スキップしてメイン コンテンツへ

Office for Mac のライセンス認証で発生するエラー 0x8A010101

generic_Office_for_Mac のライセンス認証を行い、「エラー コード:0x8A010101」が表示された場合、以下の手順を実行します。

注: Office for Mac 2011 でこのエラーが表示される場合は、代わりに「Office for Mac 2011 のライセンス認証エラーのトラブルシューティング」を参照してください。

Microsoft アカウントでサインインします。

  • generic_Office_for_Mac の購入に関連している正しい Microsoft アカウントを使用していることを確認してください。

  • Office for Mac 2011 ではなく、Office 2016 または Office 2019 for Mac をライセンス認証していることを二重確認してください。

  • 誤って Office 2016 または Office 2019 for Mac の代わりに 2011 をライセンス認証しようとしている場合は、Office for Mac 2011 をアンインストールします。次に、Office for Mac をダウンロードしてインストールします。ライセンス認証を行うには、Microsoft アカウントでサインインします。

Office for Mac へのサインインを選択してライセンス認証する

generic_Office_for_Mac のサインイン画面は次のようになります。

それでもうまくいかない場合、プロダクト キーが無効の可能性があります。

Microsoft の公式ストアまたはパートナー以外の場所でプロダクト キーを購入した場合、プロダクト キーが無効である可能性があります。

注: MSDN プロダクト キーでは、小売用の Office スイート製品をライセンス認証できません。

generic_Office_for_Mac を入手するには、ここで Office 365 をサブスクライブするか、パッケージ版を購入します

サポートにお問い合わせください。

この記事は、お客様のフィードバックを基に更新されています。generic_Office_for_Mac のライセンス認証で引き続きサポートが必要な場合は、問題の詳細について以下にコメントを残してください。

Microsoft サポートにもお問い合わせいただけます。

関連項目

Office for Mac をダウンロードしてインストールする

Office for Mac のライセンス認証

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×