Office 365 の管理者として検疫メッセージやファイルを管理します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

管理者には、表示し、リリース、および検疫メッセージ、およびレポート false 正検疫メッセージOffice 365でを削除することができます。表示、ダウンロード、および SharePoint Online、OneDrive for Business、および Microsoft チームで事前脅威保護 (分析ツール) をキャプチャ検疫済みのファイルを削除するもことができます。Office 365メッセージをフィルター処理し、いくつかの理由検疫に送信されるようにポリシーを設定できます。 または、迷惑メールを一括メール、フィッシング詐欺メールのマルウェアが含まれているとして認識されたため、メール フロー ルールと一致するため。

既定で、Office 365 はフィッシング メッセージとマルウェアを含むメッセージを直接検疫に送信します。その他のフィルターされたメッセージは、検疫に送信するポリシーを設定していない場合、ユーザーの迷惑メール フォルダーに送信されます。

他のユーザーに送信されたメッセージは検疫を操作して検疫されたファイルを操作するのには、 Office 365で管理者権限が必要です。

重要: 既定では、迷惑メール、一括、マルウェア、フィッシング詐欺、およびメール フロー ルールと一致するために検疫されたメッセージに保持されます検疫 30 日間。[セキュリティとコンプライアンス センター検疫時間迷惑メール対策の設定をカスタマイズできます。削除すると Office 365 メッセージ検疫から、再び取得できません。必要な場合は、スパム フィルター ポリシーに検疫済みのメッセージの保存期間を変更できます。詳細については、この記事の検査の保持期間の設定を参照してください。

組織の検疫済みメッセージを表示する

  1. グローバル管理者権限を持つOffice 365組織で、職場または学校のアカウントを使用して、 Office 365セキュリティやコンプライアンス センターに移動してサインインします。

  2. 左側の一覧で脅威の管理を展開、確認] を選択し、検査します。

    ヒント: 

    既定では、[セキュリティとコンプライアンス センターは、迷惑メールとして検疫されたすべてのメール メッセージが表示されます。メッセージは、メッセージを受信した日時に基づいてから順に並べ替えられます。送信者件名、および [期限切れ日時) の有効期限日もメッセージごとに表示されます。対応する、列ヘッダーをクリックしてフィールドで並べ替えることができます。並べ替え順序を逆にする列の見出しを 2 回目をクリックします。

  3. 検疫済みのすべてのメッセージの一覧を表示するまたは小さくには、結果のフィルターを適用して設定します。のみ実行できるフィルタ リングできます設定をより多くがある場合、結果を小さくするために、最大 100 個のアイテムの操作を一括します。ページの上部にあるフィルターからオプションを選択しての検査の 1 つの理由でメッセージをすばやくフィルター処理できます。オプションは次のとおりです。

    • スパムと識別されたメール

    • メール (トランスポート ルールとも呼ばれる)、メール フロー ルールによって設定されたポリシーと一致しないためにの検疫

    • バルク メールと識別されたメール

    • フィッシング詐欺と識別されたメール

    • マルウェアが含まれているため検疫されたメール

さらに、管理者は、組織のすべてのメッセージまたは送信メッセージのみにフィルターを適用することができます。ユーザーには表示のみを終了し、メッセージを送信するために使用します。

特定のメッセージを検索する、結果を抽出することもできます。ヒントについては、この記事の結果をフィルター処理、および検索検疫メッセージとファイルを参照してください。

特定の検疫メッセージを確認した後、に関する詳細を表示するメッセージをクリックし、他のユーザーの受信トレイにメッセージを解放するなどの操作を実行します。

組織の検疫されたファイルを表示します。

  1. グローバル管理者権限を持つ組織の Office 365 の職場または学校のアカウントを使用して、セキュリティとコンプライアンス センターに移動し、Office 365 にサインインします。

  2. 左側の脅威の管理を展開、確認] を選択し、検査します。

    ヒント: 

