Office 365 試用版をインストールした後で Office ファイルを開くと、既定のアプリケーションとして Office 2016 が自動的に設定されます。

最終更新日: 2017 年 10 月 13 日

問題

Office 365 試用版を使用している場合、Office ファイルを開くたびに、Windows のすべてのバージョンで Word、Excel、または PowerPoint の既定のアプリケーションとして、最新バージョンのアプリケーションが自動的に設定されます。たとえば、Excel 2013 がインストールされている状態で、Office 365 試用版も実行している場合、ブックは Excel 2016 で開きます。

状態: 回避策

最新の機能が必要な場合は、Office 365 の使用をお勧めします。ただし、試用版をアンインストールすれば、インストールされているバージョンの Excel でファイルを開くことができます。

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Excel のニュース、更新、ベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Microsoft 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、その他の Excel ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Office フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご提案やフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

UserVoice for Office

関連項目

最近の Office の問題に関する修正プログラムと解決策

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×