Office 365 の分析ツールのフィッシング対策ポリシーを設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

分析ツールのフィッシング対策保護Office 365 の高度な脅威保護の一部は悪意のある偽装ベースのフィッシング詐欺やその他のフィッシング攻撃から組織を保護します。Office 365 Enterpriseグローバルやセキュリティ管理者を場合は、分析ツールのフィッシング対策ポリシーを設定することができます。フィッシング攻撃からのものでは、さまざまな形式商品ベースの攻撃を対象となるスピアー フィッシングまたは whaling します。複雑さ、一部の高度な攻撃を示すトレーニング目ではさらに困難です。しかし、Office 365 の高度な脅威保護ことができます。このような攻撃を組織が保護されていることを確認するために、分析ツールのフィッシング対策ポリシーを設定することができます。

注: 分析ツールのフィッシング対策はのみでAdvanced Threat Protection、 Office 365 Enterprise E5で利用できます。組織が別のOffice 365 Enterpriseサブスクリプションを使用している場合は、アドオンとしてAdvanced Threat Protectionを購入することができます。(グローバル管理者の場合は、 Office 365 管理センターでは、を選びます課金>サブスクリプションを追加します)。プランのオプションの詳細については、すべて Office 365 のビジネス プランを比較するを参照してください。組織が使用して、最新バージョンOffice 365 ProPlusの Windows で分析ツールのフィッシング対策保護を最大限に活用することを確認します。

操作:

  1. 前提条件を確認します。

  2. ポリシーのオプションについて説明します

  3. 分析ツール フィッシング対策ポリシーを設定します。

前提条件を確認する

  • 会社の管理者セキュリティ管理者の役割グループのメンバーになっていることを確認します。

  • 分析ツールのフィッシング対策ポリシーのオプションについて(この記事で)。

  • 組織用に、複数の分析ツールのフィッシング対策ポリシーを設定するは可能性があります。Office 365 では、[セキュリティとコンプライアンス センター分析ツールのフィッシング対策ページに表示された順序でこれらのポリシーを適用します。ポリシーのオプションを確認する] とそれぞれの数のポリシーを必要となると、優先順位を決定する時間がかかります。

  • 約 5 ~ 15 分を費やす、最初の分析ツールのフィッシング対策ポリシーを設定する予定です。

  • 新しいまたは更新されたポリシーがすべての Office 365 データセンターに拡散されるには、最大で 30 分お待ちください。

分析ツール フィッシング対策ポリシーを設定します。

追加する、編集、および Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで分析ツールのフィッシング対策ポリシーを削除します。

  1. https://protection.office.com に移動し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター] で [脅威の管理] で、左側のナビゲーション ウィンドウで、ポリシーを選択します。

  3. [ポリシー ] ページで、[分析ツールのフィッシング対策] を選びます。

  4. [フィッシング] ページで、次のいずれかの操作を行います。

    • 追加するのには、新しいポリシーは、 + 作成を選択します。

    • 既存のポリシーを編集するには、フィッシングページに表示される一覧からポリシーの名前を選択します。表示されるページで、[ポリシーの編集] を選びます。

    ウィザードを起動する手順に従って、フィッシング対策ポリシーを定義します。

  5. 名前、説明、およびポリシーの設定を指定します。詳細については、分析ツールのフィッシング対策ポリシーのオプションについて説明を参照してください。

  6. 設定をレビューした後、必要に応じて、このポリシーの作成または保存を選択します。

分析ツールのフィッシング対策ポリシーのオプションについて説明します

名前を付けてを設定するか編集する分析ツールのフィッシング対策ポリシーいくつかのオプションから選択できます次の表で説明するよう。

この設定

機能

使用目的:

保護するユーザーを追加します。

ポリシーによって保護されます。 どのメール アドレスを定義します。偽装から保護する 20 個までの内部と外部のアドレスを追加することができます。

組織外からのメールを保護するユーザーの一覧で、ユーザーのいずれかの偽装ではないことを確認するとき。ユーザーを保護するには、高度なエグゼクティブ、ビジネス オーナー、外部の掲示板のメンバーなどがあります。

