Office for Mac データベースについて

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

office 2016 for Mac では、Outlook データの破損などの問題が発生した場合に、office データベースを自動的に修復して再構築します。これは、office 2011 for Mac からのアップグレードであり、問題が発生した場合は、手動で office データベースを再構築する必要がありました。

Office 2016 データベースの信頼性と安定性が大幅に向上したため、データベースを手動で修復または再構築する機能は、 Outlook 2016 for Macでは使用できなくなりました。

小さなデータベースの問題が発生した場合、Outlook はバックグラウンドでサイレントリカバリを実行します。この問題が発生した場合は、通知されず、バックグラウンド回復が発生している間は作業が妨げられる可能性はありません。

大きなデータベースの問題が発生し、自動復元を自動できず、データベースの再構築が必要な場合、Outlook でデータを修復して問題を解決するように求めるメッセージが表示されます。Outlook の再起動、データベースの再構築、再構築したデータベースの読み込みなど、データベースを復元する手順が示されます。

Office 2016 for Mac データベースに問題が発生した場合、またはヘルプが必要な場合は、[ヘルプ]、[サポートに問い合わせる] の順にクリックしてください。

Outlook 内でメールやコンテンツを検索するときに問題が発生した場合は、データベースに問題があるためではありません。これは、スポットライトインデックスの問題です。検索の問題を解決するには、 Mac でスポットライトインデックスを再構築する方法の手順に従います。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×