Office 365 でのコンテンツの検索

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索の電子情報開示ツールを使用すると、 Office 365組織でメール、ドキュメント、インスタント メッセージなどのインプレース アイテムを検索します。これらのOffice 365サービス内のアイテムを検索するには、このツールを使用します。

  • Exchange Online のメールボックスとパブリック フォルダー

  • SharePoint OnlineサイトとOneDrive for Businessアカウント

  • Skype for Business のスレッド

  • Microsoft チーム

  • Office 365 のグループ

コンテンツの場所の数、コンテンツ検索を実行すると、検索のプロファイルで検索結果の見積もりの数が表示されます。簡単に検索条件に一致する多くのアイテムのあるコンテンツの場所などの統計情報を表示できます。検索を実行した後、結果をプレビューまたはローカル コンピューターにエクスポートできます。

目次

新しい検索を作成します。

検索結果をプレビューする

情報を表示して、検索の統計情報

検索結果をエクスポートする

詳細については、コンテンツの検索

新しい検索を作成します。

検索とプレビューを実行し、検索結果をエクスポートするコンテンツの検索ページへのアクセスを表示するには、管理者、法令遵守の責任者またはマネージャーの電子情報開示する必要がありますセキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示管理者の役割グループのメンバー詳細については、「 Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターでの電子情報開示権限を割り当てる」を参照してください。

  1. https://protection.office.com に移動します。

  2. Office 365メール アドレスとパスワードでサインインします。

  3. セキュリティ/コンプライアンス センターの] で [検索と調査>コンテンツ検索します。

  4. [検索] ページで、 追加アイコン 新しい検索の横の矢印をクリックします。

    新しい検索] ドロップダウン リスト

    以下のいずれかのオプションを選択できます。

    • ガイド付きの検索 このオプションは、検索の作成を案内するウィザードを起動します。コンテンツの場所を選択し、検索クエリを作成するには、ユーザー インターフェイスは、新しい検索オプションと同じです。

    • 新しい検索 このオプションは、新しい検索を作成するのには、更新されたユーザー インターフェイスを表示します。これは、新しい検索] をクリックすると、既定のオプションです。

    • ID] ボックスの一覧での検索このオプションを使用して、特定の電子メール メッセージやExchange Id のリストを使用して他のメールボックスのアイテムを検索できます。(検索対象とすると呼ばれる正式に)、ID] ボックスの一覧の検索を作成するを検索する特定のメールボックスのアイテムを識別するカンマ区切り (CSV) ファイルを送信します。 手順については、 CSV ファイル、ID のリストを Office 365 でのコンテンツの検索の準備を参照してください。

    この手順の残りの部分は既定の新しい検索ワークフローに従います。

  5. ドロップダウン リストで、新しい検索をクリックします。

  6. [検索] には、次の項目を指定します。

    キーワード、条件、および検索する場所を指定します。
    1. キーワードを検索するには   [キーワード] ボックスに検索クエリを入力します。キーワード、プロパティは、次のような送信され、日付、またはファイル名などのドキュメントのプロパティの文書の最終更新日を受信したメッセージを指定できます。ANDまたはしない、およびNEARなどの論理演算子を使用するより複雑なクエリを使用することができます。ドキュメント、または外部と共有されているドキュメントの検索で (社会保障番号) などの機密情報を検索することもできます。[キーワード] ボックスを空のままにする場合は、検索結果で指定されたコンテンツの場所にあるすべてのコンテンツに含まれています。

      または、各行にキーワードをキーワード リストの表示] チェック ボックスと種類を選択できます。これを行う場合は、各行のキーワードが作成される検索クエリでOR演算子の機能に次のような論理演算子 (c:s) によって接続されます。

      キーワード リストを使用する理由各キーワードと一致するアイテム数を示す統計情報を取得することができます。これは、最も有効な (および最も有効でない) キーワードをすばやく識別するのに役立ちます。行で (かっこで囲まれた) キーワード フレーズを使用することもできます。検索統計の詳細については、「コンテンツ検索結果のキーワード統計の表示」を参照してください。

