Office 365 で共同作業する

Office 365 を使用すると、従来の作業方法の制約から解放されます。場所や使用するデバイスに関係なく、ファイルの共有やリアルタイムでの共同編集を簡単に行うことができ、どこからでも生産的な作業を行うことができます。

他のユーザーを招待して共同作業を行います。

特定のユーザーと共同作業を行う

他のユーザーに編集に参加してほしい場合は、信頼できる同僚とファイルを簡単に共有し、新鮮な観点で共同作業を行うことができます。このような方法で共同作業を行う場合は、指定した特定のユーザーのみが共有ファイルにアクセスして編集することができます。その後、準備ができたら、いつでもチームで共有することができます。

Office 365 でチームとして作業します。

チームで共同作業を行う

Office 365 ではチームでシームレスにアイデアの作成および共同作業を行います。一元的な場所が用意され、すべてのユーザーが通信やファイルへのアクセスなどすべてのことを 1 つの場所で行うことができるため、共同作業は簡単になります。職場、自宅、または世界中のどこにいようとも、常に情報を共有することができます。

クラウドで作業することで、任意の場所での作業が可能です。

クラウドで開始する

OneDrive でファイルを使用する場合、共有、共同編集、および共同作業を行うための基盤は入手済みです。メールの添付ファイルが不要になり、複数のバージョンを管理しなくてもよくなり、職場のコンピューターに制限されることもなくなります。

  • OneDrive にファイルを保存すれば、ブラウザーまたは Office アプリを使用してどこからでもファイルにアクセスできます。

  • OneDrive のファイルを特定のユーザーと共有するか、リンクを使用します。

  • ファイルは安全でセキュリティで保護されているので、ご安心ください。

  • 常に最新のバージョンが維持されます。

OneDrive クイック スタート

チームの設定で作業を開始します。

チームで開始する

Microsoft Teams、SharePoint、またはその両方を使用して (組織で何が使用されているかによって異なる)、チームとして共同作業を行うことができます。既存のチーム内で動作する場合も、新規にチームを作成する場合も、保存、作業、共同作業のための一元的な場所がクラウド内に用意されます。遅延を心配する必要はありません。

  • すべてのチーム ファイルが 1 つの場所に置かれ、そこで通信などが行われます。

  • モバイル アプリを使用してクラウドの任意の場所から確実かつ安全に作業できます。

  • チーム ファイルに簡単にアクセスでき、常に同期状態が維持されます。

  • 古いファイルまたは複数のバージョンについて心配はいりません。

Microsoft Teams のクイック スタート | SharePoint Online クイック スタート

共同でアイデアを編集および作成します。

リアルタイムの共同編集

ファイルは一度に 1 人のユーザーしか操作できないというのは昔のことです。プレゼンテーションに関して助力が必要な場合は、信頼できる同僚を招待し、その助けを借りて形にすることができます。つまり、自分がファイルで作業するとき、招待した同僚も作業が可能です。リアルタイムで、あなたは同僚が行った変更内容を確認でき、同僚もあなたが行った変更内容を確認できます。これが Office 365 での共同編集です。

  • @メンションを使用してユーザーの注意を引きます。

  • 組み込みのドキュメント チャットを使用してリアルタイムで共同編集します。

  • 種類の異なるデバイスでも編集できます。

  • 作業しながら他のユーザーが行った変更を確認します。

シームレスに作業する | OneDrive のファイルとフォルダーの共有

リアルタイムのチーム チャット

チームは会議に参加するよう招待されたので、Microsoft Teams で早めに計画の作成が開始されています。チームでの自由かつ自然な会話の中で、アイデアを作成します。アイデアを確定し、PowerPoint を作成すると、すべてのユーザーが同時に、それぞれのコンテンツを追加し、スライドを編集できるようになります。

  • リアルタイムのチャット ベースのワークフローで、アイデアを形にします。

  • @メンションを使用してユーザーの注意を引きます。

  • 同じドキュメント内でチームメイトと同時に共同作業を行います。

  • 相互に連携する生産性向上ツールをシームレスに使用します。

チームでの生産的な会話 | チームでの共同編集

ファイルの共有を管理します。

任意で共有する

他のユーザーと一緒に提案書の作業を行っている場合、いつでもファイルの共有を停止できます。つまり、OneDrive ファイルの表示、編集、またはアクセスを許可するユーザーを完全に管理できるということです。より大きなチームでの共有の準備が整ったら、Microsoft Teams またはチーム サイトに対象のファイルを簡単にアップロードできます。

  • ファイルの共有相手を管理します。

  • OneDrive のファイルをチームで共有して、すべてのメンバーがそのファイルにアクセスできるようにします。

OneDrive の共有を停止 | Microsoft Teams へのアップロード | SharePoint へのファイルのコピー

チームの枠を超えて共有する

チームでの作業が終了したら、プレゼンテーションは完成です。次に、法的校閲者の承認を得る必要があります。チームに校閲者を追加することも、ファイルを校閲者と共有することもできます。共有する機能または他のユーザーを招待する機能は、チームの所有者または管理者ポリシーによって管理される場合があります。

  • 情報またはフィードバックを提供してもらうために、他のユーザーをチームに招待します。

  • チームの外部の関係者とファイルを共有します。

Microsoft Teams の外部での共有 | SharePoint ファイルの共有

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×