  3. 既定では、ページには、検疫メール メッセージが表示されます。検疫されたファイルを表示するには、ファイルマルウェアが原因で検疫を表示するのには、ページの上部にあるフィルターを設定します。Office 365検疫されたファイルを操作するには、管理者権限が必要です。

  4. ファイルはに基づいて並べ替えられます降順の日付のファイルは検疫されました。したユーザーは、ファイル、サービスにファイルが投稿された、ファイルの名前場所ファイル サイズ、や有効期限日 (期限切れ日時) も表示される個々 のファイルを変更します。ヘッダーをクリックしてフィールドで並べ替えることができます。並べ替え順序を逆にする列の見出しを 2 回目をクリックします。

検疫のすべてのファイルの一覧を表示することができますか、フィルターを適用して特定のファイルを検索することができます。メッセージと同じようにのみ実行できる一括最大 100 個のアイテムに操作します。現時点では、セキュリティとコンプライアンス センターを表示してマルウェアが含まれているとして識別されたために、検疫含まれているファイルを管理できます。ヒントについては、この記事の結果をフィルター処理、および検索検疫メッセージとファイルを参照してください。

結果を検疫メッセージやファイルを検索するには

設定によっては、多数の検疫メッセージやファイルが可能性があります。特定のメッセージ ファイル、または一連のメッセージまたはファイルを検索するには、さまざまなその他の情報に基づく検疫済みのアイテムをフィルター処理できます。

  1. [検査] ページで、必要に応じて、メッセージやファイルを表示するフィルターの上端行が設定されていることを確認します。

    • ファイルを検索するには、検疫マルウェアが原因でファイルを表示するフィルターを設定します。

      検疫ファイルは、ページは、指定するのに関係なく、独自の it を表示するだけでなく、検疫されたすべてのファイルを表示します。

    • 検疫メッセージを検索するには、すべてを表示するフィルターを設定またはのみ、メールします。最後のフィルター選択検疫メッセージの種類を探しています。迷惑メール、メール フローまたはトランスポート ルール一括メール、フィッシング詐欺メールの場合、またはマルウェアが含まれているメールと一致するメッセージとして識別された検疫メッセージを検索することができます。

  2. [による結果の並べ替え、フィルターやフィルター ドロップダウン リストから検索を使用するを選択します。オプションでは、ファイルまたはメッセージを検索するかどうかによって異なります。この時点での検索フィールドに、ワイルドカードがサポートされていません。

    ファイルとメッセージの両方で、メッセージの日付をフィルター処理することもできます。 または検疫に、ファイルが送信されました。日付または時刻を含む、日付の範囲を指定できます。検索結果をフィルター処理と有効期限ファイルまたはメッセージが検査から削除されますまたはフィルターの組み合わせを使用することもできます。有効期限の日付を検索するには、高度なフィルターを選択します。期限切れ日時] [24 時間以内 (現在)、48 時間以内 (次の 2 日) (次の 7 日間)、次の週検疫から削除されるメッセージを選択することができます。 またはユーザー設定の時間間隔を選択することができます。

    メッセージを次のオプションがあります。

    • メッセージの IDです。これを使用して、メッセージ ID がわかっている場合は、特定のメッセージを特定します。

      たとえば、特定のメッセージが、送受信、組織のユーザーの意図したとおりの宛先に到達ない場合は、検索できますメッセージのメッセージの追跡を使用して (実行メッセージ追跡結果を表示するを参照してください)。メール フロー ルールに一致するか、迷惑メールとして識別されたため、検査するメッセージが送信されたことを発見した場合、簡単にで確認できますこのメッセージ検疫メッセージ ID を指定して完全なメッセージ ID 文字列を含めることを確認します。これは、手がかり角度っこ、たとえば。

