microsoft の Web サイトからダウンロードしてください。

  4. 最新の Office 2008 更新プログラム (12.3.6) を Microsoft の Web サイトからインストールします。

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Excel のニュース、更新プログラム、ベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Microsoft 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、その他の Excel ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Office フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。ご意見をお聞かせください。ご意見をお待ちしています。

UserVoice for Office

関連トピック

最近の Office のインストールとライセンス認証に関する問題の修正プログラムと解決策

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×