Office 365 の保護されたメッセージについて

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

メッセージ保護の取り組みの一環として、Microsoft はメール暗号化ソリューションを進化させ、保護されたメッセージを組織内に送信するか組織外に送信するかに関係なく、送信者の統合環境を提供してきました。

暗号化されたメッセージ操作、どうすればよいですか。

これまでは、暗号化されたメッセージを組織外のユーザーに送信する場合、Office のメッセージの暗号化アドインをインストールしてメールを暗号化する必要がありました。メールを暗号化するために使用される手順は、IRM でアクセスを制限するために使用される手順とは大きく異なっていました。

Office 365 に最新の更新プログラムを適用することで、組織内と組織外の両方のメッセージをセキュリティで保護する同じ操作環境をユーザーに提供できるようになりました。つまり、送信者は、受信者ごとに適切な暗号化の方法を選択することについて心配する必要がなくなります。 

受信者側での改善も見られます。受信者のメール プロバイダーまたはメール アプリケーションに関係なく、受信者は暗号化されたメッセージを読むことができます。受信者が Outlook を使用している場合、エクスペリエンスはシームレスになります。受信者はメッセージを受信して暗号化されていることを確認してから、そのメッセージを開いて読むことができます。受信者は、Outlook を使用できない場合、期間限定の Web ビュー リンクを受信します。これで、メッセージを読めるようになります。インストールするソフトウェアはありません。Web ビュー リンクを開き、暗号化されたメッセージを表示するだけです。 

詳細については、次を参照してくださいAzure 情報の保護の一番上に作成したら、新しい Office 365 のメッセージの暗号化機能を設定します。 。

アクションで暗号化されたメッセージ

この例では、Sara は Damien に暗号化されたメッセージを送信します。Sara は Office 365 と Outlook を使用していますが、Damien は Gmail を使用しています。 

手順 1: Sara は Darren 宛てのメールを作成して、[オプション]、[アクセス​​許可] の順に選択し、適切なアクセス許可レベルを選択してからメッセージを送信します。 

手順 2: Darren は Gmail でメッセージを受信します。Darren は期間限定の Web リンクをクリックして、Google を使用してサインインし、Gmail でリンクにアクセスできるようにします。

手順 3: Darren は Web ビュー リンクからメッセージを表示します。 

詳細については、「Send, view, and reply to protected messages」 (保護されたメッセージの送信、表示、および返信) と「How do I open a protected message?」 (保護されたメッセージはどのように開きますか?) を参照してください。

ヒント: 受信者が Web 上で暗号化されたメッセージを表示すると、特定のポリシー (転送不可など) が強調表示され、制限付きアクションが自動的に無効になります。 

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×