Office 365 Message Encryption の FAQ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365 で新しいメッセージの保護機能の動作について質問があるか。ここで回答を確認します。また、初級よく寄せられる質問 Azure 情報の保護のデータからの保護について、Azure Rights Management では、データの保護サービスについての質問に対する回答 Azure 情報の保護のします。

Office 365 メッセージ暗号化 (OME) とは何ですか。

OME では、電子メール暗号化および rights management 機能を結合します。著作権管理機能は、Azure 情報の保護が導入されています。

OME を使用することができますか。

次の条件を満たす OME の新機能を使用できます。

  • 場合 OME または IRM を設定して、Office 365 の Exchange Online のされていることはありません。

  • OME、IRM を設定した場合は、Azure 情報保護から Azure Rights Management サービスを使用している場合にこの手順を使用できます。

  • を使用している Exchange Online Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) の場合はこれらの新機能を今すぐ有効にすることはできません。代わりに、移行する必要、情報の保護を Azure AD RMS 最初します。移行が完了したら、OME を正常に設定できます。

    Azure Information Protection に移行するのではなく、引き続き AD RMS と Exchange Online を使用する場合、これらの新機能は使用できなくなります。

新しい OME 機能を使用する必要があるどのようなサブスクリプションですか。

OME の新機能を使用するには、次のプランのいずれかが必要な。

  • Office 365 のメッセージの暗号化が Office 365 E3 と E5、Microsoft E3 および E5、Office 365 の A1、A3、および A5 と Office 365 G3 および G5 の一部として提供されます。お客様は、Azure 情報保護による新しい保護機能を受信するその他のライセンスを必要はありません。

  • Azure 情報の保護を計画する 1 次が新しい Office 365 のメッセージの暗号化機能を受信するプランを追加することも: Exchange Online プラン 1、Exchange Online プラン 2、Office 365 F1、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premium、またはOffice 365 Enterprise E1 します。

  • 各ユーザーが Office 365 のメッセージの暗号化のメリットが、機能が重なって見えなくライセンスを取得する必要があります。

  • 完全な一覧については、Office 365 のメッセージの暗号化のExchange Online サービスの説明を参照してください。

使用できます Exchange Online で独自のキー (BYOK) を取り込む Azure 情報の保護のですか?

うん!OME をセットアップする前に、BYOK をセットアップする手順を実行することをお勧めします。

BYOK の詳細については、計画と Azure 情報保護テナント キーを実装するを参照してください。

操作 OME と Azure 情報保護を使用した BYOK 変更 Microsoft のアプローチ令状などのサードパーティのデータ要求しますか。

違います。OME とオプションを入力し、独自の暗号化キー、Azure 情報保護からBYOKと呼ばれるを操作するは、法律強制令状に応答するは設計されていません。OME、BYOK Azure 情報を保護するためには、お客様のコンプライアンスに重点を置いたに設計されています。Microsoft は、お客様のデータのサード パーティの要求を大きく非常に移動します。クラウド サービス プロバイダーとして、おがお客様のデータのプライバシーの読む常になりました。令状をという場合に常に情報を入手する顧客にサード パーティをリダイレクトするのにはしようとします。(ブラッド Smith のブログをお読みください:政府によるから顧客データを保護)。受信出席依頼の詳細な情報は定期的に発行します。サード パーティのデータ要求の詳細については、Microsoft のセキュリティ センターで行政機関向けおよび顧客データにアクセスする法律執行の要求に対応するを参照してください。また、"開示顧客内のデータの"オンライン サービス条項 (OST)を参照してください。

方法は、この機能に関連する従来の Office 365 メッセージ暗号化 (OME) および Information Rights Management (IRM) 機能ですか。

Office 365 のメッセージの暗号化の新機能は、従来の OME ソリューション、既存の IRM の発展します。次の表では、詳細情報が表示されます。

レガシ OME、IRM OME の新機能の比較

機能

OME の以前のバージョン

IRM

OME の新機能

暗号化されたメールを送信します。

Exchange のメール フロー ルールのみを介する

エンドユーザーの PC、Outlook for Mac、または、web 版 Outlook での Outlook から開始Exchange でのメール フロー ルールまたは

エンドユーザーの PC、Outlook for Mac、または、web 版 Outlook での Outlook から開始または、メール フロー ルールを使用

アクセス権管理

-

転送しない] オプションとカスタム テンプレートを操作します。

転送しない] オプション、暗号化専用のオプション、既定値、およびカスタム テンプレートを行う

サポートされている受信者の種類

外部の受信者のみ

内部の受信者のみ

内部と外部の受信者

受信者のエクスペリエンス

外部の受信者をダウンロードし、ブラウザーで開かれたまたはダウンロードした html 形式のメッセージを受信したモバイル アプリ。

内部の受信者は、PC の Outlook、Outlook for mac の場合、web 版 Outlook でのみ暗号化されたメールを受信します。

内部と外部の受信者は、ios、または同じ Office 365 の組織や、Office 365 にいるかどうかに関係なく web ポータルを通じて PC、Outlook for Mac、web 版 Outlook で、for Android の Outlook と Outlook でメールを受信します。組織。OME ポータルには、個別のダウンロードは不要です。

