Office 365 高度な脅威保護するためのレポートを表示します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 Enterpriseグローバル管理者、セキュリティ管理者、またはセキュリティ リーダー場合は、 Office 365 の高度な脅威保護(分析ツール) セキュリティ/コンプライアンス センターでレポートを表示できます。(レポートに移動 >ダッシュ ボード)。

セキュリティ/コンプライアンス センターのダッシュボードは、Advanced Threat Protection が動作している場所を確認するのに有用です。

分析ツールのレポートには、新しいリアルタイム レポートは、脅威保護ステータス レポートは、分析ツール メッセージ廃棄レポート、および分析ツールのファイルの種類のレポートが含まれます。

注: Advanced Threat ProtectionはOffice 365 Enterprise E5で使用できます。組織が別のOffice 365 Enterpriseサブスクリプションを使用している場合は、アドオンとしてAdvanced Threat Protectionを購入することができます。(グローバル管理者の場合は、Office 365 管理センターで、選択課金>サブスクリプションを追加します)。詳細については、次を参照してください。 Office 365 プラットフォーム: Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター一般法人向け Office 365 のアドオンを購入するとします。

に加えて、分析ツールは、この記事で説明したレポート、メールのセキュリティのレポートを利用します。メールのセキュリティのレポートには、上の送信者と受信者のレポート、スプーフィング メール レポート、迷惑メールの検出レポート、およびが含まれます。[セキュリティとコンプライアンス センター電子メール セキュリティ レポートの表示を参照してください。

(新規) です。リアルタイムのレポート

セキュリティ/コンプライアンス センターのリアルタイムのレポートを利用します。リアルタイムのレポートには、メールのマルウェア レポートは、メッセージのユーザーから報告されたレポートは、メールのフィッシング レポート、およびマルウェアのレポートが含まれます。

重要: 新しい分析ツールのリアルタイム レポート ピボット テーブルに受信者の数をメッセージの時間がローカル タイム ゾーンで表示されます。これは、UTC に表示されるメール メッセージの数を集計する脅威保護ステータス レポートとは異なります。

メールのマルウェア レポート

メールのマルウェア レポートでは、マルウェアとして分類されて受信および送信メールを表示します。

メールのレポートのマルウェア マルウェアとして特定されたメールの受信および送信を示しています。

  1. Https://protection.office.comに移動し、職場または学校のアカウントでサインインします。セキュリティ/コンプライアンス センターに移動します。

  2. 脅威の管理に >エクスプ ローラーします。

  3. メールを選択する [表示] メニューで >マルウェアします。

    [表示] メニューを使用して、メールとコンテンツのレポートの選択

  4. 既定では、レポートには、過去 7 日間のデータが表示されます。

    メールのレポートのマルウェア過去 7 日間の既定のデータを表示します。

    これにより、操作をすばやく実行できます。ただし、日付の範囲を変更するのには、日付のフィルターを使用することができます。

  5. グラフの下にあるメールの一覧で、その他の情報を表示するアイテムを選択します。たとえば、詳細については、添付ファイル、同様のメール メッセージ、およびレポートに表示される各メッセージについて、高度な分析を表示できます。

    詳細については、概要、詳細については、各メッセージの高度な分析などを表示します。

メッセージのユーザーから報告されたレポート

メッセージのユーザーから報告されたレポートは、 [セキュリティとコンプライアンス センター電子メール セキュリティ レポートの 1 つです。このレポートは、メール メッセージを迷惑メールやマルウェア、ユーザーが適切なメールとして報告している迷惑メールとして報告するに関する情報 (迷惑メール) を示しています。

User-Reported メッセージ レポートでは、試行迷惑メール、迷惑メール] またはフィッシング詐欺とラベルが付いたメッセージのユーザーを表示します。

詳細については、メッセージのユーザーから報告されたレポートを参照してください。

メールのフィッシング詐欺のレポート

メールのフィッシング レポートでは、フィッシング攻撃として識別された電子メール メッセージの詳細については、組織内のユーザーに送信されたが表示されます。

メールのフィッシング レポートが検出されたフィッシング詐欺のメッセージに関する情報を表示します。

  1. Https://protection.office.comに移動し、職場または学校のアカウントでサインインします。セキュリティ/コンプライアンス センターに移動します。

  2. 脅威の管理に >エクスプ ローラーします。

  3. メールを選択する [表示] メニューで >フィッシングします。

    [表示] メニューを使用して、メールとコンテンツのレポートの選択

  4. 既定では、レポートには、過去 7 日間のデータが表示されます。

    これにより、操作をすばやく実行できます。ただし、日付の範囲を変更するのには、日付のフィルターを使用することができます。

  5. グラフの下にあるメールの一覧で、その他の情報を表示するアイテムを選択します。

ファイルのマルウェア レポート

ファイルのマルウェア レポートでは、SharePoint Online、OneDrive for Business、または Microsoft チームでマルウェアとして識別されたファイルを表示します。

