スキップしてメイン コンテンツへ
使用を開始する

Office 365 のプラン

Office 365 のプラン

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365 を使用してビジネスをクラウドに移行するご決定、おめでとうございます。 社内のユーザーが 1 人であろうと 10 人であろうと、Office 365 を最大限に活用するにはプランを簡潔にすることをお勧めします。

まず、取得しているものを確認します。

  • Word、Excel、PowerPoint、Outlook などの Office アプリケーション。

  • 経営者および従業員向けの個人用メール アドレス (rob@contoso.com)。

  • クラウド内のドキュメント ストレージ (OneDrive とチーム サイト)、その他。

会計、給与、CRM、または一般向け Web サイト用のアプリは取得しません。

1. プランを選択する

  • 使用しているコンピューターには Office をインストールする必要がありますか。 必要な場合は、Office 365 Business Premium を選択します。

  • 電子メールの暗号化も必要ですか。 または、セキュリティ コンプライアンス ツールやアーカイブを必要とする医療や財務などの業界に属していますか。 該当する場合は、E3 を代わりに選択します。

  • メールのみを必要とする従業員、その他に Office アプリをインストールする必要がある従業員は存在しますか。

    プランを組み合わせることができます。 たとえば、Premium プランを選択し、このプランを使用する従業員にのみライセンスを購入することができます。 それが終了したら、サブスクリプションに別のプランを追加し、残りの従業員用のライセンスを購入することができます。 こうすることで必要なことが整理され、1 つのサブスクリプションで複数のプランおよびライセンスを使用することができます。

プランを選択する

2. ドメイン名をまだお持ちでない場合は、ドメイン名を決定する

  • ドメインは、職業上の ID で、かつ覚えやすいオンライン ID (rob@contosoco.com など) を入力します。 ドメインが既にある場合は、そのドメインも一緒に Office 365 に追加できます – Microsoft が移行のお手伝いします。

  • ドメインを持っていない場合 Office 365 にサインアップすると、簡単に1つのアカウントを取得できます。

ドメイン名を決定する

3. 既存のメールと連絡先を Office 365 に移行する時期をスケジュールする

既存のメール サービスから Office 365 に移行する場合、切り替えには通常 1 日または 2 日かかります。 受信するメールが少ない夜間または週末に Office 365 メールへの切り替えをスケジュールすることをお勧めします。

メール向けのプラン

4. クラウドに保存するファイルを特定する

ほとんどの企業では、失われるリスクが低いため、クラウドにすべてのファイルを保存したいと考えています。 また、どこからでもアクセスできます。 コンピューターをクラウドに同期すると、インターネットに接続していない場合でも、ローカルで作業するためにファイルのコピーがダウンロードされます。 ファイルを保存して閉じ、インターネットに接続すると、もう一度クラウドに保存されます。

ファイルのクラウドへの保存を計画する

5. ロールを割り当てる

  • Office 365 にサインアップしてサブスクリプションを購入したユーザーの場合 これで、組織のグローバル管理者になります。

    すなわち、さまざまなセットアップ、問題の解決、およびその他のユーザーの支援を担当するユーザーであるということです。 全体管理者は、信頼できるユーザーに管理者ロールを割り当てることもできます。

  • 全体管理者ロールは、社内の 1 人または 2 人のユーザーにのみ割り当てる必要があります。 このロールのユーザーは、すべてのドキュメントを削除するなど、任意の操作を行うことができるため、このロールのユーザーが複数存在するということは、セキュリティ上のリスクが生じることになります。

  • 一部の企業では、コンピューターやソフトウェアの管理をコンサルタントに依頼しています。 IT コンサルタント用にアカウントを作成することはできますが、IT コンサルタントにライセンスを割り当てる必要はありません (それを行うと、Office 365 側からの任意の操作に対する費用が請求されます)。 それでも IT コンサルタントは、全体管理者ロールでほとんどの作業を行うことができます。

役割を計画する

6. 情報を公開する

  • 社内のユーザーにクラウドへの移行を知らせます。 社内のユーザーは古いメールやファイルのクリーンアップを開始したり、無料のオンライン トレーニングを活用したりすることができます。

  • 展開する準備ができたら、サインインとパスワードをユーザーに提供する方法を決定します。

計画をチームに伝える
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×