Office 365 分析ツールの安全なリンクのポリシーを設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

分析ツールの安全なリンクOffice 365 の高度な脅威保護(分析ツール)] の機能はフィッシング詐欺やその他の攻撃で使用される悪意のあるリンクから、組織を保護します。[Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター権限が割り当てられている必要がある場合、web アドレス (Url) をクリックすると、したときに、組織が保護されていることを確認するために分析ツールの安全なリンクのポリシーを設定できます。メールの Url とOfficeドキュメントの Url をスキャンする分析ツールの安全なリンク ポリシーを構成できます。

新機能は、分析ツールの安全なリンクに継続的に追加されています。

  • 遅延中の年 2017年 10 月でWord、 Excel、 PowerPoint Windows、iOS、Android デバイスで windows VisioファイルなどのOffice 365 ProPlusドキュメントの Url と同様にメールで、Url に適用する分析ツールの安全なリンクの保護が拡張されます。

  • 年 2018年 3 月で以降では、組織内のユーザーの間で送信されたメールを適用する分析ツールの安全なリンクの保護が拡張されます。

  • 遅延中の年 2018年 3 月で以降では、(Word Online、Excel Online、PowerPoint Online、および OneNote Online) Office Online および Office 365 ProPlus Mac os の Url に適用する分析ツールの安全なリンクの保護が拡張されます。

  • 月 2018年で以降では、[新しい配色パターン、詳細については、特定の推奨事項があっても、サイトを引き続き機能と警告のページが更新されます。

注: 

  • 分析ツールの安全なリンク機能では、サブスクリプションの場合、Office 365 Enterprise E5 と Office 365 Education A5 など、2018 年 4 月 30日におけるもMicrosoft 365 Businessに含まれている Office 365 分析ツールで利用できるのみです。組織の Office 365 の分析ツールが含まれていない、Office 365 サブスクリプションの場合のアドオンとして可能性のある分析ツールを購入できます。詳細については、 Office 365 高度な脅威保護サービスの説明を参照してください。

  • 組織がOffice 365 ProPlusの最新バージョンを使用して分析ツールの安全なリンクの拡張機能を利用することを確認します。

すべきこと:

  1. 前提条件を確認する

  2. 校閲、既定のポリシーを編集して信頼できるリンクを分析ツールのカスタム受信拒否 Url リストの設定を含む

  3. 特定の電子メールの受信者に対するポリシーを追加信頼できるリンクを分析ツールのカスタム「改訂できません」Url リストの設定を含む

  4. ポリシー オプションについて理解する (最近の変更など)

前提条件を確認する

すべてのユーザーに適用する分析ツールの安全なリンク ポリシーを定義します。

Advanced Threat ProtectionOffice 365 Enterpriseである場合は、組織内のすべてのユーザーに適用される、分析ツールの安全なリンク ポリシーを定義するがあります。セキュリティ/コンプライアンス センターまたはExchange 管理センターのいずれかで、ポリシーを編集することができます。セキュリティとコンプライアンス センターを使用して、表示または編集する分析ツールのポリシーのいずれかをお勧めします。

  1. https://protection.office.com に移動し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. [脅威の管理] で、左のナビゲーションで選択ポリシー > 安全なリンク

  3. [組織全体に適用されるポリシー] セクションで、[既定]、[編集] (編集ボタンは鉛筆に似ています) の順に選びます。

    [編集] をクリックして安全なリンクの保護に関する既定のポリシーを編集する
  4. 次の Url をブロックする] セクションのページから、組織のユーザーを保護する 1 つまたは複数の Url を指定します。(安全なリンクを分析ツールを使用してカスタム ブロックされている Url リストを設定するを参照してください)。

  5. [メールを除くコンテンツに適用される設定] セクションで、使用するオプションをオン (またはオフ) にします (すべてのオプションをオンにすることをお勧めします)。

  6. [保存] をクリックします。

特定の電子メールの受信者のポリシーを追加します。

すべてのユーザーのポリシーを定義した後、メールの宛先の特定のグループ ポリシーを追加する検討してください。これにより、例外、既定のポリシーを指定することができます。(推奨) セキュリティ/コンプライアンス センターまたはExchange 管理センターのいずれかを使用しているポリシーを追加することができます。セキュリティとコンプライアンス センターを使用して、表示または編集する分析ツールのポリシーのいずれかをお勧めします。

  1. https://protection.office.com に移動し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. 左側のナビゲーションの [脅威の管理] で [ポリシー] を選びます。

  3. 信頼できるリンクを選択します。

  4. [特定の受信者に適用されるポリシー] セクションで、[新規] (新規ボタンはプラス記号 (+) に似ています) を選びます。

    [新規] を選び、特定のメールの受信者に安全なリンクに関するポリシーを追加する
  5. ポリシーの名前、説明、設定を指定します。

    例:分析ツールの安全なリンク保護せずに特定の web サイトを順にクリックして、組織内の特定のグループにユーザーを許可しない「を直接クリックなし」と呼ばれるポリシーを設定するには、ことがあります指定した、次の推奨設定。

    • [名前] ボックスに、「直接クリック スルーの禁止」と入力します。

    • [説明] ボックスのように、分析ツールの信頼できるリンクを確認せずに web サイトへ] をクリックしてから、特定のグループ内のユーザーのことを禁止説明を入力します。

