Office 365 Advanced eDiscovery ユーティリティを使用する

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

Advanced eDiscovery に表示され、利用可能なユーティリティは、コンテキストやユーザー ロールによって異なります。

ケース ログ

ケース ログは、エラーや警告の追跡、トラブルシューティング、解決に使用できる、アプリケーション処理アクティビティの詳細な一覧を提供します。ログは、ホストやサーバーでローカルに生成および保存することも、メール アドレスに直接送信することもできます。

ログ ファイルは、クライアントのコンピューターにもダウンロードできます。クライアントのダウンロードのオプションは、構成やユーザー ロールに応じて、有効または無効になっている場合があります。

  1. メニュー バーで、歯車のアイコンをクリックします。

  2. [設定とユーティリティ] の [ユーティリティ] タブで、[ケース ログ] の [セットアップ] を選択します。

  3. 次のように [ログ レベル] を選択します。

    • [標準]: 基本的なログ データが含まれます。このオプションは、通常、監視用に必要であり、他の方法が推奨される場合を除き、使用する必要があります。

    • [最低限]: とても大きいケースについて使用され、最新のデータのみを返します。

  4. [ケース ログの実行] をクリックします。ログが生成され、パスが表示されます。最新のタスクの進捗状況の情報が、[タスクの状態] ウィンドウに表示されます。

データのクリア

ケース データの削除または再初期化が必要な場合は、データベース インスタンスを初期化する必要があります。データのクリア ユーティリティは、ケース データベース、テキスト ファイル、ケース フォルダー、累積された結果から、指定したすべてのエントリを削除します。この機能を実行できるのは管理者のみです。

重要: この操作を元に戻すことはできません。すべての関連度のタグ付けとエキスパートが行った分析が消去されます。必要な場合は、データのバックアップを保存します。このオプションは慎重に使用してください。タグ付けおよびランク付けされたファイルを削除すると、関連度の結果に影響を与える場合があります。

  1. メニュー バーで、歯車のアイコンをクリックします。

  2. [設定とユーティリティ] の [ユーティリティ] タブで、[データのクリア] の [セットアップ] を選択します。

  3. 初期化する情報のオプションを選択します。

    • [関連度]: ロードの定義やファイルとロードの関連付けなど、関連度に関するすべての作業内容を削除します。すべてのサンプルとタグ付けを削除します。

    • [準重複とメール スレッド]: 準重複とメール スレッドのすべての分析情報を削除します。

    • [テーマ]: テーマに関連するデータを削除します。

    • [エクスポート履歴]: エクスポート バッチの履歴情報を削除します。

  4. [データのクリア] をクリックします。ケースのデータがクリアされます。最新のタスクの進捗状況の情報が、[タスクの状態] ウィンドウに表示されます。

関連度の変更

このセクションでは、関連度のサンプルをスキップまたはロールバックする方法について説明します。

  1. メニュー バーで、歯車のアイコンをクリックします。

  2. [設定とユーティリティ] の [ユーティリティ] タブで、[関連度の変更] を選択します。

  3. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • [現在のサンプルをスキップ - 現在のユーザー]: これは、ユーティリティを実行しているユーザーの開いているケース サンプルで、タグ付けされていないすべてのファイルに、スキップというタグを付けます。スキップとタグ付けされているファイルに対して、関連度の処理は実行されません

    • [現在のサンプルをスキップ - 開いているすべてのサンプル]: これは、すべてのユーザーの開いているすべてのサンプルで、タグ付けされていないすべてのファイルに、スキップというタグを付けます。ユーザーが現在サンプルにタグ付けをしている場合、このオプションはお勧めできません。

    • [最後のサンプルをロールバック]: "集計" プロセスの前後に関係なく、最後に完了した関連度のトレーニング サンプルがロールバックされます。キャッチアップ サンプルをロールバックすることはできません。

  4. [実行] をクリックして実行します。

透明性分析

透明性分析ユーティリティでは、ファイルとファイルに割り当てられた関連度スコアの詳細を表示できます。このレポートは、健全性チェックとして使用することや、レビューアーによって定義されたファイルの関連度と Advanced eDiscovery によって割り当てられた関連度を比較するために使用することができます。

関連度スコアに加えて、Advanced eDiscovery は、キーワード コンテキストを考慮したキーワード ウェイトを計算して割り当てます。ファイル内の同じ単語でも、コンテキストと場所に応じて、別のウェイトが割り当てられる場合があります。各キーワードは、黄色から濃いオレンジ色までの色の鮮やかさと、さまざまな灰色の陰影のスケールを使用してマークされます。色の設定は、関連スコアに対する単語の相対的な正または負の寄与度を視覚的に示すために使用されます。

複数問題のケースのシナリオでは、各問題について透明性分析レポートを生成できます。

  1. メニュー バーで、歯車のアイコンをクリックします。

  2. [設定とユーティリティ] の [ユーティリティ] タブで、[透明性分析] の [セットアップ] を選択します。

  3. [ファイル ID] で、処理するファイルのファイル ID を入力します。

  4. [問題] の一覧で、関連する問題を選択します。

  5. [透明性分析] をクリックします。完了すると、ファイルの透明性分析レポートが表示されます。マークされたキーワードの色が全体的な関連度スコアとの相関関係を示します。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

ケースとテナントの設定の定義

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×