Office 365 でユーザーを内部設置型のクラウド ベースのメールボックスを検索します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

組織がExchangeのハイブリッド展開を Microsoft チームが有効になった場合は、ユーザーは、インスタント メッセージのチーム チャット アプリケーションを使用できます。クラウド ベースのユーザーの場合、クラウド ベース プライマリ メールボックスに ( 1xN チャットとも呼ばれます) チーム チャット データが保存されます。オンプレミス ユーザーは、チーム チャット アプリケーションを使用するときに、プライマリ メールボックスはオンプレミスであります。この制限を回避するには、オンプレミスのユーザーのチーム チャットのデータを保存する (クラウド ベースのメールボックス オンプレミス ユーザーと呼ばれる)、クラウド ベースの記憶領域を作成する場所は、新機能をリリースしました。 これにより、 Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターを検索し、オンプレミスのユーザーのチーム チャットのデータをエクスポートするコンテンツの検索ツールを使用することができます。

ここでは、要件と制限を設定し、セットアップして、内部設置型のユーザーのクラウド ベースのメールボックスを検索します。

  • Azure Active Directory、 Office 365のディレクトリ サービス (Active Directory) など、オンプレミスのディレクトリ サービスのユーザー アカウントと同期する必要があります。メールのユーザー アカウントがOffice 365でが作成され、プライマリ メールボックスが、オンプレミス組織内であるユーザーに関連付けられていることになります。

  • オンプレミスのユーザーのクラウド ベースのメールボックスは、使用のみストア チーム チャットのデータです。内部設置型のユーザーをクラウド ベースのメールボックスへのサインインや、どのような方法でアクセスはできません。電子メール メッセージを送受信するには使用できません。

  • 組織内部設置型のユーザーのクラウド ベースのメールボックスでチームのチャットのデータの検索を有効にするには、Microsoft サポートのリクエストを送信する必要があります。この記事のこの機能を有効にする、Microsoft サポートのリクエストを提出を参照してください。

メモ:チャンネルの会話をチームは、常に、チームに関連付けられているクラウド ベースのメールボックスに格納します。つまり、会話は、サポート リクエストを送信することがなくが検索チャンネルにコンテンツの検索を使用することができます。チャネルの会話の詳細については、チームの検索は、 Microsoft チームの検索と Office 365 グループを参照してください。

目次

メカニズム

[セキュリティとコンプライアンス センターこの機能を有効にするには、Microsoft のサポートが要求を提出します。

オンプレミスのユーザーのクラウド ベースのメールボックスでチーム チャット コンテンツを検索します。

PowerShell を使用して、内部設置型のユーザーのメールボックスをクラウド ベースのチーム チャットのデータを検索するには

既知の問題

よく寄せられる質問

メカニズム

Microsoft チームが有効なユーザーをオンプレミスのメールボックスを持っているユーザー アカウントと id が、クラウドに同期されますされている場合は、マイクロソフトは 1xN チーム チャットのデータを格納するクラウド ベースのメールボックスを作成します。チームのチャット データがクラウド ベースのメールボックスに保存されますが後、は、検索用インデックスされます。これによりするコンテンツの検索を使って (と電子情報開示ケースに関連する検索) を検索するには、プレビュー、およびチーム チャット オンプレミス ユーザー データをエクスポートします。チームのオンプレミス ユーザーのチャットのデータを検索するのにOffice 365 セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell で*ComplianceSearchコマンドレットを使用することもできます。

次の図は、検索、プレビュー、およびエクスポートするチームがオンプレミスのユーザー用のデータにチャットしたりのワークフローが表示されます。

Microsoft チーム内のユーザーを内部設置型のクラウド ベース ストレージ

この新しい機能に加えて、[コンテンツの検索を使ってを探して、プレビュー、クラウド ベースSharePointサイトでチームのコンテンツをエクスポートすることもできますやExchangeメールボックスに関連付けられている各 Microsoft チームと 1xN チームExchange Onlineのチャット データクラウド ベースのユーザーのメールボックス。