      <79239079-d95a-483a-aacf-e954f592a0f6@XYZPR00BM0200.contoso.com>

    • 送信者のメール アドレスです。フィルターで単一の送信者のメール アドレスを使用する] を選びます。

    • 受信者のメール アドレスです。1 つの受信者のメール アドレスでフィルター処理する] を選びます。

    • 件名です。検索するメール アドレスの件名を入力します。ワイルドカード検索がサポートされていないために、メッセージが返される結果で検索するために全体のメッセージの件名を使用する必要があります。検索小文字は区別されません。

検疫メッセージやファイルについての詳細を表示します。

検疫リストに表示される項目を選択するときに、セキュリティとコンプライアンス センターの右側にある [詳細]ウィンドウで、プロパティの概要が表示されます。

詳細については検疫メッセージを表示します。

  • メッセージの IDです。メッセージの一意の識別子。

  • 送信者アドレスです。ユーザーは、メッセージを送信します。

  • 受信します。日付とメッセージを受信した日時。

  • 件名です。メッセージの件名のテキスト。

  • 種類です。迷惑メール一括フィッシング、メール フロー ルール (トランスポート ルール) に一致するまたはマルウェアが含まれているとして識別された、メッセージが特定されていないかを示しています。

  • 有効期限が切れたします。日付と時刻、メッセージは検疫から自動的に削除されますとします。

  • リリースします。すべてへのメール アドレス (存在する場合) メッセージがリリースされました。

  • リリースされていない。すべてへのメール アドレス (存在する場合) をメッセージは、リリースされていません。

詳細については検疫されたファイルの表示

  • ファイル名検疫にファイルの名前です。

  • サイトのパスOffice 365 でファイルの場所を定義する URL です。

  • 検出日付/時刻日付と時刻、ファイルは検疫されました。

  • 有効期限 検疫からメッセージが削除される日付。

  • によって検出されました。ファイルのマルウェアを検出するために使用する方法。分析ツール (高度な脅威保護) または Microsoft のマルウェア対策エンジンのいずれかを指定できます。

  • リリースファイルがリリースされているかどうかについて説明します。

  • マルウェアの名前家族や、ファイルで検出されたマルウェアの名前。

  • ドキュメント IDドキュメントの一意の識別子。

  • ファイル サイズサポート技術情報のファイルのサイズ。

  • 組織Office 365 で、組織の固有 ID。

  • 変更者ユーザーを最後の職場または学校のアカウントでは、ファイルを変更します。

  • ファイル サイズサポート技術情報のファイルのサイズ。

  • SHA256 ハッシュファイルのハッシュします。したか、ファイルがある環境で別の場所を調査するその他の評価ストアを検索するには、これを使用できます。

検査内のメッセージとファイルの管理

メッセージまたはメッセージのグループを選択したら、検疫内のメッセージを管理するためのいくつかのオプションがあります。

  • 何を実行します。何の操作も行わない場合は、メッセージが削除されます Office 365 によって自動的に有効期限。既定では、迷惑メール、一括、マルウェア、フィッシング詐欺、およびメール フロー ルールと一致するため、メッセージに保持されます検疫 30 日間。削除すると Office 365 メッセージ検疫から、再び取得できません。必要な場合は、迷惑メール対策ポリシーに(日) 保持迷惑メールの設定を構成することによって検疫されたメッセージの保存期間を変更できます。詳細については、この記事の検査の保持期間の設定を参照してください。

  • メッセージ ヘッダーを表示 このリンクをクリックすると、メッセージ ヘッダー テキストが表示されます。ヘッダーを詳しく分析するには、メッセージ ヘッダー テキストをクリップボードにコピーし、[Microsoft メッセージ ヘッダー アナライザー] を選んで [リモート接続アナライザー] に移動します (このタスクを完了するまで Office 365 を閉じたくない場合は、右クリックして [新しいタブで開く] を選びます)。メッセージ ヘッダーを [Microsoft メッセージ ヘッダー アナライザー] セクションのページに貼り付け、[ヘッダーを分析] を選びます。

