Office 365 グループの名前付けポリシー

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

最終更新日: 25 月、2018年

トピックの情報は、グループ ポリシー機能の名前を付けるの一般向けのプレビュー リリースに適用されます。

グループの名前付けポリシーを使用すると、組織のユーザーが作成した Office 365 グループに一貫性のある名前付け方法を強制することができます。名前付けポリシーにより、お客様とユーザーがグループの機能、メンバーシップ、地域、グループの作成者を特定できるようになります。名前付けポリシーは、アドレス帳のグループの分類にも役立ちます。ポリシーを使用して、特定の単語をグループの名前やエイリアスで使われないようにブロックすることができます。

命名ポリシーは、(Outlook、Microsoft チーム、SharePoint、計画、Yammer など) などのすべてのグループ作業負荷の間で作成したグループに適用されます。グループ名とグループのエイリアスの両方に、適用を取得します。ユーザーが作成され、グループ、グループ名またはエイリアスを既存のグループを編集したとき、適用を取得します。

グループの名前付けポリシーは、次の機能で構成されています。

  • プレフィックス サフィックス命名ポリシーグループの名前付け規則を定義するプレフィックスまたはサフィックスを使用することができます (例:"GRP_US_My Group_Engineering")。プレフィックスとサフィックスを固定することができます文字列や置き換わる [部署] などの属性をユーザーにグループを作成しているユーザー。

  • ユーザー設定の単語をブロックします。ブロックされた単語を特定のセットをアップロードするには、組織のユーザーによって作成されたグループ内にブロックされるようにします。(例:「CEO、給与、人事」)。

プレフィックス/サフィックスの名前付けポリシー

プレフィックスとサフィックスは、固定文字列またはユーザー属性のいずれかにすることができます。

固定文字列

短い文字列を使って、GAL およびグループのワークロードの左のナビゲーションでグループを区別するのに役立てることができます。一般的なプレフィックス/サフィックスには、‘Grp_Name’、‘#Name’、‘_Name’ などのキーワードがあります。

属性

属性を使って、[Department] のようにグループを作成したユーザー、および [Country] のように作成された場所を識別するのに役立てることができます。

Policy = “GRP [GroupName] [Department]”

User’s department = Engineering

Created group name = “GRP My Group Engineering”

Azure Active Directory (Azure AD) 属性がサポートされている [部署]、[会社]、[Office]、[市町]、[CountryOrRegion]、[タイトル]

  • サポートされていないユーザー属性は、固定文字列と見なされます。例: “[postalCode]”

  • 拡張属性とカスタム属性はサポートされません。

組織のすべてのユーザーに対して、値が設定された属性を使用することをお勧めします。長い値が設定された属性は使用しないでください。

注意点:

  • ポリシーを作成するときは、プレフィックスとサフィックスの合計文字数は 53 文字に制限されます。

  • プレフィックスとサフィックスには、グループ名とグループのエイリアスでサポートされている特殊文字を含めることができます。プレフィックスとサフィックスに、グループのエイリアスで許可されていない特殊文字が含まれている場合は、それらは削除されてグループのエイリアスに適用されます。そのため、この場合は、グループ名に適用されているプレフィックスとサフィックスは、グループのエイリアスに適用されているものとは異なります。

カスタムのブロックする単語

ブロックされた単語のリストをコンマ区切りで入力できます。これは、グループの名前とエイリアスでブロックされます。

ユーザーが入力したグループ名をブロックされた単語チェックが行われます。ユーザーが 'darnit' を入力し、命名ポリシーは、関連付ける'、'Prefix_darnit' は失敗します。

検索のサブ文字列は実行されません。具体的には、エラーを開始するユーザーが入力した名前とユーザー設定のブロックの単語、完全に一致する必要があります。サブ文字列の検索があまりユーザー '渡します' がブロックされた word の場合でも使用 'クラス' のような一般的な単語にできるようにします。

注意点:

