Office 365 の管理ツール

Office 365 のすべての種類のタスクを一連のツールで管理します。外出先での簡単なタスクにはモバイル アプリを、ほとんどの管理タスクには管理センターを、一括操作には PowerShell を使用します。

Office 365 管理センター

ほとんどの管理タスクは、Office 365 管理センターから始めます。ホーム ページには一般的なタスクへのリンクがあり、特定の設定、タスク、項目 (ユーザーやグループなど) をホーム ページから検索できます。また、Office 365 管理センターからは、Azure AD、Exchange OnlineSharePoint Online、Skype for Business Online などの他のサービス固有の管理センターにもリンクしています。Office 365 管理センターの概要をご覧ください。

Office 365 管理センターに移動します

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  2. アプリ起動ツール Office 365 のアプリ起動ツールのアイコン をクリックし、[管理者] をクリックします。

    Office 365 アプリ起動ツールで [管理者] アプリが強調表示されている

    ヒント:  [管理者] は Office 365 管理者に対してのみ表示されます。

    アプリが見つからない場合は、アプリ起動ツールから、[すべてのアプリ] を選択して、利用できる Office 365 アプリのアルファベット順の一覧を表示します。そこから、特定のアプリを検索できます。

Office 365 Admin モバイル アプリ

外出先で、パスワードのリセットやサービス停止のレポートが必要になることがあります。Office 365 Admin モバイル アプリを使用すると、簡単にタスクを実行し、サービスの状態を確認できます。Apple Store、Google Play、または Microsoft Storeから、スマートフォンまたはタブレット端末にダウンロードしてください。アプリを入手する

PowerShell for Office 365

PowerShell を使用すると、ユーザー リストの追加やライセンスの変更など、Office 365 の変更をスクリプトで一括実行できます。また、パスワード有効期限ポリシーの設定などの一部の高度な設定は、PowerShell コマンドレットを使用することによってのみ制御できます。PowerShell が必要なタスクに関する記事には、PowerShell を使用してタスクを実行する手順が含まれます。Office 365 コア、Azure AD、セキュリティ/コンプライアンス センター、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online には、個別の PowerShell モジュールがあります。

Office 365 PowerShell の使用開始方法をご覧ください。Office 365 サービス用の PowerShell モジュールに接続する方法、およびコマンドレットのリファレンス情報については、「Office 365 サービスのコマンドレット リファレンス」をご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×