Office 365 管理センターでの Office 365 のアドインの展開を管理します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office アドインは、ドキュメントをカスタマイズしたり、Web 上の情報にアクセスする方法を効率化したりする際に役立ちます (「Office アドインの使用を開始する」を参照)。Office 365 管理者は、組織のユーザーに Office アドインを展開できます。この操作を行うには、Office 365 管理センターの一元展開機能を使用します。

推奨されると、アドインを組織のユーザーとグループに展開するほとんどの管理者向けのほとんどの豊富な機能方法は、一元的な展開します。組織が一元管理型の展開をサポートできるかどうかを判断する方法の詳細については、 Office 365 の組織の場合は、アドインの一元管理型の展開を確認するを参照してください。

一元展開には、次のような利点があります。

  • 管理者は、アドインをユーザーに直接割り当てたり、グループ経由で複数のユーザーに割り当てたり、テナントのユーザー全員に割り当てたりすることができます。

  • 関連する Office アプリケーションを起動すると、ユーザーのアドインが自動的にダウンロードされます。アドインがアドイン コマンドをサポートしている場合、アドインは、Office アプリケーション内のリボンに自動的に表示されます。

  • 管理者がアドインをオフまたは削除した場合や、ユーザーが Azure Active Directory またはアドインが割り当てられているグループから削除された場合は、そのユーザーのアドインは表示されなくなります。

注: 

  • Word、Excel、PowerPoint を使用してSharePoint アプリ カタログをアドインを展開するにはOffice 365または SharePoint のアドインのために必要なサポートへの接続はせずに、オンプレミス環境でのユーザーにします。

  • Outlook の場合、Exchange コントロール パネルを使用すると、Office 365 に接続することなく、オンプレミス環境に展開できます。

Office アドインを展開する際に推奨される方法

アドインがスムーズに展開されるように、段階的なアプローチで、アドインをロールアウトすることをご検討ください。Microsoft では、次の方法をお勧めします。

  1. ビジネス内での利害関係者の小グループや IT 部門のメンバーを対象に、アドインをロールアウトします。展開が正常に行われたかどうかを評価して、正常に行われた場合は手順 2 に進みます。

  2. アドインを使用することになる組織内の個別ユーザーに対象を広げて、アドインをロールアウトします。ここでも結果を評価して、すべて順調な場合は、次の手順に進み、完全に展開します。

  3. 対象ユーザーにアドインを完全にロールアウトします。

ロールアウトの手順は、対象ユーザーの規模に応じて、追加または削除することもできます。

Office 365 管理センターを使用して Office アドインを展開する

開始する前に、「アドインの一元展開が Office 365 組織で動作するかどうかを判断する」を参照してください。

注:  

1 つのサインイン用のアドインのユーザーとグループに割り当てられているも共有されますのアドインで同じ Azure アプリ ID を共有します。[割り当てのユーザーに変更は、これらのアドインにも適用されます。このページで、関連するアドインが表示されます。

スコープの一覧

メモ:管理者のクリック数の保存、ことに同意したアドインに割り当てられているだけでなく、テナント内のすべてのユーザーに対して書き込まれます。

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  2. 左、上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 のアプリ起動ツールのアイコン をクリックし、[管理者を選択します。

    ヒント:  [管理者] は Office 365 管理者にのみ表示されます。

  3. [ナビゲーション] メニューで [設定] を選びます >サービスとアドインを使用します。

  4. 新しい Office 365 管理センターを通知するメッセージがページ上部に表示される場合は、そのメッセージをクリックして、管理センターのプレビューに移動します (「Office 365 管理センターについて」を参照)。

  5. ページ上部の [アドインのアップロード] を選択します。

  6. [一元展開] ページで、次のオプションの中から 1 つ選択します。

    • Office ストアからアドインを追加します

    • このデバイスにマニフェスト ファイル (.xml) があります: このオプションでは、[参照] を選択して、使用するマニフェスト ファイル (.xml) を指定します。

    • マニフェスト ファイルの URL がわかります: このオプションでは、所定のフィールドに URL を入力します。

    一元展開で [新規アドイン] ダイアログを示すスクリーンショット。オプションは、Office ストアからアドインの追加、マニフェスト ファイルの閲覧、マニフェスト ファイルの URL の入力を行うために利用できます。
  7. [次へ] を選択します。

