Office 365 でデータ ガバナンスを管理する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ ガバナンスは、必要なときにデータを維持し、不要になったら削除する作業のすべてに関係します。Office 365 のデータ ガバナンスを使うと、最初にデータをインポートして保存してから、コンテンツを維持して最終的に完全に削除するポリシーの作成まで、コンテンツの完全なライフサイクルを管理できます。

Import

オンプレミスのサーバーやサード パーティ製のアプリなど、クラウドの外部にデータが保存されている場合があります。インポート サービスを使うと、ネットワーク経由で直接アップロードしたり、暗号化されたドライブを Microsoft に送付することにより、メッセージ、SharePoint、OneDrive for Business のデータを Office 365 に取り込むことができます。また、インポート サービスのインテリジェント インポート機能を使うと、PST ファイル内のアイテムをフィルター処理して、インポート先のメールボックスに実際にインポートされるアイテムを指定できます。

I: ストアのデータを制御します。

データをインポートした後は、記憶域の拡張が必要な場合があります。Office 365 の無制限アーカイブ機能 (自動拡張アーカイブと呼ばれます) は、アーカイブ メールボックスで容量無制限の記憶域を提供します。

ポリシーとコンテンツを保持するラベルを作成する II を制御するには。

アイテム保持ポリシーを使うと、コンテンツを必要な期間は確実に保持し、それを過ぎたら保持しないようにすることで、業界の規制や社内のポリシーにあらかじめ準拠することができます。1 つのアイテム保持ポリシーで、組織全体に対応できます。さらに、ラベルを使うと、組織全体のデータをガバナンス用に分類し、その分類に基づいてアイテム保持ルールを適用することにより、ファイル計画を実装することができます。

元従業員のメールを保持する III を制御するには。

組織を離れると、ユーザーを無効になっているメールボックスを作成して、自分のメールを保持できます。メールボックスを無効になっていると、訴訟、 Office 365アイテム保持ポリシー、または、その他の種類の保留が適用されるになり、対応するOffice 365ユーザー アカウントを削除し、します。非アクティブが行われた前に、メールボックスに配置された保留またはアイテム保持ポリシーの指定した期間、無効になっているメールボックス内のアイテムが保持されます。

モニター

監督機能を使うと、内部または外部のレビュー担当者が調査できるように、組織内のメールおよびサードパーティの通信をキャプチャするポリシーを定義できます。レビュー担当者は、これらの通信を分類し、組織のポリシーに準拠しているかどうかを確認して、必要な場合は不審な内容をエスカレーションすることができます。

ラベルに適用されているコンテンツが意図したとおりを監視するのにデータのガバナンス レポートやラベル アクティビティ エクスプ ローラーを使用することもできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×