Office 365 の ATP の安全な添付ファイルに関するポリシーを設定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

他のユーザーが定期的に送信] では、受信、および、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートなどの添付ファイルを共有します。常にだけで、電子メール メッセージを閲覧しているが、信頼できるまたは悪意のあるに添付ファイルをかどうかを判断します。最後に、目的を利用して、悪意のある添付ファイル、組織の混乱を悪事します。しかし、 Office 365 の高度な脅威保護ことができます。攻撃安全でないメールの添付ファイルを組織が保護されていることを確認するために、分析ツールの安全な添付ファイルのポリシーを設定することができます。

注: 分析ツールの安全な添付ファイルの機能では、 Advanced Threat Protection、 Office 365 Enterprise E5で利用可能なで利用できるのみです。組織が別のOffice 365 Enterpriseサブスクリプションを使用している場合は、アドオンとしてAdvanced Threat Protectionを購入することができます。(グローバル管理者は、 Office 365 管理センターでは、を選びます課金>サブスクリプションを追加します)。詳細については、次を参照してください。 Office 365 プラットフォーム: Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター一般法人向け Office 365 のアドオンを購入するとします。

すべきこと:

  1. 前提条件を確認する

  2. 分析ツールの安全な添付ファイル ポリシーを設定します。

  3. ポリシーのオプションについて理解する

前提条件を確認する

分析ツールの安全な添付ファイル ポリシーを設定します。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターまたはExchange 管理センター (EAC)を使用して、分析ツールの安全な添付ファイルのポリシーを設定できます。Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの使用をお勧めします。

  1. グローバル管理者またはのセキュリティ管理者は、 https://protection.office.comに移動し、職場または学校のアカウントでサインインします。

  2. ポリシーの選択、 Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター、脅威の管理] で、で、左側のナビゲーション ウィンドウで [>安全な添付ファイルです。

  3. [SharePoint、OneDrive、および Microsoft Teams の ATP を有効にする] が表示される場合は、このオプションを選択することをお勧めします。これにより、Office 365 環境で SharePoint、OneDrive、Microsoft Teams の Office 365 Advanced Threat Protection が有効になります。

  4. ポリシーの作成を開始するには、新規(新規作成] ボタンのようなプラス記号 (+)) を選択します。

  5. 名前、説明、およびポリシーの設定を指定します。

    例: 全員のメッセージをすぐに配信し、添付ファイルをスキャンした後にもう一度添付する "遅延なし" というポリシーを設定するには、次のように設定を指定できます。

    • [名前] ボックスに「遅延なし」と入力します。

    • [説明] ボックスに「メッセージをすぐに配信し、添付ファイルをスキャン後にもう一度添付する」などの説明を入力します。

    • [返信] セクションで動的な配信] オプションを選択します。(動的な配信および分析ツールの安全な添付ファイルのプレビューについての詳細を表示)

    • [添付ファイルをリダイレクト] セクションで、リダイレクトを有効にするオプションを選択して、悪意のある添付ファイルを調査する Office 365 のグローバル管理者、セキュリティ管理者、またはセキュリティ アナリストのメール アドレスを入力します。

    • [適用先] セクションで、[受信者のドメイン] を選んでから、自分のドメインを選びます。[追加] を選んでから、[OK] を選びます。

  6. [保存] をクリックします。

組織の複数の分析ツールの安全な添付ファイルのポリシーの設定を検討してください。[分析ツールの安全な添付ファイル] ページで表示された順序では、これらのポリシーが適用されます。ポリシーを定義または編集すると、少なくとも 30 分を許可する、ポリシーを Microsoft データ センター全体で有効にします。

分析ツールの安全な添付ファイルのポリシーのオプションについて説明します

分析ツールの安全な添付ファイル ポリシーを設定するには、モニター、ブロック、置換、動的な配信] など、さまざまなオプションが表示されます。次の表の概要については、これらのオプションが何思う場合に、効果。

オプション

効果

使用目的:

オフ

添付ファイルのマルウェアをスキャンしない

メッセージの配信が遅延しない

内部の送信者、スキャナー、FAX、または既知の問題のない添付ファイルのみを送信するスマート ホストのスキャンをオフにする

内部メールのルーティングで不要な遅延を防止する

重要: ほとんどのユーザーは、このオプションはお勧めしません。分析ツールの安全な添付ファイルのスキャン機能をオフにする小規模内部の送信者のグループにすることができます。

モニター

添付ファイルを含むメッセージを配信し、検出されたマルウェアによって発生することを追跡する

検出されたマルウェアが組織内のどこへ行ったかを確認する

ブロック

マルウェアが検出されたファイルが添付されたメッセージをブロックする

マルウェアが検出されたメッセージを、セキュリティ管理者やアナリストが確認してこれらのメッセージをリリース (または削除) できる Office 365 の検疫に送信する

以降のメッセージと添付ファイルを自動的にブロックする

同じマルウェアの添付ファイルを使用して繰り返される攻撃から組織を保護する

置換

検出されたマルウェアの添付ファイルの削除

添付ファイルが削除されたことを受信者に通知する

マルウェアが検出されたメッセージを、セキュリティ管理者やアナリストが確認してこれらのメッセージをリリース (または削除) できる Office 365 の検疫に送信する

マルウェアが検出されたため、添付ファイルが削除されたことを受信者に認知させる

動的配信

メッセージをすぐに配信する

スキャンが完了するまで添付ファイルをプレース ホルダー ファイルで置き換え、マルウェアが検出されなかったら、添付ファイルを再添付する

スキャン中の、ほとんどの PDF と Office ファイルの添付ファイル プレビュー機能を含む

マルウェアが検出されたメッセージを、セキュリティ管理者やアナリストが確認してこれらのメッセージをリリース (または削除) できる検疫に送信する

動的な配信および分析ツールの安全な添付ファイルのプレビューについてください。

メッセージの遅延を回避しつつ、悪意のあるファイルから受信者を保護する

スキャンの実行中に受信者が添付ファイルのプレビューをセーフ モードで実行できるようにする

リダイレクトを有効にする

[モニター]、[ブロック]、または [置換] オプションが選択されている場合に適用される

セキュリティ管理者やアナリストが調べることができる指定されたメール アドレスに添付ファイルを送信する

セキュリティ管理者やアナリストが不審な添付ファイルを調査できるようにする

関連トピック

Office 365 の高度な脅威保護
安全な添付ファイルを Office 365 で分析ツール
Office 365 で分析ツールの安全なリンク
Office 365 で分析ツールの安全なリンクのポリシーを設定する
高度な脅威のレポートの表示保護

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×