スキップしてメイン コンテンツへ

Office 365 にドメイン名を確認できない: を追加する TXT レコード

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

TE104045333を設定するには、「カスタム ドメイン名を使用して前にあるドメインを所有しているかどうかを確認します。それ以外の場合、たい任意のドメイン名を使用して可能性があります。たとえば、 TE102827792で自分のドメイン名を使用し、答えていた場合、他のユーザー可能性があります。

そのため、TE102827792 に対して自分のドメインを所有していることを示すことが必要です。ドメイン レジストラーや DNS ホスティング プロバイダーで、ドメインに含まれる特定の情報 (弊社が提供します) を使ってレコードを作成します。次に、TE102827792 がそのレコードを探します。このレコードが見つかれば、ドメインが管理されているサイトにあなたがサインオンしたことがあり、該当レコードを作成したことがわかるので、ドメインを所有していることを確認できます。

解決方法

このレコードの作成方法と確認方法の手順については、TE102827792 ポータルを参照してください。

  1. 自分のworkacct_longで Office 365 にサインインします

  2. [セットアップ]、[ドメイン] の順に選択します。

  3. [ドメインの管理] ページで、[ドメインの追加] を選びます。

ウィザードの手順に従います。この手順には、シナリオに関する質問への回答、ドメイン名の入力、ドメイン レジストラーや DNS ホスティング プロバイダーでレコードを追加するための詳しい手順の実行が含まれます。

うまくいきませんでした。 他に方法はありますか?

注意を要するTE102827792にドメインを確認することがあります。さまざまな手順では、移動するのには、されない機能を使用して DNS レコードを多く場合、レコードを追加する web サイトを移動するのには注意が必要になります (サポートが必要な多くのドメイン レジストラーのサイトを提供する詳しい手順からでも次のとおり)。

ポータルでトラブルシューティングを実行します。   トラブルシューティング ウィザードに、ドメインを確認するために追加する必要のある TXT レコードが表示されます。

  1. 自分のworkacct_longで Office 365 にサインインします

  2. [セットアップ]、[ドメイン] の順に選択します。

  3. [ドメインの管理] ページでドメインを選び、[トラブルシューティング] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×