ファイルのレポートのマルウェアには、SharePoint Online、OneDrive、または Microsoft チームでマルウェアとして識別されたファイルのリストを表示できます。

  1. Https://protection.office.comに移動し、職場または学校のアカウントでサインインします。セキュリティ/コンプライアンス センターに移動します。

  2. 脅威の管理に >エクスプ ローラーします。

  3. コンテンツを選択する [表示] メニューで >マルウェアします。

    [表示] メニューを使用して、メールとコンテンツのレポートの選択

  4. 既定では、レポートには、過去 7 日間のデータが表示されます。

    既定では、ファイルのレポートのマルウェア過去 7 日間のデータが表示されます。

    これにより、操作をすばやく実行できます。ただし、日付の範囲を変更するのには、日付のフィルターを使用することができます。

  5. グラフ] の下の一覧で、ドキュメントの詳細を表示するアイテムを選択します。たとえば、日付、ファイル名、場所、悪意のあるファイルが検出された方法、ファイルが検出されたライブラリ (SharePoint Online、OneDrive for Business、または Microsoft チーム) と、ファイル サイズを表示できます。

脅威保護進捗レポート

脅威保護ステータス レポートは、1 つのビューが検出され、Exchange Online とAdvanced Threat Protectionによってブロックの悪意のある内容に関する情報をまとめて表示します。

脅威保護ステータス レポートセキュリティ/コンプライアンス センターでは、表示するのには、レポートに移動 >ダッシュ ボード>脅威保護の状態

このレポートを使用して、どのようなマルウェア、悪意のあるリンク、および悪意のある添付ファイルが分析ツールが見つかりませんでした。

1 日の詳細な状態を取得するには、グラフをポイントします。レポートには、悪意のあるコンテンツ (ファイルまたは Url) マルウェア対策エンジン、 0 時の自動削除 (ZAP)、および分析ツールの安全なリンク分析ツールも安全ななどのAdvanced Threat Protection機能によってブロックに固有のメール メッセージの集約された個数を数える添付ファイルします。

グラフの下にある、件名行の各項目の検出方法を含む、検出の詳細な一覧表示されます。アイテムのファイル名は、アイテムが、送信や受信したかどうかや検出されて方法など、その他の詳細を表示するアイテムを選択します。

追加の詳細を表示する保護の状態レポートでアイテムを選択します。

マルウェアが検出分析ツール安全な添付ファイルに対して、[詳細] ページには、詳細については、選択したアイテムの観測動作や分析の詳細を表示するのには、高度な分析を選択します。

[詳細] ページで、[高度な分析の詳細については、選択したアイテムを表示] を選びます。

分析ツールのファイルの種類のレポート

分析ツールのファイルの種類のレポートでは、悪意のある名前を付けて分析ツールの安全な添付ファイルで検出されたファイルの種類を示します。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>分析ツールのファイルの種類

分析ツールのファイルの種類のレポートを使用して、悪意のある Url とファイルの数が見つかりませんでした。

特定の日の上にマウスをポイントすると、分析ツールの安全な添付ファイルで検出された悪意のあるファイルの種類の詳細を表示できます。レポートのより詳細なビューを表示、新しいブラウザー ウィンドウで開く分析ツールのファイルの種類のレポートを] をクリックして (またはタップ) します。

悪意のある数の Url と検出されたファイルを表示する日をマウスでポイント、分析ツールのファイルの種類のレポート

グラフの下にある受信者のメール アドレス、送信者のメール アドレスでは、ファイル名など、検出された悪意のある電子メール メッセージの詳細が表示されます。悪意のある URL またはファイルの操作を行ったなど、そのアイテムに関するその他の詳細を表示するのには、リストのアイテムを選択します。

分析ツール メッセージ廃棄レポート

分析ツール メッセージ廃棄レポートでは、悪意のあるファイルが検出された電子メール メッセージの作成されたアクションを示します。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>分析ツール メッセージ廃棄します。

分析ツール メッセージ廃棄レポートを使用してされたマルウェア検出後にメール メッセージの処理方法を参照してください。

レポートのより詳細なビューを表示、新しいブラウザー ウィンドウで開くレポートをクリックして (またはタップ) します。

[セキュリティとコンプライアンス センター] ダッシュ ボード、さらに詳しくレポートを表示する分析ツール メッセージ廃棄を選択します。

グラフの下にある、検出された電子メール メッセージと、ポリシーを組織用に定義されている設定に応じて、どのようなアクションを実行したの一覧が表示されます。

場合、レポート データが表示されませんか。

レポートでデータを表示されない場合、ポリシーが正しく設定されているを確認してください。組織は、場所にするには、分析ツールの安全なリンク ポリシーと分析ツールを保護するための順序で定義されている分析ツールの安全な添付ファイルのポリシーが必要です。Office 365 のスパムおよびマルウェア対策保護も参照してください。

関連トピック

Office 365 Enterprise でメールのセキュリティのレポートを表示する
Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターの概要
Office 365 の脅威インテリジェンスの概要

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×