  • ブロックする単語は、大文字と小文字を区別します。

  • ユーザーがブロックする単語を入力すると、グループ クライアントによって、ブロックされた単語を含むエラー メッセージが表示されます。

  • ブロックする単語で使用する文字に制限はありません。

  • ブロックされた単語として設定するには 5000 の単語の上限があります。

管理者による上書き

管理者はブロックする単語と必要な名前付け規則を使ってグループを作成できるように、選択された管理者は、これらのポリシー、すべてのグループのワークロードおよびエンドポイントの適用から除外されます。グループの名前付けポリシーの適用から除外される管理者の役割リストは次のとおりです。

  • 全体管理者

  • パートナー レベル 1 のサポート

  • パートナー レベル 2 のサポート

  • ユーザー アカウント管理者

  • ディレクトリ製作者

ライセンス

グループ ポリシーの名前を付けるには、固有のユーザーを Office 365 のグループのメンバーの Azure Active Directory Premium P1 ライセンスが必要です。

Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュール のプレビュー版をインストールする

重要: 同時に同じコンピューターにプレビュー版と GA 版の両方をインストールすることはできません.

最適な対応方法として、常に最新のバージョンにしておくことをお勧めします。古い AzureADPreview バージョンまたは古い AzureAD バージョンをアンインストールして、最新のバージョンを取得してください。

  1. 管理者として Windows PowerShell を開きます。

    Windows PowerShell ウィンドウが表示されます。プロンプト C:\Windows\system32 は、管理者として開かれたことを意味します。

    最初に PowerShell を開いたときの外観。

    1. 検索バーに「Windows PowerShell」と入力します。

    2. Windows PowerShell を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。

      PowerShell を「管理者として実行」して開く。

  2. インストール済みモジュールを確認します。

    Get-InstalledModule -Name "AzureAD*"

3. AzureADPreview または AzureAD の以前のバージョンをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

   Uninstall-Module AzureADPreview

または

   Uninstall-Module AzureAD

4. AzureADPreview の最新のバージョンをインストールするには、次のコマンドを実行します。

   Install-Module AzureADPreview

信頼できないリポジトリに関するメッセージが表示されたら、「Y」を入力してください。新しいモジュールがインストールされるまで、1 分程度かかります。

Azure AD PowerShell での名前を付けるポリシーを設定する方法

  1. まだ開いていない場合は、コンピューターで Windows PowerShell ウィンドウを開きます (標準の Windows PowerShell ウィンドウか、[管理者として実行] を選択して開いたウィンドウかは関係ありません)。

  2. 次のコマンドを実行します。コマンドごとに Enter キーを押します。

    Import-Module AzureADPreview
    Connect-AzureAD

    表示された [アカウントにサインインする] 画面に、サービスに接続するための Office 365 管理者アカウントとパスワードを入力して、[サインイン] をクリックします。

    Office 365 の資格情報を入力する

グループの設定を作成するには、「グループの設定を構成するための Azure Active Directory コマンドレット」の手順に従います。

現在の設定を表示する

  1. 現在の設定を表示するには、現在の名前付けポリシーを取得します。Azure AD PowerShell ウィンドウで次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

    $Setting = Get-AzureADDirectorySetting -Id (Get-AzureADDirectorySetting | where -Property DisplayName -Value "Group.Unified" -EQ).id
  2. 次に、以下のコマンドを入力します。

    $Setting.Values

    この操作を行うと、現在のグループの設定が表示されます。

名前付けポリシーとカスタムのブロックする単語を設定する

  1. ここで、プレフィックスとサフィックスを設定できます。Azure AD PowerShell で次のコマンドを実行します。

    $Setting["PrefixSuffixNamingRequirement"] = “Grp_[Department]_[GroupName]_[Country]"
  2. 以下を入力して、制限するカスタムのブロックする単語を設定します。独自の必要なカスタムの単語を追加します。

    $Setting["CustomBlockedWordsList"]=“Payroll,CEO,HR"
  3. 以下を入力して、新しいポリシーの設定が有効になるように保存します。

    Set-AzureADDirectorySetting -Id (Get-AzureADDirectorySetting | where -Property DisplayName -Value "Group.Unified" -EQ).id -DirectorySetting $Setting

    以上です。名前付けポリシーを設定し、ブロックする単語を追加しました。

Office 365 アプリ全体の名前付けポリシーの操作環境

ユーザーがグループの名前とエイリアスを入力すると、Office 365 アプリが更新され、(プレフィックスとサフィックスと共に) 名前付けポリシーのグループ名のプレビューが表示されます。ユーザーがブロックされた単語を入力すると、ブロックされた単語を削除できるように、エラー メッセージが表示されます。