この保護されているユーザーの一覧は、ポリシーを適用するポリシーを適用する、ユーザーの一覧から別です。定義した、ポリシーのオプションに適用] セクションのリストに適用されます。

たとえば、Mary Smith < marys@contoso.com > を保護するユーザーとして追加する場合、ポリシーを適用、グループ"すべてのユーザーに"します。これにより、ある偽装「Mary 県」、「すべてのユーザー」グループ内のユーザーに送信するように表示されていたメールは実行されませんポリシーによってを確認します。

保護するドメインを追加します。

偽装から保護するドメインを選択できます。[ポリシーにすべてのユーザー設定の自分のドメイン、ドメインをカンマで区切ってまたは 2 つの組み合わせが含まれることを指定できます。自分が所有しているドメインを自動的に追加するには、選択した場合は、組織の Office 365 にドメインを追加した後で新しいドメイン] のフィッシング対策ポリシーがされます。

組織外からのメールの確認済みドメインまたはパートナーのドメインの一覧で定義されているドメインのいずれかの偽装ではないことを確認するときにします。

操作を選ぶ

Office 365 のユーザーとポリシーに追加したドメインに対して偽装試行を検出した場合に実行するアクションを選択します。同じフィッシング対策ポリシーでは、ユーザーとドメインのアクションを選択できます。これらのアクションは、Office 365 でユーザー アカウントを偽装として識別されるメールを受信したか、[このフィッシング対策ポリシーの保護] の下にあるドメインに適用されます。

検疫メッセージメールは、Office 365 検疫に送信されます。このオプションを選択すると、元の受信者にメールは送信されません。

別のメール アドレスにメッセージをリダイレクトします。メールは、指定したメール アドレスに送信されます。複数のメール アドレスを指定できます。このオプションを選択すると、元の受信者にメールは送信されません。

受信者の迷惑メール] フォルダーにメッセージを移動します。受信者の迷惑メール] フォルダーに送信されます。このオプションを選択するときに、メールが元の受信者に送信されますが、受信者の受信トレイに配置されていません。

メッセージを配信し [bcc] 行に、その他のアドレスを追加します。元の受信者にメールが配信されます。さらに、それが配信される前にユーザーを特定するメッセージの bcc 行に追加されます。このオプションを選択すると、メールは引き続き元の受信者の受信トレイに送信されます。

任意の操作を適用しません。メールは、元の受信者の受信トレイに配信されます。メール メッセージの他のアクションを実行しないされます。

フィッシング詐欺の保護に関するヒントを有効にします。メールでのフィッシング対策安全性のヒントを有効にします。

Office 365 と判断した偽装ユーザーまたはポリシーで定義されているドメインのあるメッセージに対してアクションを実行するとき。

メールボックスのインテリジェンスを有効にします。

このポリシーのメールボックス インテリジェンスを無効に切り替えます。クラウド ベースのアカウントでは、メールボックスがすべての Office 365 でホストされているアカウントのメールボックス インテリジェンスのみ使用できます。

各ユーザーの個々 の送信者マップに基づいて、ユーザーの代理結果を強化する場合します。メールボックス インテリジェンスからのメールを送受信する他のユーザーが作成されます。この情報は、正の値の場合は false の結果を適切に処理するためにユーザー レベルで偽装ポリシーをカスタマイズするのには、Office 365 を使用できます。

信頼できる送信者とドメインを追加します。

メール アドレスとドメインは考慮されません偽装このポリシーを定義します。差出人セーフ リストに追加する送信者のメール アドレスとドメインからのメッセージと、ドメインは、偽装ベース攻撃として分類されることができません。その結果、操作とこのポリシーの設定は適用されませんメッセージに次の差出人とドメインからします。

やり取りするときのドメインとユーザーを偽装を開始するが、安全であると見なされます。たとえば、パートナーが同じ/のような名またはドメイン名として表示リストで定義されているユーザー。

