Office 365 でディレクトリの同期状態を表示する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

オンプレミスの環境と Office 365 を同期することによってオンプレミスの Active Directory と Azure AD を統合している場合、同期の状態を確認することもできます。

  • Office 365 管理センター にサインインし、ホーム ページの [DirSync の状態] を選択します。

  • あるいは、[ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に進み、[アクティブなユーザー] ページで [詳細]、[ディレクトリ同期] の順に進みます。

    [ディレクトリ同期] ウィンドウで、[DirSync 管理に進む] を選択します。

  1. Office 365 管理センター にサインインし、左側のナビゲーションで [ユーザー]、[アクティブなユーザー] を選択します。

  2. [アクティブなユーザー] ページで、[Active Directory 同期] の横にある [管理] を選びます。

ディレクトリ同期の管理] ページの情報

次の表は、ページ上の情報を確認する機能を一覧表示します。

ディレクトリ同期に問題がある場合、このページにもエラーが一覧表示されます。発生するさまざまなエラーに関する詳細については、「Office 365 でディレクトリ同期エラーを確認する」を参照してください。

項目

目的

確認済みドメイン数

自分で確認した Office 365 テナント内のドメインの数です。

未確認ドメイン数

自分で追加したが確認していないドメインの数です。

ディレクトリ同期有効化済み

True または False です。ディレクトリ同期を有効にしてあるかどうかを示します。

最新ディレクトリ同期

最後に実行されたディレクトリ同期の日時です。3 日より前の場合は警告とトラブルシューティング ツールのリンクが表示されます。

パスワード同期有効化済み

True または false を指定します。内部設置型と、 Office 365テナント間、パスワード ハッシュ同期があるかどうかを指定します。

最新パスワード同期

前回パスワード ハッシュの同期を実行します。表示されます警告リンク トラブルシューティング ツールに 3 日以上前に、最後に同期場合。

ディレクトリ同期クライアントのバージョン

Azure AD Connectの新しいバージョンがリリースされている場合は、ダウンロード リンクに含まれています。

IDFix ツール

ローカル Active Directory の確認に使えるツールである IDFix のダウンロード リンクです。

ディレクトリ同期サービス アカウント

Office 365 ディレクトリ同期サービス アカウントの名前が表示されます。

関連項目

Office 365 のディレクトリ同期を設定します。

Office 365 のディレクトリ同期の問題を解決する

Office 365 のディレクトリ同期をオフにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×