先頭に戻る

[セキュリティとコンプライアンス センターこの機能を有効にするには、Microsoft のサポートが要求を提出します。

オンプレミスのユーザーのクラウド ベースのメールボックスでチームのチャットのデータを検索するセキュリティ/コンプライアンス センターでグラフィック インターフェイスを使用して組織を有効にするには、Microsoft サポートの要求をファイルする必要があります。 この機能はOffice 365 セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell で利用できることに注意してください。PowerShell を使用してオンプレミスのユーザーのチーム チャットのデータを検索するサポート リクエストを送信する必要はありません。

Microsoft のサポートへの出席依頼を送信すると、次の情報のとおりです。

  • Office 365組織の既定のドメイン名です。

  • テナントの名前とOffice 365組織のテナント ID。Azure Active Directoryポータルでこれらを見つけることができます ([管理] で >のプロパティ)。Office 365 テナント ID を検索するを参照してください。

  • 次のタイトルまたはサポート リクエストの目的の説明:「アプリケーションのコンテンツ検索のオンプレミス ユーザーを有効にする」します。要求を実装するOffice 365電子情報開示エンジニア リング チームに要求をルーティングするのに役立ちます。

エンジニア リングの変更が行われると、Microsoft サポートが送信されます展開を予定日をします。展開プロセスは、サポート リクエストの送信後に、2 ~ 3 週間を通常は注意してください。

この機能を有効にした後の影響

Office 365組織でこの機能が配置されると、コンテンツの検索とセキュリティ/コンプライアンス センターでは、電子情報開示ケースに関連する検索では次の変更が行われたは。

  • [コンテンツの検索場所] には、オンプレミスのユーザーの追加の Office アプリのコンテンツ] チェック ボックスが追加されます。

    "オンプレミス ユーザーの Office アプリのコンテンツを追加する] チェック ボックスがコンテンツ検索の UI に追加されます。
  • コンテンツの場所の選択を使用して検索するユーザーのメールボックスを選択するには、オンプレミスのユーザーが表示されます。

先頭に戻る

オンプレミスのユーザーのクラウド ベースのメールボックスでチーム チャット コンテンツを検索します。

機能が有効にすると、クラウド ベースのオンプレミス ユーザーのメールボックスでチームのチャットのデータを検索するのにセキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツの検索を使用することができます。

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターでは、検索と調査に移動 >コンテンツの検索

  2. [検索] ページで、 追加アイコン 新しい検索] をクリックします。

    説明したようオンプレミス ユーザーの追加の Office アプリのコンテンツ] チェック ボックスが [場所] に表示されます。既定で選択されていることを確認します。

  3. キーワード クエリを作成し、必要な場合は、検索クエリに条件を追加します。チームのみを検索するデータのチャット]、[キーワード] ボックスで、次のクエリを追加することができます。

    kind:im
  4. この時点では、[場所] に、次のオプションのいずれかを選択できます。

    • すべての場所 組織内のすべてのユーザーのメールボックスを検索するには、このオプションを選択します。チェック ボックスが選択されている場合、オンプレミスのユーザーのすべてのクラウド ベースのメールボックスも検索されます。

    • 特定の場所 このオプションを選択し、[変更] をクリックして > 特定のメールボックスを検索するには、ユーザー、グループ、またはチームを選択します。説明したよう場所の選択、オンプレミスのユーザーを検索します。

  5. 保存し、検索を実行します。その他の検索結果のようなクラウド ベースのオンプレミス ユーザーのメールボックスから検索結果をプレビューできます。さらに、することができます (チーム チャット データを含む)、検索結果を PST ファイルにエクスポートすることができます。詳細については、以下を参照してください。

先頭に戻る

PowerShell を使用して、内部設置型のユーザーのメールボックスをクラウド ベースのチーム チャットのデータを検索するには

New-ComplianceSearchを使用してSet-ComplianceSearchOffice 365 セキュリティ/コンプライアンス センターのクラウド ベースのメールボックスを検索する PowerShell コマンドレット オンプレミス ユーザー。説明したようには、オンプレミスのユーザーのチーム チャットのデータを検索する PowerShell を使用してサポート リクエストを送信する必要はありません。