  8. Office ストアからアドインを追加するオプションを選択した場合、[アドインの選択] を使用して、アドインを選択できるようになりました。[あなたへのおすすめ]、[評価]、[名前] のカテゴリから、利用可能なアドインを表示することができます。無料のアドインのみを Office ストアから追加できます。現在、有料アドインはサポートされていません。

    注: Office ストアのオプションを使用すると、ユーザーはアドインの更新と機能強化を自動的に取得できます。管理者が行う操作はありません。

    Office ストアで [アドインの選択] ダイアログを示すスクリーンショット。利用可能なアドインを示すドロップダウン コントロールに、[あなたへのおすすめ]、[評価]、[名前] のカテゴリが表示されています。
  9. これでアドインが有効になりました。次のスクリーンショットで示されている Power BI タイルのアドインと同様に、アドインのページで、状態が [オン] になっています。[アクセス許可があるユーザー] で、[編集] を選択して、アドインの展開を行うユーザーを指定します。

    注: 既定では、管理者がユーザーまたはグループを指定しない限り、アドインを展開できるユーザーはいません。

    ヒント: アドインに適用されるその他の状態については、このトピックの後半の「アドインの状態」を参照してください。

    Power BI タイルのアドインで、一元展開のページを示すスクリーンショット。[アクセスできるユーザー] というラベルが付けられたフィールドで、値が [現在割り当てなし] で、カールソールが [編集] をポイントしています。
  10. アクセス権を持つの編集] ページで、[すべてのユーザーまたは特定のユーザー/グループのいずれかを選択します。ユーザーまたはグループへの追加を展開するユーザーを検索するのにには、[検索] ボックスを使用します。

    Power BI タイルのアドインで、[アクセスできるユーザーの編集] ページを示すスクリーンショット。選択するオプションは、[すべてのユーザー] または [特定のユーザー/グループ] です。ユーザーまたはグループを指定するには、[検索] ボックスを使用します。
  11. 1 つのサインイン用のアドインののみ:
    このページは、アドインが機能するために必要なグラフの範囲の一覧に表示されます。

  12. 完了したら、[保存] を選択し、アドインの設定を確認して、[閉じる] を選択します。

    Office 365 の他のアプリと共にアドインが表示されるようになります。

    Office 365 管理センターで展開されたアドイン

ユーザーと利用可能なことがわかるように、アドインを展開してグループを通知することをお勧めします。アドインを使用するタイミングと方法を説明しする方法について説明アドインの向上作業には、電子メールを送信することを検討してください。対象として含めるか、関連するヘルプ コンテンツまたはユーザーがアドインで問題がある場合に役立つ Faq へのリンクです。

管理者は、すべてのユーザー、または特定のユーザーやグループにアドインを割り当てることができます。各オプションには、次のような意味があります。

  • すべてのユーザー: 名前が示すように、このオプションでは、テナント内のすべてのユーザーにアドインが割り当てられます。対象のアドインが組織全体で汎用な場合にのみ、このオプションを慎重に使用します。

  • ユーザー: 管理者が個別ユーザーにアドインを割り当て、新しいユーザーにそのアドインを展開する場合、最初に新しいユーザーを追加する必要があります。ユーザーを削除する場合も同じです。

  • グループ: グループにアドインを割り当てる場合、グループに追加されたユーザーには、自動的にアドインが割り当てられます。また、ユーザーがグループから削除されると、そのユーザーはアドインへのアクセス権を失います。どちらの場合でも、管理者には追加の操作は必要ありません。

組織の適切なオプションは、構成によって異なります。ただし、グループからの割り当てをお勧めします。管理者は、立つ、アドインが発生するたびに割り当てられているユーザーを変更するのではなく、グループ、およびコントロール、これらのグループのメンバーシップを使用して管理しやすくなります。その一方で、状況によっては、ごく少数のユーザーのアクセスを制限して、特定のユーザーに割り当てを行うためにすることがあります。したがって、手動で割り当てられているユーザーを管理する必要があります。