ユーザー独自のキーのサポートを取り込む

使用できません。

使用できません

サポートされている BYOK

組織用 OME の新機能をどのようにしたらよいですか。

Office 365 のメッセージの暗号化の新機能を設定するを参照してください。

OME の以前のバージョンを使用できないか。

現時点で使用できないがない、OME の以前のバージョンを引き続き使用することができます。ただし、強くお勧め新機能と改善 OME ソリューションを使用する組織。OME を展開していないお客様は、新しい OME の以前のバージョンの配置を設定できません。

自分の組織が Active Directory Rights Management を使用して、この機能を使用できますか。

違います。を使用している Exchange Online Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) の場合はこれらの新機能を今すぐ有効にすることはできません。代わりに、移行する必要、情報の保護を Azure AD RMS 最初します。

自分の組織では、Exchange ハイブリッド展開があります。この機能を使用することができますか。

オンプレミスのユーザーは、Exchange Online のメール フロー ルールを使用して暗号化されたメールを送信できます。これを行うためには、Exchange Online 経由でメールをルーティングする必要があります。

OME 暗号化されたメッセージを作成するために使用する必要があるメール クライアントですか。保護されたメッセージを送信するためにサポートされるアプリケーションですか。

Outlook 2016 と Outlook 2013 PC と Mac、および web 版 Outlook から保護されたメッセージを作成できます。

保護されたメールを読み、返信をどのようなメール クライアントがサポートされますか。

閲覧および、Office 365 ユーザーの場合は、(Android と iOS) PC と Mac (2013 および 2016)、web 版 Outlook で、Outlook モバイル用の Outlook から応答ことができます。組織で許可されている場合は、iOS ネイティブのメール クライアントを使用することもできます。Office 365 以外のユーザーの場合は、閲覧および web ブラウザーから web 上で暗号化されたメッセージに返信することができます。

どのようなファイルの種類は、保護されたメールの添付ファイルとしてサポートされますか。添付ファイルは保護されているメールに関連付けられている保護ポリシーを継承しますか。

保護ポリシーは、ファイル形式示された次のとおりにのみ適用されますが、あらゆる種類のファイルを保護、メールに添付できます。

Word、Excel、または PowerPoint ファイルなど、ファイル形式がサポートされている場合、ファイルが常に保護されている、受信者に添付ファイルのダウンロードが完了した後でもします。たとえば、転送不可で添付ファイルが保護されていると、元の受信者のダウンロードし、新しい受信者に添付ファイルを転送] の場合、新しい受信者ことはできません保護されたファイルを開きます。

PDF の添付ファイルがサポートされているか。

保護されたメッセージを PDF ファイルを添付する場合は、メッセージ自体は保護されているは、追加の保護は適用されません PDF ファイルには、受信者を受け取った後。つまり、名前を付けて保存、受信者は、転送、コピー、および PDF ファイルを印刷します。

サポートされているビジネスの添付ファイルを OneDrive とは

まだです。OneDrive for Business の添付ファイルはサポートされていないと、エンドユーザーがクラウド OneDrive for Business の添付ファイルを含むメールを暗号化することはできません。

できますは自動的にメッセージを暗号化するポリシーを設定してよいですか。

うん。ルールを使ってメール フロー Exchange オンラインを自動的にメッセージを暗号化する特定の条件に基づいてください。受信者に基づくポリシーを作成するたとえば、ID、受信者のドメインまたは本文やメッセージの件名のコンテンツにします。表示Office 365 でメール メッセージを暗号化するのには、メール フロー ルールを定義します

できますは自動的にメッセージを暗号化するでデータ損失防止 (DLP) のセキュリティとコンプライアンス センターを通じてのポリシーを設定してよいですか。

現在のみを設定できますメール フロー ルール Exchange Online します。暗号化は現在のセキュリティとコンプライアンス センターからの DLP でサポートされていません。

ブランド会社で暗号化されたメッセージをカスタマイズすることができますか。

うん!メール メッセージと OME ポータルをカスタマイズする方法については、次を参照してください。 組織のブランドを、暗号化されたメッセージに追加します。表示、組織のブランドを暗号化されたメッセージに追加します。

レポート機能や暗号化されたメールの情報はありますか。

ではなく今回は近日公開します。

メッセージの暗号化を使用して、電子情報開示などの法令遵守の機能を使用できますか。

うん。すべての暗号化されたメール メッセージは、Office 365 のコンプライアンス機能によって検出できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×