スキップしてメイン コンテンツへ

Office 365 ProPlus から Office 365 Solo for Windows 7 に移行する

これらの手順では、学校が提供している Office 365 ProPlus アカウントから Windows 7 の新しい Office 365 Solo アカウントに、ファイル、メール、連絡先、予定表アイテムを移動する方法について説明します。

前提条件と移行手順

これらの手順は、以下があることが前提です。

  • Office 365 ProPlus のアカウント

  • Office 365 Solo のアカウント

  • 移動するすべてのファイル、メール、連絡先、予定表アイテムを保持するのに十分な空き領域がある Windows デバイス。

移行プロセスを開始する前に、既存の OneDrive for Business同期アプリ を停止してアンインストールします。 以下の手順は、以前の OneDrive For business 同期アプリからの移行のサブセットです。

最初に、既存の OneDrive for Business同期アプリ がファイルをアクティブに同期していないことを確認する必要があります。 同期中の場合、ユーザーは続行する前に、それらの更新の同期の完了を待ち、それらの変更がクラウドに反映される時間を取ることをお勧めします。

OneDrive サイトの同期を停止するには、次の手順を実行し、新しい 同期アプリを設定するための準備をする必要があります。

  1. アクティブなファイルのアップロードや編集が完了し、Web サイトに完全に反映されていることを確認します。

  2. タスク バーの通知領域で、青い OneDrive for Business クラウド アイコンを右クリックします。

    OneDrive for Business 旧デスクトップ クライアント

    (OneDrive for Business アイコンが表示されていない場合は、通知領域の横の [隠れているインジケーターを表示します] 矢印をクリックする必要がある場合があります)。

  3. [フォルダーの同期を停止] が灰色表示になっている場合は、手順 5 に進みます。

    OneDrive for Business 同期クライアントを右クリックしたときに表示される、[フォルダーの同期を停止] コマンドのスクリーンショット

  4. [フォルダーの同期を停止] が使用できる場合は、クリックして、そのリストに [OneDrive – [組織名]] フォルダーが表示されていないことを確認します。 表示されている場合は、選択して [同期の停止] ボタンをクリックします。 OneDrive for Business のフォルダーがこのリストに表示されなくなったら完了です。

    [フォルダーの同期を停止] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

  5. Groove.exe を終了するには、タスク バーの通知領域のその青いクラウド アイコンを右クリックし、[終了] を選択します。

注: 最後の手順は、ローカル ファイルを保持するだけでなく、Office アプリケーションの [最近使用したドキュメント] リスト内のこのフォルダー内のドキュメントへのリンクを意図的に無効にする追加の利点があります。 そうしないと、ユーザーは、そのフォルダーの同期を切断したことを忘れて、これらのファイルを更新し、それらが同期するものと期待する危険があります。

既存の OneDrive for Business同期アプリによって以前に作成したローカルフォルダーの名前をそのままにしておきます。

  1. Windows エクスプローラーを開き、既存の OneDrive for Business同期アプリ で以前使用していたローカルフォルダーの名前を変更します (たとえば、 OneDrive -コントソ)。

  2. [コントロール パネル] を開き、[プログラム]、[プログラムと機能] の順にクリックします。

  3. プログラムの一覧で OneDrive を右クリックして、[アンインストール] を選びます。

  4. [コントロール パネル] を閉じます。

移行のこの部分では、メールの情報をデバイスのファイルにエクスポートします。 デバイスにメールボックスのすべてのメール、連絡先および予定表アイテムを保持するのに十分な空き領域があることを確認します。

Outlook 2016 のリボンの外観。
  • リボンの左上隅に [ファイル] オプションが表示されている場合は、デスクトップ版の Outlook を使用していて、適切な場所にいることになります。

  • リボンの左上隅に [ファイル] オプションが表示されていない場合は、「使用している Outlook のバージョンを確認する方法」を参照して、お使いの Outlook のバージョンと、適切なエクスポート手順を確認してください。

  1. Outlook で Office 365 ProPlus の学校のメールボックスを開き、「Outlook 2013 と 2016:Outlook アイテムを .pst ファイルにエクスポートする」(「メール、連絡先、予定表を Outlook の .pst ファイルにエクスポートまたはバックアップする」を参照) の手順に従ってメール、連絡先、および予定表をエクスポートします。

移行を完了し、Office 365 Solo のメールボックスを使用するようになっても、学校のメールボックスで引き続きメールを受信できます。 移行後に、学校のメールボックスに送信されたすべてのメールを受信できるようにするには、次の転送ルールを作成します。 転送ルールにより、すべてのメールが新しい Office 365 Solo メールボックスに送信され、学校のメールボックスから削除されます。

次のようにルールを構成します。

  • このルールはメッセージの受信後に適用します

  • その場合、自分の名前は [宛先] または [Cc] ボックスにあります

  • <Office 365 Solo メール アドレス> に転送し、

  • 削除します

  1. Outlook で、[ファイル] タブをクリックします。

  2. 右側のウィンドウで、[仕分けルールと通知の管理] をクリックします。

  3. [仕分けルールと通知] ボックスの [電子メールの仕分けルール] タブで、[新しい仕分けルール] をクリックします。

  4. [ 1:テンプレートの選択] の [新しい仕分けルールを作成する] テンプレートの一覧の [受信メッセージにルールを適用する] テンプレートを選択します。 [次へ] をクリックします。