    2. 条件   検索を絞り込むしより洗練された一連の結果を返すに検索条件を追加することができます。各条件は、KQL 検索クエリが作成され、検索を開始するときに実行するに句を追加します。条件が論理的に接続されている ([キーワード] ボックスで指定) キーワード クエリに、論理演算子 (c:c)および操作する機能に似ていますが、します。つまり、アイテムをキーワード クエリと、結果に含まれる 1 つまたは複数の条件を満たす必要があること。これは、結果を絞り込むに条件を使用する方法です。リストと検索クエリで使用できる条件の説明、キーワード クエリとコンテンツ検索の検索条件での検索条件] セクションを参照してください。

    3. 上の場所   コンテンツを検索する場所を選択します。

      • すべての場所   組織内のすべてのコンテンツの場所を検索するのにには、このオプションを使用します。これは、すべてのExchangeメールボックスがすべて無効になっているメールボックス、 Office 365のすべてのグループのメールボックス、メールボックスのすべてのMicrosoft チームなど、 Skype for Businessのすべての会話、( SharePointとOneDrive for Businessのすべてのサイトのメールが含まれますすべてのOffice 365グループ、 Microsoft チームサイト)、およびExchangeパブリック フォルダーをすべてのアイテム。

      • 特定の場所   コンテンツの特定の場所を検索するのにには、このオプションを使用します。特定のOffice 365サービスのすべてのコンテンツの場所を検索することができます (次のようなExchangeのすべてのメールボックスを検索するまたはSharePointのすべてのサイトを検索) か、表示されているOffice 365サービスのいずれかの特定の場所を検索することができます。

        ユーザー インターフェイスを検索するコンテンツの場所を選択するには

        ノートを検索Exchangeメールボックスのリストに配布グループを追加することもできます。配布グループ、グループ メンバーのメールボックスが検索されます。動的配布グループがサポートされていないことに注意してください。

      重要な:すべてのメールボックスの場所または単に特定のメールボックスを検索するときに、コンテンツ検索の結果をエクスポートするときにユーザーのメールボックスに保存する MyAnalytics やその他のOffice 365アプリケーションからのデータが含まれます。見積もりの検索結果でこのデータは含まれません、プレビューを表示することはできません。含まれているしてエクスポートすると、検索結果のダウンロードMyAnalytics からデータをエクスポートして他の Office 365 アプリケーション「詳細については、コンテンツの検索」のセクションを参照してください。

  7. 検索クエリをセットアップした後に、 [保存して実行をクリックします。

  8. [検索の保存] ページの検索および検索に役立つ説明 (オプション) の名前を入力します。検索の名前が、組織内で一意であることを確認します。

  9. 保存検索を開始する] をクリックします。

    保存して、検索を実行して、結果のウィンドウで、検索によって返される結果が表示されます。方法プレビューの設定を構成する必要がある、によって検索結果が表示することもにそれらを表示するのには、結果のプレビュー ] をクリックします。 詳細については、次のセクションを参照してください。

このコンテンツの検索をもう一度アクセスしたり、コンテンツの検索ページに記載されている他のコンテンツ検索のアクセス、検索を選択し、[開く] をクリックします。

結果をクリアする場合または新しい検索を作成するには、[ 追加アイコン 新しい検索] をクリックします。

先頭に戻る

検索結果をプレビューする

検索結果のプレビューの 2 つの設定があります。新しい新しい検索を実行するか、既存の検索を開くと後、は、次の設定のプレビューを表示するのには、個々 の結果をクリックします。

検索結果のプレビューの設定
  1. 自動的に結果をプレビュー表示   この設定は、検索、実行した後、検索結果を表示します。

  2. 手動で結果をプレビュー表示   この設定は、検索結果ウィンドウで、プレース ホルダーを表示し、検索結果を表示する] をクリックする必要がある [結果のプレビュー ] ボタンが表示されます。これは、既定の設定既存の検索を開いたときに自動的に、検索結果を表示することによって、検索のパフォーマンスを向上させることができます。

プレビューを表示する項目の数が利用に関連する制限があります。詳細については、 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターの検索の制限を参照してください。

