Office 365 脅威インテリジェンスと Windows Defender の脅威保護高度な統合します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

セキュリティ チームで、組織の場合で Windows Defender 高度な脅威保護 (分析ツール) Office 365 を統合できます。Office 365 での脅威を調査するときに、ユーザーのコンピューターがリスクされているかどうかをすばやく確認できます。たとえば、統合を有効にするは、多くの最近使用した通知Windows Defender ATPにこれらのコンピューターがある方法も、検出されたメール メッセージの受信者で使用されているコンピューターの一覧を表示することができます。

次の図は、 Windows Defender ATP統合を有効になっている場合に表示されますが、[デバイス] タブを示しています。

Windows Defender ATP を有効にすると、アラートと共にマシンの一覧を表示できます。

この例では、メール メッセージの受信者が 4 つのマシンを所有し、その 1 つに Windows Defender ATP のアラートが 1 つあることを確認できます。マシンへのリンクをクリックすると、新しいタブに Windows Defender ATP のマシン ページが表示されます。

要件

  • 組織には、 Office 365 Threat IntelligenceとWindows Defender ATPが必要です。

  • Office 365 グローバル管理者であるか、[セキュリティとコンプライアンス センターに割り当てられているセキュリティ管理者の役割が必要です。( Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターにアクセス許可を参照してください)

  • 両方のOffice 365 Threat IntelligenceおよびWindows Defender ATPポータルへのアクセスが必要です。

Windows Defender 分析ツールと Office 365 の脅威インテリジェンスを統合するには

Office 365 の脅威インテリジェンス Windows Defender 分析ツールとの統合を設定している Office 365 と Windows Defender 分析ツール ポータルの両方。

  1. Office 365 グローバルやセキュリティ管理者の場合は、 https://portal.office.comにアクセスし、Office 365 の職場または学校のアカウントでサインインします。

  2. 脅威の管理] を選びます >脅威エクスプ ローラーします。

  3. [詳細] メニューの [WDATP の設定] を選びます。

  4. [Windows ATP に接続] を選択します。

Office 365の設定を変更した後、 Windows Defender ATPからの接続を有効にする必要があります。そのため、 Windows Defender 高度な脅威保護ポータルを使用するを参照してください。

関連トピック

Office 365 脅威インテリジェンス
Office 365 の高度な脅威保護

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×