Office 365 クラウド アプリのセキュリティの新機能します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事では、 Office 365 Cloud App Security (旧称Office 365 の高度なセキュリティ管理)、 Microsoft クラウド アプリのセキュリティによって電源が入っているで更新プログラムと新機能について簡単に説明を取得します。

機能の追加またはの向上、この記事は、頻繁に更新されます。2 週間ほど、Microsoft のクラウド アプリのセキュリティ更新プログラムの後に office 365 のクラウド アプリのセキュリティ更新プログラムがリリースされ、Office 365 クラウド アプリのセキュリティにすべての Microsoft クラウド アプリのセキュリティ更新プログラムを適用します。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 124

2018 年 6 月 10日を解放します。

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 124を解放する:

  • スコープ ベースの展開企業は、グループ メンバーシップに基づいて、監視して保護するユーザーを細かく決定できます。この機能を使用すると、ユーザーが保護されているアプリケーションのいずれかにすべての活動は表示されませんを選択できます。スコープを監視することは、コンプライアンスとライセンスの方が便利です。一部のコンプライアンス法規が原因で特定の国からユーザーを監視しないことが必要になります。また、ライセンスを Office 365 クラウド アプリのセキュリティ制限内の領域を維持するユーザーの数が少ないをモニターすることができます。

  • 新しいメール サーバー   Office 365 クラウド アプリのセキュリティのメール サーバーが変更し、別の IP アドレスの範囲を使用します。通知を受信できるようにするには、新しい IP アドレスを迷惑メール対策ホワイト リストに追加します。組織の場合は、通知をカスタマイズしたり、クラウドのアプリのセキュリティは、これを MailChimp、サード パーティのメール サービスを使用して使用できます。メール サーバーの IP アドレスと MailChimp で作業を有効にする方法の一覧、ネットワークの要件 (Microsoft クラウド アプリのセキュリティ)メールの設定 (Microsoft クラウド アプリのセキュリティ)を参照してください。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 121

2018 5 月 6日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 121を解放する:

  • 異常検出ポリシーの改善します。段階的にロールアウト脅威検出の 2 つの新しい種類を追加するのには、office 365 クラウド アプリのセキュリティの異常検出ポリシーが強化されました。

    • Ransomware アクティビティ   。Ransomware 検出機能は、高度な ransomware 攻撃包括的なカバーを異常検出に拡張されます。

    • ユーザーのアクティビティを終了します   。特定の企業リソースへのアクセス権のある企業のアプリケーションから除外プロビジョニングされるユーザーされている可能性がありますが、ユーザーが、終了したユーザーのアカウントを監視するユーザーのアクティビティによりを終了します。

    Office 365 クラウド アプリのセキュリティ ポータルで、異常検出ポリシーを表示するには、コントロールを選択 >ポリシー

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 120

リリース、2018 年 4 月 22日

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 120を解放する:

  • ユーザーのアクティビティと内部のアプリケーションです。Office 365 と Azure Active Directory (Azure AD) は、今すぐ徐々 に進行 (内部および外部) は、[Office 365 と Azure AD アプリケーションによって実行されるユーザー アカウント アクティビティと内部のアプリケーションを検出する機能をします。これにより、アプリケーションが予期しないと、許可のないアクティビティを実行する場合に警告するためのポリシーを作成することができます。

  • アプリのアクセス許可の一覧で、その他のフィールドをエクスポートします。Csv、publisher などの他のフィールドに、アプリのアクセス許可のリストをエクスポートするとき、アクセス許可レベル] と [コミュニティの使用は、コンプライアンスと調査プロセスを支援するために含まれます。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 119

リリース、2018 年 4 月 1 日

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 119を解放する:

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 118

2018 年 3 月 18日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 118を解放する:

  • Barracuda をサポートします。クラウドの検出には、Barracuda F 系列のファイアウォールおよび Barracuda F シリーズ ファイアウォール web ログのストリーミングがサポートしています。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 117

2018 年 3 月 6日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 117を解放する:

  • i フィルターをサポートします。クラウドの検出には、i フィルターがサポートしています。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 116

2018 年 2 月 18日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 116を解放する:

  • 異常検出ポリシー機能拡張します。異常検出ポリシーの不可能出張費、不審な IP アドレスのアクティビティを含む新しいシナリオ ベースの検出とOffice 365 Cloud App Securityが強化され、複数のログインに失敗します。クラウド環境全体の既定の脅威の検出を提供する、新しいポリシーが自動的に有効です。さらに、新しいポリシーは、調査プロセスを迅速、進行中の脅威を含めることができるOffice 365 Cloud App Security検出エンジンからその他のデータを公開します。詳細については瞬時動作分析と異常検出、マイクロソフト クラウド アプリのセキュリティの記事を参照してください。

  • チェックポイント形式のログ パーサー サポートします。その他の 2 つのチェックポイント書式サポート クラウド検出ログ パーサー: XML、および KPC します。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 114

2018 年 1 月 21日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 114を解放する:

