office 365 PowerShell を使用して Microsoft プランナライセンスを管理する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

この記事では、microsoft Office 365 PowerShell を使用して microsoft プランナーのライセンスを管理する方法について説明します。

手続き

Microsoft プランナライセンスの管理は、最初のリリースエクスペリエンスと一般向け可用性 (GA) の間で異なります。最初のリリースでは、Microsoft プランナはトップレベルの SKU であり、既定ではライセンスはユーザーに割り当てられません。一般的な可用性では、Microsoft プランナはメインの Office 365 サブスクリプションで利用可能なサービスであり、既定ではライセンスがユーザーに割り当てられます。次のセクションでは、最初のリリースと一般的な可用性のシナリオについて説明します。最初のリリースで、メインの Office 365 サブスクリプションの下に Microsoft プランナーが表示されている場合は、両方の方法を使用する必要があります。

先行リリース

Microsoft プランナは、新しいプランナー機能を使用するには、ユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。このため、office 365 組織に多くのユーザーがいる場合は、office 365 PowerShell を使用すると便利な場合があります。この記事では、office 365 PowerShell を使用して office 365 組織を管理するための前提条件について説明します。すべてのユーザーにライセンスを割り当てるためのオプションと、メタデータに基づいて選択したユーザーと、リストに基づいて選択したユーザーについて説明します。

この記事では、office 365 PowerShell を使って office 365 を管理していることを前提としています。office 365 powershell を使用していない場合は、「 office 365 powershell に接続する」で説明されているコマンドを実行するための前提条件があることを確認するには、次の Microsoft web サイトを参照してください。

次のコマンドの例では、すべてのユーザーにライセンスを割り当てる必要があることを前提としています。コマンドレットは、ps1 ファイルとして保存して実行できます。または、PowerShell 統合スクリプト環境 (ISE) からスクリプトを実行できます。これは1回限りの要件です。

Connect-MsolService

$licenseObj = Get-MsolAccountSku | Where-Object {$_.SkuPartNumber -eq "PLANNERSTANDALONE"}

$license = $licenseObj.AccountSkuId Get-MSOLUser | Set-MsolUserLicense -AddLicenses $license


ライセンス文字列は、<Contoso>:P lannerstandalone に似ています。この文字列では、<Contoso> プレースホルダーは、組織の名前を表します。

ユーザーレコードの他のメタデータに基づいて、ユーザーのサブセットにライセンスを割り当てる場合は、コードの最後の行に Where オブジェクトフィルターを追加します。たとえば、部門フィールドが設定されていて、部門名が "サポート" である場合にのみライセンスを割り当てる場合は、次のコマンドレットを使用できます。

Get-MSOLUser | Where-Object {$_.department -eq 'Support'} | Set-MsolUserLicense -AddLicenses $license


ユーザーのリストを含むファイルを作成し、そのリストから削除する場合、現在ライセンスが割り当てられていないユーザーの名前を入力します。次のコマンドレットを使用できます。

Connect-MsolService

$licenseObj = Get-MsolAccountSku | Where-Object {$_.SkuPartNumber -eq "PLANNERSTANDALONE"}

$license = $licenseObj.AccountSkuId

Get-MsolUser | Select-Object Displayname, UserPrincipalName | `

Export-CSV -Path d:\ExportedUsers.csv -NoTypeInformation

# Edit the file d:\ExportedUsers.csv and remove users who shouldn't be licensed before you run the following command

Import-Csv -Path d:\Exportedusers.csv | ForEach-Object `

{ Set-MsolUserLicense -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName -AddLicenses $license}

ユーザーからライセンスを削除する場合は、これらのいずれかのスクリプトで、-AddLicenses を -RemoveLicenses に置き換えます。

一般的な可用性 (GA)

microsoft プランナが GA の後、microsoft プランナのライセンスは、動揺、office Online、Skype などのサービスと共にメインの office 365 サブスクリプションの下に表示されます (サブスクリプションによって異なります)。ga リリースの準備をしているときに、最初にリリースしている場合は、既に ga の前に表示されることがあります。

既定では、すべてのユーザーに対して Microsoft プランナのライセンスが有効になります。必要に応じて、PowerShell を使用して無効にすることができます。詳細については、「 Office 365 PowerShell を使用したサービスへのアクセスを無効にする」を参照してください。注: スクリプトでは、Microsoft プランナのDisabledPlans値は PROJECTWORKMANAGEMENT です。

詳細情報

office 365 PowerShell を使用して office 365 でユーザーとライセンスを管理する方法の詳細については、次の Microsoft web サイトを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×