スキップしてメイン コンテンツへ
セキュリティ

ランサムウェアから保護する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
テキストを含むアート:管理センターが変更されていますので、https://aka.ms/aboutM365Preview を参照してください。

Microsoft 365は、潜在的に危険なJavaScript、バッチ、実行可能ファイルなどのファイルが、Outlookで開かれないようにすることで、ランサムウェアからあなたのビジネスを保護します。 他の種類のファイルをブロックまたは警告する規則を追加してこの保護のレベルをさらにアップさせるには、次の手順に従います。

  1. https://admin.microsoft.comの管理センターからAdmin centersExchangeを選択します 。

  2. 左側のメニューから、mail flowを選択します。

  3. [規則]タブで、プラス(+)記号の横にある矢印を選択し、[新しい規則を作成する]を選択します。

  4. 新しいルールページで、ルールの名前を入力し、一番下までスクロールして、[その他のオプション]を選択します

  5. [この規則を適用する場合]の下の、[任意の添付ファイル]を選択し、[拡張子にこれらの単語を含める]を選択します。

  6. [語句の指定]ボックスに、マクロを含めることができるファイル拡張子など、ルールを適用するファイル拡張子を入力します。 一度に1つずつ追加するには、プラス(+)記号を使用します。

    ランサムウェアから保護するを読んで、ファイルタイプの詳細について学んでください。

  7. 下にスクロールしてリストを確認し、[OK]をクリックします。

  8. 新しいルール ページで、[条件の追加]を選択してから、[次を実行します]で条件を選択します。

    選択できるルールの選択肢は多数ありますが、この例では、受信者にメッセージで通知することを選択してみます。

  9. 通知用のメッセージテキストを入力し、OKを選択します。

  10. 省略可能: 新しいルール ページで、[例外を追加]を選択し、信頼できる送信者からのメッセージなど、ルールに対する例外の詳細を入力します。

  11. 新しい規則ページで、[保存]を選択し、表示された規則の要約情報を確認します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×