適用されています。

ポリシーのルールの適用対象になりますが受信メール メッセージの受信者を定義します。条件とポリシーに関連付けられている受信者の例外を作成することができます。

たとえば、ドメイン内のすべての受信者にルールを適用して、組織のグローバル ポリシーを作成できます。

受信者の特定のグループの電子メール メッセージをスキャンしないルールなどの例外ルールを作成することもできます。

各ポリシーは、ユーザーは、たとえば、特定のグループまたはドメインでユーザーのセットを関連付ける必要があります。

組織が分析ツールのフィッシング対策ポリシーをセットアップした後、高度な脅威保護するためのレポートを表示することによって、サービスを操作する方法を確認できます。

ユーザーとドメインを保護するための例: フィッシング対策ポリシー

この例では、「ドメインと CEO」両方ユーザーおよびドメインからの保護偽装を提供し、、[すべてのメール ドメイン contoso.com 内のユーザーが受信するポリシーを適用するポリシーを設定します。セキュリティ管理者は、ポリシーがこれらのビジネス要件を満たす必要がありますが決定されます。

  • ポリシーが CEO を保護する必要がある電子メール アカウントやドメイン全体します。

  • CEO のユーザー アカウントに対して偽装試行と判断したメッセージは、セキュリティ管理者の電子メール アドレスにリダイレクトする必要があります。

  • ドメインに対して偽装試行に定義されているメッセージでは、緊急度の低いと、後で確認できる検疫する必要があります。

Contoso のセキュリティ管理者は、これらのニーズに合ったフィッシング対策ポリシーを作成するために次のように値を使用する場合があります。

設定またはオプション

使用例

名前

ドメインと CEO

説明

CEO と、ドメインが偽装されていないことを確認します。

保護するユーザーを追加します。

最低限 CEO のメール アドレスです。

保護するドメインを追加します。

組織のドメインを CEO の office が含まれています。

操作を選ぶ

偽装されたユーザーがメールを送信する場合:メッセージを別のメール アドレスにリダイレクトを選択し、セキュリティ管理者は、securityadmin@contoso.com などのメール アドレスを入力します。

偽装をドメインでメールが送信された場合:検疫メッセージを選択します。

メールボックスのインテリジェンス

既定では、新しいフィッシング対策ポリシーを作成すると、メールボックス インテリジェンスが選択されます。最適な結果を得るのためは、この設定のままにします。

信頼できる送信者とドメインを追加します。

この例では、上書きを定義しません。

適用されています。

受信者のドメインを選択します。次のいずれかを選択してください。+ の追加] を選びます。一覧で contoso.com など、ドメインの名前の横にあるチェック ボックスを選択し、[追加] をクリックします。完了を選択します。

分析ツールのフィッシング対策ポリシーを削除します。

追加し、 セキュリティ/コンプライアンス センターのポリシーを編集できます。セキュリティとコンプライアンス センターを使用して、表示または編集する分析ツールのポリシーのいずれかをお勧めします。

  1. https://protection.office.com に移動し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. 左側のナビゲーションの [脅威の管理] で [ポリシー] を選びます。

  3. [ポリシー ] ページで、[分析ツールのフィッシング対策] を選びます。

  4. フィッシングページで、フィッシングページに表示される一覧からポリシーの名前を選択します。表示されるページ] で、ポリシーを削除] を選びます。30 分ほどOffice 365のすべてのデータ センターに、変更内容を許可します。

関連トピック

Office 365 の高度な脅威保護
Office 365 でのフィッシング対策保護
Office 365 で分析ツールのフィッシング対策機能
Office 365 で分析ツールの安全なリンク
分析ツールの信頼できるリンクを設定します。Office 365 でのポリシー
安全な添付ファイルを Office 365 で分析ツール
Office 365 で分析ツール安全な添付ファイルのポリシーを設定する
脅威保護の高度なレポートを表示します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×