プレビューできるサポートされているファイルの種類のリストは、「詳細については、コンテンツの検索」セクションの検索結果のプレビューを参照してください。プレビューを表示する、または文書のコピーをダウンロードするファイルの種類がサポートされていない場合は、元のファイルをダウンロードをローカル コンピューターにダウンロードする] をクリックすることができます。Web ページ、.aspx のページにアクセスする権限があるない場合、ページの URL が含まれています。

また、インデックスのアイテムがプレビューの使用できないことに注意してください。

先頭に戻る

情報を表示して、検索の統計情報

作成して、コンテンツの検索を実行すると、見積の検索結果の統計情報を表示できます。これには、検索結果から、コンテンツの場所で検索クエリに一致する項目の数や、アイテムを最大限に一致するコンテンツの場所の名前などのクエリの統計情報の概要が含まれます。1 つまたは複数のコンテンツ検索の統計情報を表示することができます。複数の検索の結果を比較して、検索クエリの有効性に関する意思決定にできます。

また、検索の統計情報とキーワードの統計情報を .CSV ファイルにダウンロードできます。これにより、Excel のフィルター機能や並べ替え機能を使用して結果を比較し、検索結果のレポートを準備できます。

検索の統計情報を表示するには。

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツの検索] ページで、[開く] をクリックし、[検索の統計情報を表示する] をクリックします。

  2. ページのフライアウトでクエリを開く] をクリックします。

  3. 個々 の結果のドロップ ダウン リストから[プロファイルの検索] をクリックします。

  4. 種類ドロップダウン リストでは、検索の統計情報を表示するに応じて、次のオプションのいずれかをクリックします。

    • 概要   コンテンツの場所の種類ごとに統計情報を表示が検索されます。検索クエリと一致する項目が含まれているコンテンツの場所の数の内容をこの検索結果の項目の総数とのサイズとします。これは、既定の設定です。

    • クエリ   検索クエリの統計情報が表示されます。コンテンツの場所に当てはまるクエリ統計情報の種類が含まれます、検索クエリの詳細情報の一部は該当する (示します全体の検索クエリに注意してください) に、項目の数を含むコンテンツの場所検索クエリと合計数とサイズおよび (で指定されたコンテンツの場所) が検出されるアイテムと一致する検索条件に一致します。インデックスのアイテム (部分的にインデックスが設定されたアイテムとも呼ばれます) の統計情報も表示されていることに注意してください。ただし、統計のメールボックスからの部分的にインデックスが設定されたアイテムのみが含まれます。SharePointとOneDriveから部分的にインデックスが設定されたアイテムは、統計情報は含まれません。

    • 上の場所   各検索されたコンテンツの場所で検索クエリと一致する項目の数の統計情報が表示されます。1,000 の一番上の場所が表示されます。

検索の統計情報の詳細については、コンテンツの検索結果を得るのためのキーワード統計の表示を参照してください。

先頭に戻る

検索結果をエクスポートする

検索が正常に実行すると、ローカル コンピューターに、検索結果をエクスポートすることができます。メールの結果をエクスポートするときに、PST ファイル、または個々 のメッセージ (.msg ファイル) としてはお使いのコンピューターにダウンロードできます。SharePointとOneDriveサイトからコンテンツをエクスポートする場合は、ネイティブの Office ドキュメントのコピーがエクスポートされます。その他のドキュメントやエクスポートされた検索結果に含まれているレポートもあります。検索結果のレポートと実際のアイテムではなくもエクスポートできます。

検索結果をエクスポートするには

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツの検索] ページで、[開く] をクリックし、[検索の検索結果をエクスポートする] をクリックします。

  2. ページのフライアウトで [検索結果のエクスポート] アイコンその他] をクリックし、[結果のエクスポート] をクリックします。検索結果のレポートをエクスポートすることも注意してください。

