Office for Mac の 64 ビット版にアップデート後にエラー メッセージが表示される

Office 2016 for Mac の 32 ビット版を使用しているユーザーは、2016 年 8 月 22 日以降、最終的には 64 ビット版にすべてアップグレードされます。この更新プログラムは、一定期間の間に多くのユーザーにシームレスにロール アウトされます。64 ビット版への更新後に問題が発生しエラー メッセージが表示される場合、互換性のない32 ビット版のアドオンがある場合があります。

私のアドインは Office 2016 for Mac の 64 ビット版と互換性がありますか?

2016 年 8 月 22 日以前にアドインを Office 2016 for Mac にインストールしている場合、32 ビット版である可能性があります。これらの共通のエラー メッセージまたは動作のいずれかが見られる場合、アドインの更新が必要です。問題が発生することがわかっている 32 ビット版のアドインの一覧は、ここから確認できます。

  • アプリケーションを起動すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。"非表示モジュール ‘<name>’ 内でコンパイル エラーが発生しました。"

    このエラーは、アドインのコードが Office 2016 for Mac の現在のバージョン、プラットフォーム、またはアーキテクチャと互換性がない場合に発生します。

  • Office 2016 for Mac のアプリケーションでは、アドインのボタンは淡色表示されます。

  • Office 2016 for Mac のアプリケーションでは、アドインのボタンはリボンに表示されません。

Office 2016 for Mac のアドインのトラブルシューティング

アップグレードした Office 2016 for Mac に 32 ビット版のアドインがあることがわかった場合、次の手順を使用してそれらを無効にできます。

Office 2016 for Mac でアドインをオフにします。
  1. [ツール]、[テンプレートとアドイン] の順に移動します。

  2. [アドインとして使用できるテンプレート] の一覧に、実行中のインストールされているすべてのアドインが表示されます。

  3. 編集するアドインをオンにするか選択するか、または [+] または [-] オプションをクリックしてオフにします。完了したら [OK ] をクリックします。

  4. アプリケーションを終了して、再起動します。

Office アプリケーションが正常に起動する場合、オフにしたアドインが問題の原因です。アドインの企業 Web サイトを参照し、インストール可能な更新後の 64 ビット版のバージョンを検索することをお勧めします。新しいバージョンがない場合、またはアドインを使用する必要がない場合、そのアドインをオフのままにします。

Office 2016 for Mac で問題が発生する可能性があるアドイン

32 ビット版をインストールした場合に、Office 2016 for Mac の 64 ビット版で問題が発生することがわかっている人気のアドインは次のとおりです。アドインの最新バージョンを入手するには、次のリンクをクリックしてください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×