次の表では、アドインに適用される状態について説明します。

状態

状態が発生する原因

影響

アクティブ

管理者は、アドインをアップロードし、ユーザーまたはグループに割り当てられています。

アドインを割り当てられたユーザーやグループは、関連するクライアントでアドインを表示します。

オフ

管理者がアドインをオフにしました。

アドインを割り当てられたユーザーやグループは、そのアドインにアクセスできません。

アドインの状態が [アクティブ] に変更されると、ユーザーやグループはもう一度アクセスできるようになります。

削除済み

管理者がアドインを削除しました。

アドインを割り当てられたユーザーやグループは、そのアドインにアクセスできません。

かどうかを実際に使ってがない場合、アドインを削除することを検討してください。アドインをオフにするとを行う場合は、アドインは、その年の特定の時間にのみで使用されます。

Office アドインに結合されている XML マニフェスト ファイルは、アドインに関する一部のメタデータを含んでいますが、最も重要なのは、すべてのコードとロジックを含む Web アプリケーションを参照していることです。アドインにはさまざまな機能があります。たとえば、アドインでは次のことができます。

  • データを表示する。

  • ユーザーのドキュメントを読み取ってコンテキスト サービスを提供する。

  • ユーザーのドキュメントのデータを読み書きして、そのユーザーに価値を提供する。

Office アドインの種類と機能の詳細については、「Office アドイン プラットフォームの概要」をご覧ください (特に「Office アドインの構造」セクション)。

ユーザーのドキュメントを操作するため、アドインはマニフェストで必要なアクセス許可を宣言する必要があります。5 レベルの JavaScript API アクセス許可モデルが、タスク ウィンドウ アドインのユーザーにプライバシーとセキュリティの基礎を提供します。Office ストア 内のアドインの多くは ReadWriteDocument レベルで、ほとんどすべてのアドインは少なくとも ReadDocument レベルをサポートします。アクセス許可レベルの詳細については、「コンテンツとタスク ウィンドウ アドインでの API 使用のアクセス許可の要求」をご覧ください。

マニフェストを更新するとき、一般的に変更されるのはアドインのアイコンとテキストです。場合によっては、アドイン コマンドが変更されます。ただし、アドインのアクセス許可は変更されません。アドインのすべてのコードとロジックが実行される Web アプリケーションは、Web アプリケーションの性質上、いつでも変更される可能性があります。

アドインの更新は次のように発生します。

  • 基幹業務アドイン:この場合は、管理者が明示的にマニフェストをアップロードすると、アドインは管理者がメタデータの変更をサポートする新しいマニフェスト ファイルをアップロードすることを要求します。次に関連する Office アプリケーションが起動すると、アドインが更新されます。Web アプリケーションはいつでも変更できます。

  • Office ストア アドイン: 管理者が Office ストア からアドインを選択した場合、アドインが Office ストア で更新されると、そのアドインは後で一元展開で更新されます。次に関連する Office アプリケーションが起動すると、アドインが更新されます。Web アプリケーションはいつでも変更できます。

組織の新しい Office アドイン: Office ストアからダウンロードすることもできます。これは、組織内のユーザーにのみ組織承認済みのアドインが配置されていることを確認する一元管理型の展開と組み合わせてで使用できます。

取得アドインを無効にします。

  1. Office 365 管理センターに移動します。

  2. [設定] をクリックして >サービスとアドインを使用します。

  3. [ Office ストア] をクリックします。

  4. 位置では、Office ストアに移動して、組織のユーザーの横にあるトグルをクリックします。

これは、ため、すべてのユーザーは、次のアドイン ストアから取得できなくなります。

  • アドインの Word、Excel、および PowerPoint 2016 から:

    • Windows

    • Mac

    • Office Online

    • iOS

  • 買収AppSource内に開始

  • Office 365 内のアドイン

ストアにアクセスしようとするユーザーは、次のメッセージを参照してください: Office ストアのアドインの個々 の購入を防ぐために構成されたありませんが、Office 365

Office ストアの非表示のサポートは、次のバージョンで利用できます。

  • Windows: 16.0.9001 – 月間経由で現在サポートされています。半年を 1 年 2018年 7 月リリースで利用できます。

  • Mac: 16.10.18011401-現在サポートされています。

  • iOS: 2.9.18010804-現在サポートされています。

  • Office Online-現在サポートされています。

これはできない管理者一元管理型の展開を使用して、Office ストアからアドインを割り当てます。

いずれかのしたユーザーの [ダウンロードしたアドイン職場または学校のアカウントまたは、ユーザーの Microsoft アカウントで取得した影響はありませんし、[アドインは、それらのユーザーの作業を続けられますがします。