  3. [結果のエクスポート] ポップアップ ページの各セクションに入力します。スクロール バーを使用して、すべてのエクスポート オプションを確認してください。

詳細な手順とトラブルシューティングのヒントを参照してください。

先頭に戻る

詳細については、コンテンツの検索

コンテンツ検索の詳細については、次のセクションを参照してください。

コンテンツの検索制限

検索クエリの作成

OneDrive のアカウントを検索します。

Microsoft チームと Office 365 グループを検索します。

無効になっているメールボックスを検索します。

検索結果のプレビュー

部分的にインデックスが設定されたアイテム

MyAnalytics やその他の Office 365 アプリケーションからデータをエクスポートします。

コンテンツの検索制限

  • コンテンツ検索機能に適用される制限の説明については、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索を制限する」を参照してください。

  • すべての Office 365 組織が実行するコンテンツ検索について、Microsoft はパフォーマンス情報を収集しています。検索クエリが複雑になると、検索時間が長くなる可能性がありますが、検索時間が長くなる最も大きな要因は、検索するメールボックス数です。Microsoft は検索時間についてサービス レベル アグリーメントを提供していませんが、検索に含まれるメールボックス数に基づくコンテンツ検索の平均検索時間を次の表に示します。

    メールボックスの数

    検索の平均時間

    100

    30 秒

    1,000

    45 秒

    10,000

    4 分

    25,000

    10 分

    50,000

    20 分

    100,000

    25 分

さらに詳しい情報に戻る

検索クエリの作成

検索の論理演算子と検索条件を使用して、機密性の高い情報の種類と、組織外のユーザーと共有されているコンテンツを検索する検索クエリの作成の詳細については、キーワード クエリを表示し、検索条件コンテンツ検索のします。

キーワード リストを使用して検索クエリを作成する場合は、次の点に注意してください。

  • [キーワード リストの表示] チェック ボックスをオンにしてから、キーワードをそれぞれ別の行に入力し、各行のキーワード (またはキーワード フレーズ) が OR 演算子でつながれる検索クエリを作成する必要があります。単にキーワード ボックスにキーワードのリストを貼り付けるか、キーワードを入力してから Enter キーを押すと、OR 演算子でつながれません。キーワードのリストを追加する場合の正しくない例と正しい例を以下に示します。

    正しくない例

    キーワード リストの正しくない書式設定方法 (キーワード ボックスにリストを貼り付ける)

    正しい例

    キーワード リストの正しい書式設定方法 (チェック ボックスをオンにしてからリストを貼り付ける)
  • Excel ファイルまたはテキスト形式ファイルでキーワードまたはキーワード フレーズのリストを準備してから、キーワード リストに自分のリストをコピーして貼り付けることもできます。これを行うには、[キーワード リストの表示] チェック ボックスをオンにする必要があります。次に、キーワード リストの最初の行をクリックして、リストを貼り付けます。Excel またはテキスト ファイルの行はそれぞれ、キーワード リストの別の行に貼り付けられます。

  • キーワード リストを使用してクエリを作成した後は検索クエリを使用して、検索クエリの構文を意図したことを確認することをお勧めします。[クエリの詳細] ウィンドウに表示される検索クエリでキーワードで区切ったテキスト(c:s)します。 これは、論理演算子OR演算子に近い機能によって、キーワードが接続されていることを示します。同様に、検索クエリには、条件が含まれている場合、キーワードと条件で区切ったテキスト(c:c)します。 これは、論理演算子と同様の機能条件にキーワードが接続されていることを示します。演算子。キーワード リストと条件を使用する場合に発生する ([詳細] ウィンドウで表示) 検索クエリの例を示します。

    キーワード リストと条件を使って作成するクエリの例
  • コンテンツの検索を実行するとOffice 365は自動的にサポートされていない文字、論理演算子いない先頭のみ大文字可能性があります検索クエリを確認します。サポートされていない文字は、多くの場合は非表示、それを検索エラーが発生するや通常予想外の結果を返します。詳細については、サポートされていない文字がオンになっている、コンテンツ検索クエリのエラーをチェックするを参照してください。

