Office for Mac でアクセス許可が制限されたファイルを開く

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Information Rights Management (IRM) を使用すると、ユーザーはドキュメント、ブック、プレゼンテーション、電子メールメッセージへのアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 これは、アクセス許可は文書、ブック、プレゼンテーション、または電子メール メッセージ自体に保存されており、これらは IRM サーバーに対して認証される必要があるからです。

  1. アクセス許可が制限されているファイルを開きます。

  2. ライセンス サーバーに初めてアクセスする場合は、ライセンス サーバー用のユーザー名とパスワードを入力し、[Mac OS のキーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: [Mac OS のキーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにしない場合、ユーザー名とパスワードを何度も入力しなければならない可能性があります。

  3. メッセージ バーが開き、このファイルに対する権限が管理されていることを示すメッセージが表示されます。 メッセージ バーで [権限の表示] をクリックします。

    注: フル コントロール アクセス許可を割り当てられている場合、メッセージ バーに [アクセス許可の変更] が表示されます。

  4. [アクセス許可] で、このファイルに対して実行できる処理の一覧を確認します。 [制限] で、このファイルに対して実行できない処理の一覧を確認します。

関連項目

権限が管理されたファイルまたはメッセージを開くための資格情報を追加する

Office の Information Rights Management

ファイル コンテンツへのアクセスの制限

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×