Office 365 での無制限アーカイブの概要

Office 365 のアーカイブ メールボックスは、ユーザーに追加のメールボックス記憶領域を提供します。ユーザーのアーカイブ メールボックスを有効にすると、最大 100 GB の追加記憶域を使用できます。100 GB の記憶域クォータに達したときは、Microsoft に問い合わせてアーカイブ メールボックス用の追加記憶領域を要求する必要がありました。このようなことはもうなくなります。Office 365 の新しい無制限アーカイブ機能は (自動拡張アーカイブと呼ばれます)、アーカイブ メールボックスで容量無制限の記憶域を提供します。アーカイブ メールボックスの記憶域クォータに達した場合、Office 365 はアーカイブのサイズを自動的に増やします。これにより、ユーザーはメールボックスの記憶領域を使い切ることがなくなり、管理者はアーカイブ メールボックス用の追加記憶域を要求する必要がなくなります。

自動拡張アーカイブを有効にする詳しい手順については、「Office 365 で無制限アーカイブを有効にする」を参照してください。

注: アーカイブ自動拡張では、共有メールボックスもサポートします。共有メールボックスのアーカイブを有効にするには、Exchange Online プラン 2 ライセンスを使用するか、または Exchange Online プラン 1 ライセンスを Exchange Online Archiving ライセンスと一緒に使用する必要があります。

自動拡張アーカイブのしくみ

前に説明したように、ユーザーのアーカイブ メールボックスが有効になっていると、追加のメールボックス記憶領域が作成されます。自動拡張アーカイブを有効にすると、Office 365 は定期的にアーカイブ メールボックスのサイズを確認します。アーカイブ メールボックスが記憶域の制限に近づくと、Office 365 はアーカイブに対する追加の記憶領域を自動的に作成します。ユーザーがこの追加記憶領域を使い切ると、Office 365 はユーザーのアーカイブの記憶領域をさらに追加します。この処理は自動的に行われるので、管理者は追加のアーカイブ記憶域を要求したり、自動拡張アーカイブを管理したりする必要はありません。

処理の概要は次のとおりです。

自動拡張アーカイブ プロセスの概要
  1. ユーザーのメールボックスまたは共有メールボックスに対してアーカイブが有効になります。100 GB の記憶領域で、アーカイブ メールボックスが作成されます。

  2. 管理者がメールボックスの自動拡張アーカイブを有効にします。次に、アーカイブ メールボックス ([回復可能なアイテム] フィルダーを含む) が 90 GB に達すると、自動拡張アーカイブに変換されて、Office 365 はアーカイブに記憶領域を追加します。追加の記憶領域がプロビジョニングされるには、最大 30 日かかる場合があります。

  3. Office 365 は、必要に応じて自動的にアーカイブにさらに記憶領域を追加します。

先頭に戻る

追加のアーカイブ記憶領域に移動されるもの

自動拡張アーカイブ記憶域を効率的に使用するため、フォルダーが移動されることがあります。Office 365 は、アーカイブに記憶域を追加するときに、移動するフォルダーを決定します。フォルダーが移動されると、Outlook のフォルダー一覧のアーカイブ部分の元のフォルダーの下にサブフォルダーが自動的に作成されます。この新しいサブフォルダーは、移動されたアイテムを参照します。Office 365 は、このフォルダーに <フォルダー名>_yyyy (作成日: mmm dd, yyyy h_mm) という名前を付けます。

  • yyyy は、フォルダー内のメッセージが受信された年です。

  • mmm dd, yyyy h_m は、Office 365 によってサブフォルダーが作成された日時 (UTC 形式) であり、Outlook でのユーザーのタイム ゾーンと地域の設定に基づきます。

次のスクリーンショットは、メッセージが自動拡張アーカイブに移動される前と後のフォルダー一覧です。

追加記憶域が追加される前

自動拡張アーカイブがプロビジョニングされる前のアーカイブ メールボックスのフォルダー一覧

追加記憶域が追加された後

自動拡張アーカイブがプロビジョニングされた後のアーカイブ メールボックスのフォルダー一覧

先頭に戻る

自動拡張アーカイブ内のアイテムにアクセスするための Outlook の要件

自動拡張アーカイブに保存されているメッセージにアクセスするには、ユーザーは次のいずれかの Outlook クライアントを使う必要があります。

  • Windows 版 Outlook 2016

  • Outlook on the web

  • Outlook 2016 for Mac

注: Outlook 2013 ユーザーは、アーカイブ メールボックスにもともと保存されていたアイテムのみにアクセスできます。追加アーカイブ記憶域に移動されたアイテムにはアクセスできません。

Outlook または Outlook on the web を使って自動拡張アーカイブに保存されているメッセージにアクセスするときは、いくつかのことを考慮する必要があります。

  • 自動拡張記憶域に移動されたものも含め、アーカイブ メールボックスの任意のフォルダーにアクセスできます。

  • フォルダー自体を検索することによってのみ、追加記憶域に移動されたアイテムを検索できます。つまり、フォルダー一覧でアーカイブ フォルダーを選び、検索範囲として [現在の​​フォルダー] オプションを選ぶ必要があります。同様に、自動拡張記憶域内のフォルダーにサブフォルダーがある場合は、各サブフォルダーを個別に検索する必要があります。

  • 自動拡張アーカイブ内の Outlook のアイテム数および閲覧済み/未読数 (Outlook および Outlook on the web) は正しくないことがあります。

  • 自動拡張記憶域を参照しているサブフォルダー内のアイテムを削除することはできますが、フォルダー自体を削除することはできません。

  • [削除済みアイテムを復元] 機能を使って、自動拡張記憶域から削除されたアイテムを復元することはできません。

先頭に戻る

自動拡張アーカイブと Office 365 のその他の法令遵守機能

ここでは、自動拡張アーカイブと、Office 365 のその他の法令遵守およびデータ ガバナンス機能の間の機能について説明します。

  • 電子情報開示   コンテンツ検索やインプレース電子情報開示などの Office 365 の電子情報開示ツールを使うと、自動拡張アーカイブ内の追加記憶域も検索されます。

  • 保持   Exchange Online の訴訟ホールドや、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの電子情報開示ケースの保留リストと保持ポリシーなどのツールを使ってメールボックスを保留にすると、自動拡張アーカイブ内のコンテンツも保留になります。

  • メッセージング レコード管理 (MRM)   Exchange Online の MRM 削除ポリシーを使って期限切れのメールボックス アイテムを完全に削除した場合、自動拡張アーカイブにある期限切れアイテムも削除されます。

  • インポート サービス   Office 365 のインポート サービスを使うと、ユーザーの自動拡張アーカイブに PST ファイルをインポートできます。PST ファイルの最大 100 GB のデータをユーザーのアーカイブ メールボックスにインポートできます。

先頭に戻る

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×