  • 英語以外の文字 (中国語の文字) などのキーワードを含む検索クエリを使っている場合は、クエリ言語の国/地域 コンテンツ検索のクエリ言語の国/地域のアイコン ] をクリックし、検索の言語国カルチャ コードの値を選択します。既定の言語と地域がニュートラルことに注意してください。確認する方法をかどうかは、コンテンツ検索の言語の設定を変更する必要がありますか。特定のコンテンツの場所を検索する、英語以外の文字を含むが、検索結果が返されないいる場合、言語の設定が原因で可能性があります。

さらに詳しい情報に戻る

OneDrive のアカウントを検索します。

  • 組織内のOneDriveサイトの Url のリストを収集するには、組織内のすべての OneDrive 場所の一覧を作成するを参照してください。この記事では、このスクリプトOneDriveのすべてのサイトのリストを含むテキスト ファイルを作成します。このスクリプトを実行するには、 SharePoint Online管理シェルをインストールする必要があります。検索するそれぞれのOneDriveサイトに、組織の個人用サイトのドメインの URL を追加することを確認します。これは、ドメインを含むすべてのOneDriveです。たとえば、 https://contoso-my.sharepoint.comです。ユーザーのOneDriveサイトの URL の例を示します。 https://contoso-my.sharepoint.com/personal/sarad_contoso_onmicrosoft.comします。

    人のユーザー プリンシパル名 (UPN) を変更することも、そのOneDrive場所の URL を新しい UPN を適用する変更もされます。この場合、コンテンツの検索を変更するには、ユーザーの新しいOneDrive URL を追加して、古いを削除する必要があります。

さらに詳しい情報に戻る

Microsoft チームと Office 365 グループを検索します。

関連付けられているOffice 365または Microsoft チームのグループ メールボックスを検索することができます。 Microsoft チームはOffice 365グループの作成したら、ために、ファイルを検索する、非常に似ています。 どちらの場合も、グループやチーム メールボックスのみを検索します。グループやチームのメンバーのメールボックスが検索されます。それらを検索するには、具体的には、検索への追加があります。

Microsoft チームとOffice 365のグループ内のコンテンツを検索するときに、次の点に注意してください。

  • [ Microsoft チーム ] と [ Office 365 ] にあるコンテンツを検索するには、チームまたはグループに関連付けられているメールボックスとSharePointサイトを指定する必要があります。

  • Microsoft のチームまたは、 Office 365グループのプロパティを表示するのには、 Exchange OnlineでGet-UnifiedGroupコマンドレットを実行します。これは、チームまたはグループに関連付けられているサイトの URL を取得するに効果的な方法です。たとえば、次のコマンドをOffice 365シニア リーダーシップ チームという名前のグループの選択したプロパティが表示されます。

    Get-UnifiedGroup "Senior Leadership Team" | FL DisplayName,Alias,PrimarySmtpAddress,SharePointSiteUrl
    
    DisplayName            : Senior Leadership Team
    Alias                  : seniorleadershipteam
    PrimarySmtpAddress     : seniorleadershipteam@contoso.onmicrosoft.com
    SharePointSiteUrl      : https://contoso.sharepoint.com/sites/seniorleadershipteam
    

    注: Get-UnifiedGroup コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられているロール グループに属している必要があります。

  • ユーザーのメールボックスが検索されると、任意の Microsoft チームまたはOffice 365グループのメンバーであるユーザーは検索されません。同様に、Microsoft チームや、 Office 365 ] グループで、指定したグループのメールボックスと会のサイトのみを検索する場合は検索されます。メールボックスとのグループ メンバーのOneDrive for Businessアカウントが検索に追加する明示的にしない限りは検索されます。

  • Microsoft のチームまたは、 Office 365グループのメンバーの一覧を移動するには、プロパティを表示することができます、ホーム > グループOffice 365 管理センター内のページ。また、 Exchange Online PowerShell で、次のコマンドを実行することができます。

    Get-UnifiedGroupLinks <group or team name> -LinkType Members | FL DisplayName,PrimarySmtpAddress 

    注: Get-UnifiedGroupLinks コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられているロール グループに属している必要があります。