Outlook Web (OWA)

ユーザーがグループ名またはグループのエイリアスを入力すると、Outlook Web で名前付けポリシーを修飾した名前が表示されます。ユーザーがカスタムのブロックする単語を入力すると、ユーザーがその単語を削除できるように、エラー メッセージがブロックされた単語と共に UI に表示されます。OWA 操作環境のスナップショットを次に示します。

スクリーンショット: Office 365 グループでグループの名前付けポリシーを並べて表示する

Outlook デスクトップ

Outlook デスクトップで作成されたグループは、名前付けポリシーに準拠します。Outlook デスクトップ アプリでは、まだ名前付けポリシーのプレビューが表示されません。また、ユーザーがグループ名を入力したときに、カスタムのブロックする単語のエラーが返されません。ただし、名前付けポリシーは作成または編集のクリックに自動的に適用され、グループの名前またはエイリアスにカスタムのブロックする単語がある場合は、ユーザーにエラーが表示されます。

Microsoft Teams

ユーザーがチーム名を入力すると、Microsoft Teams に名前付けポリシーを修飾した名前が表示されます。ユーザーがカスタムのブロックする単語を入力すると、ユーザーがその単語を削除できるように、エラー メッセージがブロックされた単語と共に表示されます。

スクリーンショット: Microsoft Teams でブロックされたグループの名前付けポリシーの例

SharePoint

SharePoint は、サイトでユーザーの種類の名前またはメール アドレスをグループ化した場合に、名前付け、ポリシー名を示します。ユーザー設定のブロックされた word エラー メッセージをユーザーに入ったときはと共に表示されますブロックされた word が、ユーザーが解除できるようにします。

スクリーンショット: グループの名前付けポリシー - SharePoint サイトでブロックされた名前

Microsoft Stream

ユーザーがグループ名またはグループのエイリアスを入力すると、Microsoft Stream で名前付けポリシーを修飾した名前が表示されます。ユーザーがカスタムのブロックする単語を入力すると、ユーザーがその単語を削除できるように、エラー メッセージがブロックされた単語と共に表示されます。

スクリーンショット: Microsoft Stream でブロックされたグループの名前付けポリシーの例

iOS と Android の Outlook アプリ

Outlook アプリで作成されたグループは、名前付けポリシーに準拠します。Outlook モバイル アプリでは、まだ名前付けポリシーのプレビューが表示されません。また、ユーザーがグループ名を入力したときに、カスタムのブロックする単語のエラーが返されません。ただし、名前付けポリシーは作成または編集のクリックに自動的に適用され、グループの名前またはエイリアスにカスタムのブロックする単語がある場合は、ユーザーにエラーが表示されます。

Planner

プランナーは、ポリシーの名前を付けるに準拠しています。プランナーは、プラン名を入力するときに、ポリシーの名前付けのプレビューを示します。カスタムのブロックされた単語を入力すると、計画を作成するため、ユーザーがブロックされた単語を削除することができますエラー メッセージが表示されます。

スクリーンショット: グループの名前付けポリシー - ブロックされた新しいプランの作成の例

顧客の契約の Dynamics 365

Dynamics 365 顧客の契約は、ポリシーの名前を付けるに準拠しています。Dynamics 365 は、ユーザーが、グループ名またはグループのメール エイリアスを入力した場合に、名前付け装飾ポリシーの名前を示します。ときに、ユーザー設定のブロックされた単語を入力すると、そのユーザーが削除できますがブロックされている単語エラー メッセージが表示されます。

Dynamics 365

School Data Sync (SDS)

SDS を使って作成されたグループは名前付けポリシーに準拠しますが、名前付けポリシーは自動的に適用されません。SDS 管理者は、グループを作成する必要があるクラス名にプレフィックスとサフィックスを追加し、SDS にアップロードする必要があります。それ以外の場合は、グループの作成または編集は失敗します。

Outlook の顧客マネージャー (OCM)

