Office for Mac を再インストールの前に完全にアンインストールして、問題のトラブルシューティングを行う

この記事の手順は、通常の Office for Mac のアンインストール処理を試した後に、引き続き Office アプリケーションの再インストールや起動で問題が発生している場合にのみ実行してください。

Office for Mac を完全に削除するには、いくつかの手順を実行します。この記事では、各手順について説明します。手順の説明をよく読み、管理者としてサインインするか、管理者の名前とパスワードを入力します。

注: Office for Mac 2011 のサポートについては、「 Office for Mac 2011 のアンインストールのトラブルシューティング」を参照してください。

手順 1: Office for Mac アプリケーションを削除する

  1. Finder を開き、[アプリケーション] をクリックします。

  2. command キー コマンド を押しながら、クリックして Office for Mac アプリを選択します。

    注: お持ちの Office のバージョンによっては、Outlook​​ または OneDrive がインストールされている場合と、インストールされてない場合があります。

  3. Ctrl キーを押しながら、選択したアプリをクリックまたは右クリックして、[ゴミ箱に移動] を選択します。

    Office アプリをゴミ箱に移動する

手順 2: サポート ファイルを削除する

削除する必要があるサポート ファイルは、ライブラリ フォルダーおよびユーザー フォルダーにあります。

ライブラリ フォルダーからファイルを削除する

  1. Finder を開き、[移動]、[コンピューター]、[表示]、[] の順にクリックします。

  2. [Macintosh HD] に移動して、[ライブラリ] フォルダーを開きます。

    ライブラリ フォルダーを参照して、LaunchDaemons フォルダーを参照する
  3. 元に戻って、[LaunchDaemons] を開きます。次のファイルが表示されている場合、Ctrl キーを押しながらファイルをクリックまたは右クリックし、[ゴミ箱に移動] を選択します。

    • com.microsoft.office.licensingV2.helper.plist)

    • com.microsoft.autoupdate.helper.plist

    • com.microsoft.onedriveupdaterdaemon.plist

  4. [LaunchAgents] を開き、ファイルが表示されている場合は、Ctrl キーを押しながら、このファイルをクリックまたは右クリックし、[ゴミ箱に移動] をクリックします。

    • com.microsoft.update.agent.plist

  5. 元に戻って、[PrivilegedHelperTools] を開きます。次のファイルが表示されている場合、Ctrl キーを押しながらファイルをクリックまたは右クリックし、[ゴミ箱に移動] を選択します。

    • com.microsoft.office.licensingV2.helper

    • com.microsoft.autoupdate.helper

  6. 元に戻って、[ユーザー​​設定] を開きます。次のファイルが表示されている場合、Ctrl キーを押しながらファイルをクリックまたは右クリックし、[ゴミ箱に移動] を選択します。

    • com.microsoft.office.licensingV2.plist (存在する場合)

ユーザー ライブラリ フォルダーからファイルを削除する

ユーザー [ライブラリ] フォルダーからファイルを削除するには、最初に Finder の表示オプションを設定する必要があります。

  1. Finder で コマンド + shift + h キーを押します。

  2. Finder メニューで、[表示]、[リスト] の順にクリックし、[表示]、[表示オプションを表示] の順にクリックします。

  3. [表示オプション] ダイアログ ボックスで、[ライブラリ フォルダーを表示] を選びます。

    ライブラリ ファイル設定が表示された [Finder] の [表示] オプション
  4. 次に列ビューに戻って、( コマンド +3)、[<ユーザー名> ライブラリ] の順にクリックします。

  5. ユーザー ライブラリ フォルダーで、[コンテナ] をクリックし、次のファイルが表示されている場合は、各ファイルを Ctrl キーを押しながらクリックまたは右クリックして、[ゴミ箱に移動] をクリックします。

    • com.microsoft.errorreporting

    • com.microsoft.Excel

    • com.microsoft.netlib.shipassertprocess

    • com.microsoft.Office365ServiceV2

    • com.microsoft.onedrive.findersync

    • com.microsoft.Outlook

    • com.microsoft.Powerpoint

    • com.microsoft.RMS-XPCService

    • com.microsoft.Word

    • com.microsoft.onenote.mac

  6. ユーザー ライブラリ フォルダーで [Cookie] をクリックし、次のファイルが表示されている場合は、各ファイルを Ctrl キーを押しながらクリックまたは右クリックして [ゴミ箱に移動] をクリックします。

    警告: これらのフォルダーを [ゴミ箱] に移動した場合、Outlook データは削除されます。削除する前にこれらのフォルダーをバックアップする必要があります。

    • com.microsoft.onedrive.binarycookies

    • com.microsoft.onedriveupdater.binarycookies

  7. ユーザー ライブラリ フォルダーで、[グループ コンテナ] をクリックし、次のフォルダーが表示されている場合は、各フォルダーを Ctrl キーを押しながらクリックまたは右クリックして、[ゴミ箱に移動] をクリックします。

    警告: これらのフォルダーをゴミ箱に移動した場合、Outlook データは削除されます。削除する前にこれらのフォルダーをバックアップする必要があります。

    • UBF8T346G9.ms

    • UBF8T346G9.Office

    • UBF8T346G9.OfficeOneDriveSyncIntegration

    • UBF8T346G9.OfficeOsfWebHost

    • UBF8T346G9.OneDriveStandaloneSuite

手順 3: ライセンス削除ツールをダウンロードして実行する

Mac で Office のライセンス ファイルを削除する方法」に記載の手順に従って、ライセンス削除ツールを使用します。このツールを使用すると、Mac からライセンスが完全に削除されます。

重要: Office を再度アクティブ化するには、Office のコピーに関連付けられた正しいメール アカウントとパスワードが必要になります。

手順 4: Dock から Office for Mac アイコンを削除する

Dock に Office アイコンを追加している場合、Office for Mac をアンインストールすると ? マークとして表示される場合があります。 これらのアイコンを削除するには、Control キーを押しながらアイコンをクリック (または右クリック) して、[オプション]、[Dock から削除] の順にクリックします。

手順 5: コンピューターを再起動する

このセクションに記載されているすべてのファイルを削除したら、ゴミ箱を空にして、コンピューターを再起動します。

関連項目

Office を PC または Mac に再インストールする

Office for Mac のインストールやライセンス認証ができない場合の対応策

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×