  • Microsoft チーム チャネルが含まれる会話は、Microsoft チームに関連付けられているメールボックスに保存されます。同様に、チャネルでメンバーが共有するファイルはチームの SharePoint サイトに保存されます。そのため、チャネルの会話やファイルを検索するには、Microsoft チーム メールボックスと SharePoint サイトをコンテンツの場所として追加する必要があります。

  • または、 Microsoft チーム ( 1xN チャットと呼ばれる) の [チャット] リストの一部の会話は、 Exchange Onlineチャットに参加するユーザーのメールボックスに格納されます。ファイルを共有したユーザーのアカウントのOneDrive for Businessチャットのユーザーと共有するファイルが格納されます。このため、チャットの一覧で、会話やファイルを検索するコンテンツの場所として、個々 のユーザーのメールボックスとOneDrive for Businessアカウントを追加する必要があります。

    注: Microsoft チームの [チャット] リストの一部の会話に参加するユーザーには、チャットの会話を検索するためにExchange Online (クラウド ベース) メールボックスが必要です。チャットのリストの一部の会話、チャット参加者のクラウド ベースのメールボックスに格納されているためにです。チャットの参加者には、 Exchange Onlineメールボックスを持っていない、チャットの会話を検索することはできません。たとえば、 Exchangeハイブリッド展開の場合は、オンプレミス メールボックスを持つユーザーありますMicrosoft チームの [チャット] ボックスの一覧に含まれる会話に参加すること。ただしこの例では、会話中にこれらのコンテンツは検索可能なため、ユーザーは、クラウド ベースのメールボックスを持っていません。

  • すべての Microsoft チームまたはチームのチャンネルには、ノートの作成およびコラボレーション用 Wiki が含まれています。Wiki コンテンツは、自動的に .mht 形式のファイルに保存します。このファイルは、チームのSharePointサイトでチームの Wiki データ ドキュメント ライブラリに保存されます。コンテンツ検索ツールを使用すると、Wiki を検索するには、コンテンツを検索するのに場所としてSharePointチームサイトを指定します。

    注: 2017 年 6 月 22日を上 (チームのSharePointサイトを検索する) 場合は、Microsoft チームまたはチャンネルの Wiki を検索する機能がリリースされました。Wiki ページを保存または更新された日付または後に使用可能な検索します。Wiki ページの最後の保存または更新日は、検索で利用できません。

  • 会議と電話Microsoft チームチャンネル内の情報は、通話、会議にダイヤルインしているユーザーのメールボックスに保存されます。これは、サマリーこれらのレコードを検索するコンテンツの検索を使用することを意味します。概要情報が含まれます。

    • 日付、時刻、終了時刻、および会議または通話の期間の開始

    • 日付と時刻を各参加者が参加しているか、会議または通話

    • 通話がボイス メールを送信します。

    • 不在着信したか、不在時の着信

    • 着信の転送は、次の 2 つの独立した通話で表される

    検索対象に使用する会議や通話の概要のレコードまでに 8 時間がかかることができますかを確認します。

    会議 の種類] フィールドに名前を付けて識別、検索結果では、会議の概要通話の概要は、通話として識別されます。さらに、チームのチャンネルと 1xN チャットの一部の会話は、 [種類] フィールドでIMとして識別されます。

    検索結果の種類] フィールドは、Microsoft チーム コンテンツの種類を識別します。
  • 種類email プロパティまたはメッセージの種類の検索条件を使用するには、特にMicrosoft チーム内のコンテンツを検索します。

    • 検索クエリの [キーワード] ボックスに、キーワード検索クエリの種類のプロパティを使用するには、 kind:microsoftteamsを入力します。

      種類: microsoftteams キーワードを使用して、チームのコンテンツを検索するには
    • 検索条件を使用してmicrosoftteamsの値を使用して、[メッセージの種類の条件を追加します。

      メッセージの種類の条件の使用に microsoftteams の値

      条件がAND演算子によって論理的にキーワード クエリに接続されていることに注意してください。つまり、アイテムがキーワード クエリと検索結果で返される検索条件に一致する必要があります。詳細については、キーワード クエリとコンテンツ検索の検索条件で「条件を使用するためのガイドライン」を参照してください。