ユーザーが Microsoft アカウントでサインインされないようにするためには、組織のアカウントのみを使用してログオンを制限できます。詳細については、次のとおりです。

注: Outlook のアドインをインストールする別のプロセスが管理します。

未成年、ストアからアドインを取得します。

一般的なデータ保護規制 (GDPR) が有効になる欧州連合規制 2018 月 25日します。ユーザー権限と、データの保護が提供されます。GDPR の側面の 1 つは、未成年がその親または保護者の承認が変わっていないの関係者に送信された、個人データを持つことはできません。特定の経過時間をマイナーとして定義は、個々 の値が含まれている地域によって異なります。

法的規制ことに同意した保護者による制限のある領域には、米国、韓国、イギリス、欧州連合などがあります。それらの領域の [ストアから新しい Office アドインを取得して、以前に取得したアドインを実行してから、マイナー (Azure Active Directory) 経由でブロックされます。法的規制のない国、されませんダウンロードを制限します。

Azure Active Directory で指定されたデータに基づくマイナーするユーザーが決定されます。テナント管理者ができる法定年齢グループとそのユーザーの保護者の同意を宣言する必要があります。

親または保護者同意の上に特定のアドインを使用してマイナー場合、テナント管理者はことに同意したを持つすべての未成年にそのアドインを展開する一元的な展開を使用できます。

GDPR 未成年 Office のビルドを次のいずれかを確認する必要の対応するには、学校/組織内で配置されます。

Word、Excel、PowerPoint、およびプロジェクトの:

プラットフォーム

番号を作成します。

Windows 版 office 2016 の ProPlus 毎月

9001.2138

Office 2016 ProPlus 半年

8431.2159

Windows 版 Office 2016

16.0.4672.1000

Windows 版の office 2013

15.0.5023.1000

Office 2016 for Mac

16.11.18020200

IOS での office 2016

2.12.18032600

Office Online

該当なし

Outlook:

プラットフォーム

番号を作成します。

Outlook 2016 for Windows (MSI)

ビルド TBD

Outlook 2016 for Windows (C2R)

16.0.9323.1000

Office 2016 for Mac

16.0.9318.1000

Ios モバイル outlook

2.75.0

Android モバイル outlook

2.2.145

Outlook オンライン

該当なし

Office 2013 の要件

Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) が有効になっている場合、Word、Excel、および windows 版 PowerPoint 2013 に同じマイナー チェックをサポートします。コンプライアンスのため、次の 2 つのオプションがある次に説明するようにします。

アドインを使用したエンド ユーザーの操作環境

アドインの展開が完了すると、エンド ユーザーは Office アプリケーションでアドインを使い始めることができます (「Office アドインの使用を開始する」を参照)。アドインは、アドインをサポートしているすべてのプラットフォームで表示されます。

アドインがアドイン コマンドをサポートする場合、そのコマンドは Office のリボンに表示されます。次の例では、[引用の検索] コマンドが [引用] アドインで表示されています。

[引用] アドインで [引用の検索] コマンドが強調表示されている Office リボンの一部を示すスクリーンショット。

展開したアドインのアドインのコマンドがサポートされていない場合、またはすべて展開済みのアドインを表示する場合は、個人用アドインを使用して表示します。

Word 2016、Excel 2016、または PowerPoint 2016

  1. [挿入]、[個人用アドイン] の順に選択します。

  2. Office アドイン ウィンドウの [管理による管理者] タブを選択します。

  3. 前に展開したアドインをダブルクリックします (この例では [引用文献])。

    Office アプリケーションで、Office アドイン ページの [管理する管理者] タブを示すスクリーンショット。[引用] アドインがタブに表示されています。

Outlook

  1. [ホーム] リボンで、[ストア] を選択します。

    Outlook の [格納] ボタン
  2. 左側のナビゲーションで、[個人用アドイン] を選択します。

  3. 状態が [管理者によってインストール] に設定されているアドインを探します。

    管理者によって Outlook ストアにインストールされたアドイン。

詳細情報

Office アドインの作成と構築の詳細情報を表示します。

一元展開 PowerShell コマンドレットを使用してアドインを管理する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×