office 365 の一般法人向けユーザーは、新しい office 機能にいち早くアクセスする方法を説明します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

最終更新日: 2017 年9月21日

Office 365 ProPlusなどのOfficeを含むOffice 365商用サブスクリプションプランを使用している組織の管理者の場合は、Windows デスクトップ向け Office の新機能にいち早くアクセスできるようにユーザーに提供することができます。対象となるリリースプログラム。対象となるリリースで新しい機能に最も早いアクセスを取得するには、組織が毎月のチャネルに存在している必要があります。対象となるリリースと月次チャネルを構成している場合は、 月次チャネル (対象指定) release を使用して新しい機能にいち早くアクセスできます。

月次チャネル (対象指定)ビルドでは、選択したユーザーに、同じ機能を含むOfficeのビルドを提供します。同時に、Office の月次チャネル (対象指定)レベルに参加しているコンシューマーサブスクライバーをOffice 365で利用できるようにします。 インサイダープログラム。

重要: Office 365 Solo、 Office 365 Solo、またはOffice 365 Soloサブスクライバーの場合は、次の手順に従ってください。代わりに、 Office インサイダーサイトにアクセスして、 Office Insiderビルドをインストールします。[ファイル]、[アカウント]、[Office インサイダー] の順にクリックして、プログラムに参加したり、インサイダーと月例チャネル (ターゲット) レベルを切り替えたりすることもできます。

注: Office Insiderプログラムのレベルの名前が変更されました。2017の9月から開始します。詳細については、「 Windows デスクトップ向け Office インサイダーの低速/高速レベルの名前の変更」を参照してください。

対象となるリリースを使用して Office の毎月のチャネル (ターゲット) ビルドをインストールする

対象となるリリースを有効にするには、次の手順を実行し、ユーザーがOffice 365ポータルから Windows デスクトップ用のOfficeの月次チャネル (対象指定)ビルドをインストールするようにします。

  1. ターゲットリリースを有効にするには、対象となるリリースに含めるユーザーを指定します。次の手順を実行します。

  2. 次に、Office 365 管理センターから、[Office ソフトウェア]、[ソフトウェアのダウンロード設定] に移動します。

  3. [ソフトウェアのダウンロード設定] ページの [ PC とモバイルデバイスのソフトウェア] で、[ Office2016 デスクトップとモバイルアプリ] セクションの下あることを確認します。毎月 (毎月のチャネル)が選択されています。

  4. これを完了したら、ユーザーにhttps://portal.office.com/OLS/MySoftware.aspxにアクセスし、職場または学校のアカウントでサインインするように指示します。サインインしたら、新しいアプリを使用して Office をインストールするかどうかを選ぶことができます。また、この注を参照してください。

    管理者は対象となるリリースを有効にしているため、最新の Office 機能にいち早くアクセスできます。

    次に、[インストール] をクリックして、毎月のチャネル (ターゲット) ビルドをインストールします。

ユーザーにOfficeを展開する場合は、 Office 2016 展開ツールを使用して、上記の手順に従って、 Officeのターゲットとなるリリースビルドをユーザーに提供することができます。これを行うには、次のセクションの手順に従いますが、チャネル設定にはInsidersを使用します。

注: 毎月のチャネル (ターゲット) ビルドをインストールするために使用される新しいチャネル設定はインサイダーですが、 FirstReleaseCurrentまたはInsiderSlowの以前のチャネル設定は引き続き動作します。

Office のインサイダービルドをインストールする

IT 部門のテスト担当者などの一部のユーザーに対して、最も古い preview ビルドにアクセスして、より頻繁にリリースされるようにするには、 Office インサイダープログラムのインサイダーレベルからビルドをインストールできるようにすることができます。

Office 展開ツールを使用して、インサイダービルドをインストールする必要があることに注意してください。ユーザーは、 Office 365ポータルからインサイダーレベルのビルドをインストールすることはできません。

重要: インサイダーレベルは、 Office Insiderコンシューマープログラムの一部であり、エンタープライズ用にはサポートされていません。このレベルは、より頻繁にリリースされる最も早いプレビュービルドを使用して、問題を特定し、フィードバックを提供し、サポートされていないビルドを使用した場合のリスクを考慮しないユーザーに最適です。インサイダーレベルを選択することによって、 Officeを使用するために Microsoft との契約に優先するプログラムの条項に同意したことになります。

  1. Microsoft ダウンロード センターから最新バージョンのOffice 2016 展開ツールをダウンロードします。

  2. OfficeDeploymentTool.exe をダブルクリックして、Setup.exe ファイルとサンプルの configuration.xml ファイルを抽出します。

  3. テキスト エディター (メモ帳など) を使用して、configuration.xml ファイルを次のように編集します。

    <Configuration>
    
      <Add OfficeClientEdition="32" Channel="InsiderFast">
    
        <Product ID="O365ProPlusRetail">
    
          <Language ID="en-us" />
    
        </Product>
    
      </Add>  
    
      </Configuration>

    これにより、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から英語で32ビット版のOffice 365 ProPlusがインストールされます。新しいインサイダーレベルのビルドが利用可能になったときに、 Officeも CDN から自動的に更新されます。

    注: 

    • より高速なインサイダーレベルの場合、チャネル設定はInsiderFastのままです。

    • 低速の月例チャネル (ターゲット) レベルでは、チャネル設定はInsiderSlowまたはFirstReleaseCurrentからインサイダーに変更されています。古い設定は廃止されましたが、config ファイルを既に作成したユーザーには引き続き使用できます。

    • Office の 64 ビット版をインストールする場合は、64 を使用して OfficeClientEdition を設定してください。

    • Office 365 Business または Office 365 Business Premium プランをご利用の場合は、configuration.xml の Product ID に、O365ProPlusRetail ではなく O365BusinessRetail を使用します。

    Project または Visio のインストール方法 (これらの製品のサブスクリプションを持っている場合) を含む、構成 .xml ファイル設定の詳細については、「 Office 2016 展開ツールの構成オプション」を参照してください。

  4. Officeをインストールするコンピューターに、 setup.exe構成 .xmlをコピーします。Officeをインストールするには、インターネット接続が必要です。

    注: Office が既にコンピューターにインストールされている場合は、Office をアンインストールし、次の手順を実行する前にコンピューターを再起動します。

  5. 管理者特権でのコマンド プロンプトから、これらのファイルのコピー先のフォルダーに移動して、次のコマンドを実行します。

    Setup.exe /configure configuration.xml

    これにより、インターネット上の CDN からコンピューターに Office ファイルがコピーされ、インストールが開始します。

  6. インストールが完了したら、 WordなどのOfficeアプリを開き、[ファイル]、[アカウント] の順に移動します。[製品情報] セクションには、「Office インサイダー」が含まれているテキストが表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×