  • メッセージのプレビュー メッセージ本文の raw バージョンまたは HTML バージョンを表示できます。HTML 表示の場合、リンクは無効です。

  • メッセージをダウンロードするか、ファイルをダウンロードします。ローカル デバイスにメッセージまたはファイルのコピーをダウンロードするには、このオプションを選択します。これを行うことが前に、検疫からアイテムをダウンロードに伴うリスクを理解しておくことを確認する必要があります。メッセージは、指定したフォルダーに .eml 形式で保存されます。検疫ファイルは、元の形式で保存されます。

  • 削除します。Office 365 によって設定の有効期限日を待機しているのではなく検疫アイテム (またはアイテムのセット) すぐに削除できます。メッセージや検査の一覧で、ファイルを削除するのには、アイテムを選択し、し、[削除] をクリックします。複数のアイテムを一度に削除するのには、検疫リストで、アイテムの左側にあるチェック ボックスを選択し、[一括アクション] ページが表示されたら、選択したメッセージを削除するか、選択したファイルを削除する] を選びます。

  • リリース誤って検疫 (誤) として Microsoft に報告してアイテムを検疫アイテム (またはアイテムのセット) を離します。

    解放し、レポートの 1 つのメッセージまたは検疫] ボックスの一覧で、ファイルを項目を選択、リリース ファイルまたはメッセージを解除] を選びます。次のページで、[レポートのメッセージまたはに分析するための Microsoft のレポートのファイルが選択されていることを確認します。

    解放するには複数のアイテムを一度に検疫の一覧で、アイテムの左側にチェック ボックスをオン一括アクション] ページが表示されたら、クリックしてファイルを解放またはメッセージを解除します。次のページで、[レポートのメッセージまたはに分析するための Microsoft のレポートのファイルが選択されていることを確認します。

メッセージを解放するときは、次の点に注意してください。

  • 一度に複数のメッセージの一括リリースを実行するときに最初に特定されたすべての受信者にメッセージが解除されます。のみ特定の受信者にメッセージを解放する場合は、一度に 1 つのメッセージを解放すると、受信者を個別に指定する必要があります。

  • 同じ受信者に対して、メッセージを複数回解放することはできません。

  • 複数の受信者に対してメッセージを解放する場合、そのメッセージを以前に受信したことがない受信者のみが受信者候補一覧に表示されます。

  • 解放した 1 つ以上のメッセージがスパム、バルク、フィッシング、またはマルウェアを含むとして検疫されて、誤検知のレポートを選んだ場合、そのメッセージも Microsoft スパム分析チームにレポートされます。チームはメッセージを評価および分析し、分析結果に応じて、そのメッセージを許可するようにサービス全体のスパム コンテンツ フィルター ルールを調整する場合があります。

検疫の保持期間を設定します。

時間を確認するメッセージを構成して、期限が切れる前に、ファイルを検疫で引き続きします。既定では、検疫済みのアイテムは 30 日間保持されます。各ポリシーを作成するには、この設定を構成します。この記事で説明するように、既定のポリシー] の値を変更することもできます。

セキュリティやコンプライアンス センターで、検査の保持期間の既定の迷惑メール フィルター ポリシーを変更するには

  1. グローバル管理者権限を持つ組織の Office 365 の職場または学校のアカウントを使用して、セキュリティとコンプライアンス センターに移動し、Office 365 にサインインします。

  2. 左側の脅威の管理を展開する、ポリシーを選択し、迷惑メール対策します。

    ヒント: 

  3. [ユーザー設定] タブを表示するユーザー設定] を選択します。

  4. 既定の迷惑メール フィルター ポリシー (常にオン)の行を展開します。

  5. ポリシーの編集] を選びます。既定の迷惑メール フィルター ポリシーの設定は、新しいページに表示されます。

  6. 展開迷惑メールの操作を一括してします。

  7. 検査では、[ (日) 迷惑メールを保持するテキスト ボックスで、Office 365 を隔離メッセージやファイルを保持する時間を入力します。既定では 30 日間です。これは、最大でもします。

  8. [Save] を選びます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×