  1. Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター PowerShell に接続します。

  2. 新しいコンテンツを作成するのにはコマンドは、次の PowerShell を実行、クラウド ベースのメールボックスは、オンプレミスのユーザーを検索します。

    New-ComplianceSearch <name of new search> -ContentMatchQuery <search query> -ExchangeLocation <on-premises user> -IncludeUserAppContent $true -AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled $true  

    IncludeUserAppContentパラメーターを使用して、ユーザーまたはExchangeLocationパラメーターが指定されているユーザーのクラウド ベースのメールボックスを指定します。 AllowNotFoundExchangeLocationsEnabledでは、オンプレミスのユーザーがクラウド ベースのメールボックスできます。このパラメーターの$true値を使用すると、検索が実行される前に、メールボックスの存在を確認するをお試しください。これらの種類のメールボックスを通常のメールボックスと解決されないため、クラウド ベース内部設置型のユーザーのメールボックスを検索するには、必要です。

次の例は、チームのキーワード"redstone"クラウド ベースのメールボックス内のサラ デービス、Contoso 組織内で、内部設置型のユーザーは、ユーザーが含まれているチャット (これは、インスタント メッセージ) を検索します。

New-ComplianceSearch "Redstone_Search" -ContentMatchQuery "redstone AND kind:im" -ExchangeLocation sarad@contoso.com -IncludeUserAppContent $true -AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled $true  

新しい検索を作成したら、必ずStart-ComplianceSearchコマンドレットを使用して検索を実行してください。

これらのコマンドレットの使い方の詳細については、以下を参照してください。

先頭に戻る

既知の問題

  • 現時点では、検索、プレビュー、およびのクラウド ベースのメールボックスのコンテンツのエクスポート、オンプレミスのユーザーのみができます。電子情報開示ケースに関連付けられているか、 Office 365アイテム保持ポリシーを割り当てる保留リストに社内のユーザーに対して、クラウド ベースのメールボックスを配置することはできません。

  • 電子情報開示のコンテンツの場所を選択では、オンプレミス ユーザーの表示を保持し、それらを選択できます。ただし、前に説明するよう、保留は、オンプレミスのユーザーには適用されません。

よく寄せられる質問

オンプレミスのユーザーのクラウド ベースのメールボックスはどこですか。

クラウド ベースのメールボックスが作成され、 Office 365の組織に同じデータ センターに保存されています。

サポート リクエストを送信する以外の他の要件はありますか。

説明したようはOffice 365の社内ユーザー アカウントごとに対応するメールのユーザー アカウントが作成されるようにオンプレミスのメールボックスでのユーザー id クラウド ベースの組織に同期する必要があります。さらに、組織には、 Office 365 Enterprise E1、E3、または E5 サブスクリプションなど、 Office 365 enterprise サブスクリプションが必要です。

クラウドに移行するユーザーの内部設置型のメールボックスを移行する場合は、チームのチャットのデータを維持したままのリスクはありますか。

違います。オンプレミス ユーザーのプライマリ メールボックスをクラウドに移行する場合、そのユーザーのチーム チャット データは新しいクラウド ベース プライマリ メールボックスに移行されます。

オンプレミスのユーザーに、電子情報開示保留または Office 365 のアイテム保持ポリシーを適用できますか。

いいえ。

古いチーム チャット オンプレミス ユーザーの時間の前に自分の所属組織コンテンツ検索の検索がこの機能を有効にする、出席依頼を送信することができますか。

Microsoft は、2018 年 1 月 31日のオンプレミス ユーザーのチーム チャット データを格納を開始します。そのため、オンプレミス チームのユーザーの id は、日から Active Directory とAzure Active Directoryの同期されているはチーム チャット データによってクラウド ベースのメールボックスに保存するし、コンテンツの検索を使用して検索がられます。Microsoft は、クラウド ベース内部設置型のユーザーのメールボックス、2018 年 1 月 31 日より前に、チームのチャット データを格納する方法についても操作します。詳細については、すぐに使われます。

先頭に戻る

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×