Office 365 サブスクリプションを使って Android、iOS、または Windows モバイル デバイス向けの Office アプリでできること

発表内容: Microsoft は、Office モバイル アプリの編集機能を Office 365 Business Essentials、Office 365 Enterprise E1、Office 365 Education などに拡張しています。対象のサブスクリプションでは、ドキュメントを表示および編集したり、Office モバイル アプリを使用するときにその他の機能のロックを解除したりできるようになりました。ブログ投稿を読むまたはお知らせとよく寄せられる質問を読む

すべての Office 365 プランでは、iOS、Android、または Windows モバイル デバイス向けの Word、Excel、PowerPoint、OneNote アプリを使って、ドキュメントを表示できます。ただし、利用できる機能やファイルは、Office 365の対象プラン非対象プランのどちらを使用しているか、またはパッケージ版の Office を使用しているかにより異なります。

使用しているプランの Office アプリでできることを確認する

* 編集可能な画面サイズは最大 10.1 インチまでです。

対象プランの一部とすべての非対象プランでは、Office モバイル アプリで編集するための画面サイズの制限は、10.1 インチです。たとえば、12.9 インチの画面の iPad Pro を使用している場合は、ファイルを編集するためにデスクトップ アプリにアクセスできる対象の Office 365 プランが必要です。

ご利用のプランや Office のバージョンで利用可能な機能を確認するには、次を確認してください。ご利用のプランがわからない場合は、「取得している一般法人向け Office 365 製品またはライセンスの種類を調べる方法」を参照してください。

対象プラン

Office 365 Solo

Office 365 サービス

Office 365 Business Essentials *

Office 365 Business
Office 365 Business Premium
Office 365 ProPlus

Office 365 Education *
Office 365 Education E5
Office 365 A1 *
Office 365 A3
Office 365 A5

Office 365 ProPlus
Office 365 Enterprise E1 *
Office 365 Enterprise E3
Office 365 Enterprise E4
Office 365 Enterprise E5

Office 365 Nonprofit Business Premium
Office 365 Nonprofit Business Essentials *
Office 365 Nonprofit E1 *
Office 365 Nonprofit E3
Office 365 Nonprofit E5

Office 365 U.S.Government E1 *
Office 365 U.S.Government E3
Office 365 U.S.Government E4

Microsoft 365 A1 *
Microsoft 365 A3
Microsoft 365 A5

Microsoft 365 Business

Microsoft 365 F1 *

Microsoft 365 E3
Microsoft 365 E5

対象プランでは、次のことができます。   

非対象プラン *


Office Personal
Office Home & Business
Office Professional

ボリューム ライセンス版:
Office Professional Plus
Office Standard

追加:
Project Online Essentials

非対象プランでは、アプリの追加機能にアクセスすることはできませんが、次の操作を行うことができます。   

  • ファイルを作成/表示する

  • 基本編集の実行 (Business 以外のアカウントおよびファイル)

Japan Office 365 のプランを選択

Office 365 プランを比較する場合は、次のオプションから選んでください。

家庭向けプラン | 小規模企業向けプラン | 一般法人向けプラン | 教育機関向けプラン | 非営利団体向けプラン | 行政機関向けプラン

ページの先頭へ

詳細については、次の展開コントロールをクリックします。

Office アプリを使用するには、使用しているデバイスが、特定のモバイル デバイスのシステム要件を満たしていることをご確認ください。

使用しているデバイスを下のリンクから選び、Office 365 サブスクリプションに関連付けられたアカウントを使って Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint、OneNote) をインストールしてセットアップする方法をご確認ください。

次の解決策のいずれかを試して、問題の解決に役立ててください。

  • 正しい Microsoft アカウント、または職場または学校の Office 365 アカウントを使用していることを確認する
    Word、Excel、PowerPoint、OneNote にサインインする場合は、Office 365 サブスクリプションに関連付けられた Microsoft アカウント、または一般法人向け Office 365 で利用している職場または学校アカウントを使用します。

  • ユーザー名とパスワードが機能していることを確認する
    ブラウザーで Office 365 サブスクリプションに関連付けられたユーザー名とパスワードを使用して、サインインしていることを確認します。各サブスクリプションの正しいサインイン場所については、「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  • システム要件を確認する
    使用しているデバイスがシステム要件を満たしていることを確認します。最新のシステム要件は、Apple Store または Google Play の Word、Excel、PowerPoint、OneNote のアプリ ページで確認できます。

  • iPad ユーザー - アプリをリセットする
    iPad を使っていて、"サブスクリプションが見つかりません" または "この Apple ID では、Office 365 の有料サブスクリプションは利用されていません" というエラーが表示される場合は、アプリをリセットします。

    1. iPad 上で [設定] に移動します。

    2. [設定] で、いずれかの Office for iPad アプリ (WordExcel、または PowerPoint) を選びます。

    3. [リセット] で、[<アプリ名> のリセット] をタップします。

    4. [ログイン資格情報の削除] をスライドして、このオプションを有効にします。

    5. アプリを終了します。終了するには、iPad 上で [ホーム] を 2 回押した後、スワイプして目的のアプリを見つけます。次にプレビュー画面を上へスワイプします。

管理者は、Windows Intune Software Publisher を使って、会社のポータル上のソフトウェア インストール パッケージへの外部リンクを追加することもできます。ユーザーは、このリンクを使って、オンライン ストアからアプリを直接ダウンロードしたり、Web サイトから Web アプリとしてアプリを実行したりできます。アプリは Microsoft Intune ではホストされません。詳細については、「Windows Intune のドキュメント ライブラリ」を参照してください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×