  5. [ステップ 1: 条件を選択してください] で、[ [宛先] または [Cc] に自分の名前がある場合] チェックボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

  6. [ステップ 1:アクションの選択] から [名前/パブリック グループに転送する] を選択し、それを削除します

  7. [ 2:仕分けルールの説明を編集してください (下線部分をクリックします)] から [名前/パブリック グループ] リンクをクリックし、[宛先 -> ] ボックスに Office 365 Solo メール アドレスを入力します。 [OK]、[次へ] の順にクリックします。

  8. ルールに名前を付けます (たとえば、[すべてのメールを個人用アカウント] に転送します)。 [この仕分けルールを有効にする] を選択します。

  9. [完了]、[適用]、[OK] の順にクリックします。

メールを送信してくれた人に、新しいメール アドレスを通知する最も簡単な方法は、自動応答 (不在時) メッセージを使用する方法です。 これらのオプションは選択するようにしてください。

  • 自動応答を送信する

  • [自分の所属組織内] タブと [自分の所属組織外] タブの両方に、すべての送信者が受信するメッセージを配置します。

  • [自分の所属組織外] タブの [自分の所属組織外のユーザーに不在時の自動応答を送信する] と [自分の所属組織外のユーザー] オプションを選択し、希望に応じてすべてのユーザーが新しいメール アドレスを得ることができるようにします。

  1. Windows 版の Outlook から不在時の自動応答を送信する」の手順に従って、学校のメール アカウントに自動応答 (不在時) ルールを設定し、すべての送信者に新しい電子メール アドレスを通知します。

  2. Outlook で [ファイル]、[Office アカウント]、[サインアウト] の順にクリックして、Office 365 ProPlus からサインアウトします。

  3. Outlook とその他のすべての Office アプリケーションを閉じます。

これで、Outlook の .pst ファイルと、学校の OneDrive for Business フォルダーのバックアップ フォルダーにすべてのメール、連絡先、予定表アイテムを入れることができたので、コンピューターを新しい Office 365 Solo アプリケーションおよびサービス用に準備できます。

  1. PC から Office 2013、Office 2016、または Office 365 をアンインストールする」の手順に従って、コンピューターからすべての Office 365 ProPlus アプリをアンインストールします。

  2. コンピューターを再起動します。

OneDrive 同期アプリ は、OneDrive と OneDrive for Business 同期アプリを置き換え、個人アカウントとビジネスアカウントを追加することができます。 この手順では、OneDrive 同期アプリ をインストールして、Office 365 Solo アカウントに接続します。 学校の共有フォルダーを使用している場合 Office 365 ProPlusOneDrive 、学校 Office 365 ProPlusOneDrive フォルダーを同期して名前を変更した後で、他のユーザーによって更新された可能性があります。既存の OneDrive_for_Business アプリからローカルフォルダーをクリーンアップし、OneDrive_for_Business をアンインストールすると、両方のアカウントに接続して、ファイルの現在のバージョンを同期することができます。

  1. Windows の onedrive とファイルを同期する方法: 方法 1: onedrive にサインインしているアカウントが存在しない場合」のインストール手順に従って、新しい OneDrive 同期アプリ を PC にインストールします。 新しい Office 365 Solo アカウントでログインします。

  2. エクスプローラーで学校の Office 365 ProPlus フォルダーの内容を Office 365 SoloOneDrive フォルダー構造にコピーして貼り付けます。

Office 365 Solo サブスクリプションに付属する Microsoft Office アプリケーションを再インストールする必要があります。

  1. Office を PC または Mac にインストールする」の手順に従って Office 2016 を Windows 7 コンピューターにインストールします。

学校からの移行の最後の手順では、自分の Office 365 Solo に Office 365 ProPlus アカウントを設定して、 Outlook 2016 プロファイルを構成し、で作成した .pst ファイルからメール、連絡先、予定表のアイテムをインポートします。

  1. コントロール パネルの [メール] をクリックまたはダブルクリックします。

    [メール] は、Microsoft Windows オペレーティング システムのバージョン、コントロール パネルの表示方法、インストールされているオペレーティング システムが 32 ビットと 64 ビットのどちらであるか、インストールされている Microsoft Outlook のバージョンなどによって、コントロール パネルで表示される場所が異なります。

    [メール] を見つけるには、Windows のコントロール パネルを開き、ウィンドウ上部の [検索] ボックスに「メール」と入力する方法が最も簡単です。 Windows XP のコントロール パネルでは、[アドレス] ボックスに「メール」と入力します。

    注:  [メール] アイコンは、Outlook を起動した後に表示されます。

    [メール設定] ダイアログ ボックスのタイトル バーには、現在のプロファイル名が表示されます。 既存の別のプロファイルを選ぶには、[プロファイルの表示] をクリックしてプロファイル名を選び、[プロパティ] をクリックします。

  2. 古い学校メール プロファイルはまだそこにあるので、選択して [削除] をクリックします。

  3. [追加] をクリックします。

  4. プロファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  5. (O365 個人用など) プロファイル名を入力し、[OK] をクリックします。

  6. 名前を入力します。

  7. Office 365 Solo のメール アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。

  8. 求められたらパスワードを入力します。

  9. [完了]、[適用]、[OK] の順にクリックします。

  10. Outlook 2013 と Outlook 2016: 「.pst ファイルから Outlook アイテムをインポートする」セクション (「Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」を参照) の手順に従います。 「手順 3:学校のメールボックスをエクスポートする」で保存した .pst ファイルをインポートします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×