  • サービスの状態です。ヘルプに移動して現在のOffice 365 Cloud App Securityサービスの状態を確認できます >システムの状態

    [ヘルプ] をクリックして > システムのステータス システムの正常性の状態を表示するには

  • アクティビティのログのカスタム クエリ。バージョン 114 以降では、作成し、アクティビティ ログでユーザー設定のクエリを保存する機能がロールアウト徐々 にします。ユーザー設定のクエリを使用すると、詳しく調査を再利用できるフィルター テンプレートを作成することができます。さらに、候補のクエリが表示された既定の調査のテンプレートを自分のアクティビティをフィルター処理するために追加し、アプリを検出します。お勧めのクエリには、弱い暗号化、およびセキュリティ リスクを偽装アクティビティ、管理者アクティビティ、リスクの高い非互換クラウド ストレージのアプリ、エンタープライズ アプリケーションなどのリスクを特定のユーザー設定フィルターが含まれます。開始点として表示されたクエリを使用して、必要に応じて、変更し、新しいクエリとして保存します。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 113

2018 年 1 月 8日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 113を解放する:

  • 一般的な形式のログ パーサー サポートします。クラウドの検出ログ パーサーでは、次の一般的な形式をサポート: LEEF、CEF、および W3C します。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 112

2017 年 12 月 24日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 112を解放する:

  • 関連性の高い情報の引き出しします。アクティビティ ログでユーザー名または IP アドレスをクリックして関連性の高い情報の引き出しを今すぐアクセスできます。

    ユーザー名またはアクティビティ ログに関連する情報の引き出しを表示する IP アドレスをクリックします。

  • をクリックするだけでその他のアクティビティを表示する機能です。関連性の高い情報の引き出し] では、選択した活動の 48 時間以内に実行されるすべてのアクティビティを表示する時計アイコンをクリックできます。

    選択したアクティビティの 48 時間以内に実行されたアクティビティを表示する時計アイコンをクリックしてで、関連する分析引き出し

  • Juniper SRX のログ パーサーを向上します。改善クラウド検出ログ パーサー Juniper SRX にします。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 111

2017 年 12 月 10日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 111を解放する:

  • 時間フィルターの改善します。これで、時間フィルターが使いやすくします。アクティビティのログ、ポリシー、高度なビューを使用して、通知など、ビューで、時間フィルターにアクセスするには、フィルターの一覧で日付を選択します。オプションを選びます、ようにする前に、後に、または間にある [時間] フィルターを適用します。

    日付フィルターを使用する前に、後に、または日付の間に情報を表示します。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 110

2017 年 11 月 26日リリース

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 110を解放する:

  • これで、一般に公開 SIEM server の統合します。Office 365 Cloud App Securityに SIEM サーバーに接続します。今すぐに送信できます通知とアクティビティ自動的に選択の SIEM サーバー SIEM エージェントを構成すること。統合 SIEM サーバーの Office 365 クラウド アプリのセキュリティを参照してください。

  • ヘルプ コンテンツに簡単にアクセスします。新しい疑問符 () を使用して、右上隅で、 Office 365 Cloud App Securityポータルのページからヘルプ コンテンツを今すぐアクセスできます。各リンクが実行することが必要な情報を契約しているページを基に依存します。

  • フィードバックを送信します。右上隅で、スマイルを使用して、 Office 365 Cloud App Securityポータルのすべてのページからフィードバックを送信することができるようになりました。バグの報告、新しい機能をリクエストやOffice 365 Cloud App Securityチーム内で直接、操作を共有できます。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 102

リリース 2017 年 8 月 13日]

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 102を解放する:

  • 新しいユーザーの調査のアクションは、ドリル ダウンのレベルを追加を有効にするユーザーの調査にします。[調査] ページでは、マウス ポインターを置き、アクティビティ、ユーザー、またはアカウントでとしてフィルターを適用したりできますここからは、関連する活動やイベントを表示することができます。

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ リリース 100

リリース、2017 年 7 月 17日

Microsoft クラウド アプリのセキュリティ リリース 100を解放する:

  • セキュリティ拡張機能は、新しいダッシュ ボードのOffice 365 Cloud App Security、API トークン SIEM エージェントなどのすべてのセキュリティ拡張機能を一元管理できます。セキュリティの拡張ダッシュ ボードを表示するには、次の手順に従います。

    1. https://protection.office.com にアクセスし、Office 365 の職場または学校のアカウントを使用してサインインします (これでセキュリティ/コンプライアンス センターに移動します)。

    2. [警告]、[高度な警告の管理] を選択します。

    3. [Office 365 Cloud App Security に移動する] を選択します。

      セキュリティ/コンプライアンス センターで、[警告]、[高度な警告の管理]、[高度なセキュリティ管理に移動] の順に選択します。

    4. [設定] を選びます >セキュリティ拡張します。

      ASM ポータルで、[設定] を選びます > セキュリティ拡張機能

  • 解析向上します。解析メカニズム クラウド検出ログに拡張します。内部エラーが大幅に、発生する可能性が低くします。

  • 必要なログ形式です。クラウドの検出ログの必要なログの書式は、今すぐ両方 Syslog 形式と FTP 形式の例を示します。

関連トピック

Office 365 クラウド アプリのセキュリティのヘルプ コンテンツ
後、Office 365 クラウド アプリのセキュリティのロールアウトの使用率のアクティビティ
[Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターの権限

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×