    • [アクション] を選択] セクションクリックします。

    • ダウンロード可能なコンテンツをスキャンする安全な添付ファイルを使用する] を選びます。

    • このオプションを利用できる場合は、組織内で送信されたメッセージへの安全のリンクを適用するを選択します。

    • 元の URL を順にクリックしてユーザーを許可しない] を選びます。

    • (省略可能です)次の Url の書き換え操作] セクションで、組織の安全であると見なされる 1 つまたは複数の Url を指定します。(安全なリンクを分析ツールを使用してカスタム「改訂できません」Url リストを設定するを参照してください)

    • [適用先] セクションで、[受信者が次のメンバーである] を選択し、ポリシーに含めるグループを選択します。[追加] を選んでから、[OK] を選びます。

  6. [保存] をクリックします。

分析ツールの安全なリンク ポリシーのオプションについて説明します

セットアップする分析ツールの安全なリンクのポリシーを編集するかには、利用可能ないくつかのオプションが表示されます。場合に、これらのオプションとは何か、次の表は、各レコードと、その効果を説明します。ポリシーを定義または編集するには、主に 2 種類があることに注意してください: すべてのユーザーに適用される既定のポリシーと特定の受信者に対して定義されているポリシーを追加します。

このポリシーの

オプション

機能

既定値 (定義されると、既定のポリシーに適用、組織内のすべてのユーザー)

次の URL をブロック

組織が自動的にブロックされる Url のユーザー設定リストを有効にします。ユーザーは、この一覧に URL をクリックするときに、URL がブロックされている理由を説明する警告] ページに移動します。

新しく追加されたサポートを 3 つまでワイルドカードのアスタリスク (*) などの詳細については、信頼できるリンクを分析ツールを使用してカスタム ブロックされている Url リストを設定するを参照してください。

既定

Office 365 ProPlus、Office for iOS、および Android

このオプションを選択したら、分析ツールの信頼できるリンクがドキュメントの Url に保護を適用 Office 365 ProPlus (Word、Excel、および PowerPoint では、Windows または Mac OS) で Office ドキュメントを開くには、Windows では、iOS、または Android デバイスのVisio 2016と Office Online (Word Online、PowerPoint Online、Excel Online、および OneNote Online)、ユーザーがサインアップしてOffice 365に用意されています。

ヒント: Windows 版の Office 2016のみが表示された場合、[機能の更新、Office 365 環境まだ (おらず準備中)。それまでは、 Word 2016、 Excel 2016、 PowerPoint 2016またはVisio 2016の Windows を実行する分析ツールの安全なリンクの保護が適用されます。

既定

ユーザーが分析ツールの信頼できるリンクをクリックしたときに記録しません。

このオプションを選択したら、 Word、 Excel、 PowerPoint、 Visioのドキュメントの Url が保存されていないために、データをクリックします。

既定

元の URL を信頼できるリンクを分析ツールの順にクリックしてユーザーを許可しません。

このオプションを選択すると、ユーザーは、悪意のあると判断された URL に過去の警告] ページを続行できません。

特定の電子メールの受信者用に作成されたポリシー

オフ

電子メール メッセージ内の Url をスキャンしません。

使用すると、受信者の特定のグループの電子メール メッセージ内の Url をスキャンしないルールなど、例外ルールを定義できます。

特定の電子メールの受信者用に作成されたポリシー

オン

ユーザーのメールに Url をクリックすると、分析ツールの安全なリンク保護によるルーティング ユーザーに Url をリライトします。

ブロックされているか、悪意のある Url の一覧をクリックしたときに URL を確認します。

特定の電子メールの受信者用に作成されたポリシー

安全な添付ファイルを使用して、ダウンロード可能なコンテンツをスキャンする

このオプションを選択したら、ダウンロード可能なコンテンツを示す Url をスキャンします。

特定の電子メールの受信者用に作成されたポリシー

組織内で送信されたメッセージに信頼できるリンクを適用します。

この機能はロールアウト年 2018年 3 月の先頭にします。

このオプションは、使用可能で選択されているが、分析ツールの安全なリンクの保護は、メールを Office 365 でホストされているメール アカウントが提供されている、組織内のユーザーの間で送信されたメッセージに適用されます。

特定の電子メールの受信者用に作成されたポリシー

ユーザーのクリックを追跡しない

このオプションを選択すると、外部の送信者からのメールで Url が保存されていないために、データをクリックします。

URL をクリックして、組織内で送信されたメール メッセージ内のリンクを追跡は現在サポートされていません。

特定の電子メールの受信者用に作成されたポリシー

元の URL へのクリック スルーをユーザーに許可しない

このオプションを選択すると、ユーザーは、悪意のあると判断された URL に過去の警告] ページを続行できません。

特定の電子メールの受信者用に作成されたポリシー

次の URL を書き換えない

URL をそのままにします。組織内のメール受信者の特定のグループに対し、スキャンを必要としない安全な URL のカスタム リストを保持します。

などのワイルドカードのアスタリスク (*) をサポートする最近加えられた変更の詳細については、信頼できるリンクを分析ツールを使用してカスタム「改訂できません」Url リストを設定するを参照してください。

関連トピック

Office 365 の高度な脅威保護
Office 365 で分析ツールの安全なリンク
安全な添付ファイルを Office 365 で分析ツール
分析ツールの信頼できるリンクを使用してカスタム ブロックされている Url リストを設定する
、ユーザー設定の設定"しません。改訂"分析ツールの信頼できるリンクを使用して Url] ボックスの一覧
脅威保護の高度なレポートを表示します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×