さらに詳しい情報に戻る

無効になっているメールボックスを検索します。

コンテンツ検索で無効になっているメールボックスを検索できます。組織で無効になっているメールボックスのリストを移動するには、 Exchange Online PowerShell でGet-Mailbox -InactiveMailboxOnlyのコマンドを実行します。または、データの管理に移動できる > セキュリティ/コンプライアンス センターでは、[保持し、[その他ナビゲーション バーの省略記号 ] をクリックして >無効になっているメールボックスします。

次に示しているのは、非アクティブなメールボックスを検索するときの留意点です。

  • コンテンツ検索にユーザー メールボックスを含めた後に、そのメールボックスが非アクティブになった場合、非アクティブになってから検索を再実行すると、コンテンツ検索は非アクティブなメールボックスの検索を続行します。

  • 場合によっては、ユーザーは同じ SMTP アドレスを持つアクティブなメールボックスおよび非アクティブなメールボックスを所有している可能性があります。この場合、コンテンツ検索の場所として選択した特定のメールボックスのみが検索されます。つまり、検索にユーザーのメールボックスを追加する場合に、アクティブなメールボックスと非アクティブなメールボックスの両方が検索されることは想定できません。検索に明示的に追加したメールボックスのみが検索されます。

  • アクティブなメールボックスと同じ SMTP アドレスを使用してメールボックスを無効になっているしないようにすることを強くお勧めします。無効になっているメールボックスを復元またはアクティブなメールボックス (またはアクティブなメールボックスのアーカイブ) を無効になっているメールボックスの内容を復元して、[削除をお勧めを無効になっているメールボックスに現在割り当てられている SMTP アドレスを再利用する必要がある場合、無効になっているメールボックス。詳細については、次のトピックを参照してください。

さらに詳しい情報に戻る

検索結果のプレビュー

[プレビュー] ウィンドウでサポートされているファイルの種類をプレビューすることができます。ファイルの種類がサポートされていない場合、ファイルのコピーを表示するには、次のローカル コンピューターにダウンロードする必要があります。次のファイルの種類がサポートされ、検索結果] ウィンドウでプレビューすることができます。

  • .txt、.html、.mhtml

  • .eml

  • .doc、.docx、.docm

  • .pptm、.pptx

  • .pdf

また、次のファイル コンテナーの種類もサポートされています。プレビュー ウィンドウでは、コンテナー内のファイルの一覧を表示できます。

  • .zip

  • .gzip

部分的にインデックスが設定されたアイテム

  • メールボックス内の前に説明した、部分的にインデックスが設定されたアイテムが見積もりの検索結果に含まれているとSharePointとOneDriveから部分的にインデックスが設定されたアイテムは、見積の検索結果では含まれません。

  • 場合は、部分的にアイテム (ため、その他のメッセージまたはドキュメントのプロパティは、検索条件を満たす) クエリの検索、一致はインデックスの項目数の見積もりに含まれません。場合は、部分的に検索条件によって除外されるアイテムにも含まれません部分的にインデックスが設定されたアイテムの数でします。詳細については、コンテンツ検索のインデックスのアイテムを参照してください。

MyAnalytics やその他の Office 365 アプリケーションからデータをエクスポートします。

  • MyAnalytics (でどのようにユーザーの時間の自分のメールボックスのメールと予定表のデータに基づいて分析) などのデータと他のOffice 365アプリケーションからのデータは、(IPM 以外のサブツリー) でユーザーのクラウド ベースのメールボックス内の非表示の場所に保存されています。コンテンツの検索を実行すると、このデータは、クエリ統計学で、予測の検索結果に含まれていないし、プレビューは使用できません。ただし、検索の結果をエクスポートするときに、このデータがエクスポートされます。

  • MyAnalytics データとその他のOffice 365アプリケーションからのデータは、「その他の Office 365 データ」という名前のフォルダーにエクスポートされます。このフォルダーには、各ユーザーのサブフォルダーが含まれています。

さらに詳しい情報に戻るまたは先頭に戻る

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×