Outlook の顧客マネージャーでは、ポリシーの名前を付けるに準拠しています。命名ポリシーは、Outlook 顧客 Manager で作成したグループに自動的に適用を取得します。「すべての営業チーム」内単語のいずれかについては、ユーザー設定のブロックされた word として定義 OCM でグループ作成はブロックされます。ユーザーは、OCM グループを作成することはできず、OCM アプリを使ってからはブロックされます。"

Classroom アプリ

Classroom アプリで作成されたグループは、名前付けポリシーに準拠しますが、名前付けポリシーが自動的に適用されるわけではありません。また、名前付けポリシーのプレビューは、教室グループの名前を入力するときにユーザーに表示されません。そのため、ユーザーはプレフィックスとサフィックスで修飾された教室グループ名を入力する必要があります。それ以外の場合、教室グループの作成または編集は失敗し、エラーが表示されます。

Power BI

Power BI のワークスペースで作成したグループの名前付けポリシーを遵守するが、命名ポリシーが自動的に適用されません。 また、Power BI のワークスペースの名前を入力するときに、ユーザーにポリシーの名前付けのプレビューが表示されません。

命名ポリシーの適用は推奨される名前 - はエラーの詳細についてを作成または編集するワークスペースに表示されます。プレフィックスとサフィックス装飾ワークスペースの名前を入力するユーザーが必要になります。それ以外の場合、ワークスペースを作成または編集はエラーのある失敗します。

Yammer

Azure Active Directory アカウントで Yammer にサインインして、ユーザーは、グループを作成するか、グループ名を編集をグループ名は、ポリシーの名前を付けるに従います。 これには、接続されている Office 365 のグループとその他のすべての Yammer グループの両方が適用されます。

名前付けポリシー前に、Office 365 の接続されているグループが作成されている場合、グループ名の命名ポリシーが自動的にに従っていないします。ユーザーは、グループ名を編集するときは、プレフィックスとサフィックスを追加するように求められます。

StaffHub

StaffHub チームが名前付けポリシーに従っていませんが、基になる Office 365 のグループ。StaffHub チーム名は、カスタムのブロックされた単語をチェックしないし、プレフィックスとサフィックスは適用されません。StaffHub はプレフィックスとサフィックスを適用して、ブロックされた単語を基になる Office 365 グループから削除します。

Exchange PowerShell

Exchange PowerShell コマンドレットは、名前付けポリシーに準拠します。名前付け規則がグループの名前とグループのエイリアスで使用されない場合、ユーザーは候補のプレフィックスとサフィックスを含む、カスタムのブロックする単語に対する適切なエラー メッセージを受け取ります。

Azure Active Directory PowerShell コマンドレット

Azure Active Directory PowerShell コマンドレットでは、ポリシーの名前を付けるに準拠しています。グループの名前とグループのエイリアスの名前付け規則が使われている場合は、ブロックされたユーザー設定の単語、候補プレフィックスとサフィックスの適切なエラー メッセージが表示されます。

Exchange 管理センター

Exchange 管理センターは、名前付けポリシーに準拠します。作成または編集のアクションでは、名前付け規則がグループの名前とグループのエイリアスで使用されない場合、ユーザーは候補のプレフィックスとサフィックスを含む、カスタムのブロックする単語に対する適切なエラー メッセージを受け取ります。

Office 365 管理センター

Office 365 管理センターは、名前付けポリシーに準拠します。作成または編集のアクションでは、名前付けポリシーは自動的に適用されます。ユーザーがカスタムのブロックする単語を入力すると、適切なエラーを受け取ります。Office 365 管理センターでは、まだ名前付けポリシーのプレビューが表示されません。また、ユーザーがグループ名を入力したときに、カスタムのブロックする単語のエラーは返されません。

Azure Active Directory ポータル

Azure Active Directory ポータルは、ポリシーの名前を付けるに準拠しています。Azure Active Directory ポータルでは、グループ名を入力するときにポリシーの名前付けのプレビューが表示されます。カスタムのブロックされた単語を入力すると、ユーザーがブロックされた単語を削除] グループを作成するエラー メッセージが表示されます。

[ポリシーの名前を付け、その他の記事

Azure Active Directory で Office 365 のグループの名前付けポリシーを適用します。

グループの設定を構成するための azure Active Directory コマンドレット

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×