Office 365 でのコンテンツの検索で部分的にインデックスが設定されたアイテム

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターから自動的に実行しているコンテンツの検索には、検索を実行すると、見積の検索結果で部分的にインデックスが設定されたアイテムが含まれます。部分的にインデックス付きのアイテムは、 Exchangeメールボックスのアイテムをいくつかの理由で検索用にインデックスが完全にSharePointとOneDrive for Businessのサイト上のドキュメントです。Exchange、部分的にインデックスが設定されたアイテムを通常はファイルを含む、インデックスを作成できないファイルの種類の: 電子メール メッセージに追加されます。ここでは他のアイテムの検索用インデックスを作成することができない理由と検索を実行すると、一部のインデックス付きのアイテムとして返されます。

  • ファイルの種類が認識されないか、インデックス作成でサポートされていません。

  • 画像ファイルなど、有効なハンドラーせずに添付されたファイルがあるメッセージ部分的にインデックス付きのメール アイテムの最も一般的な原因です。

  • ファイルの種類はインデックス作成をサポートしていますが、特定のファイルでインデックス作成エラーが発生しました。

  • メール メッセージに添付されているファイルが多すぎます。

  • メール メッセージに添付されているファイルが大きすぎます。

  • Microsoft 以外のテクノロジでファイルが暗号化されています。

  • ファイルがパスワードで保護されています。

注: Office 365組織内にある部分的にインデックスが設定されたサイズでボリュームと 12% 以下でコンテンツを 1% 未満であります。ボリュームとサイズの違い理由より大きなファイルで、完全にインデックスを作成できないコンテンツを含むの可能性が高くです。

法的調査の組織が部分的にインデックスが設定された項目を確認する必要あります。ローカル コンピューターまたはOffice 365 Advanced eDiscoveryで分析のため、結果を準備するときに、検索結果をエクスポートする場合は、部分的にインデックスが設定されたアイテムを含めるかどうかを指定することもできます。詳細については、一部のインデックス付き Office 365 の電子情報開示内のアイテムの Investigatingを参照してください。

目次

検索用インデックスが作成されないファイルの種類

メッセージとドキュメントを一部のインデックス付きのファイルの種類は、検索結果に返されることができます。

部分的にインデックスが設定されたアイテムを検索結果に含める

部分的にインデックスが設定されたアイテムを検索結果から除外します。

コンテンツ検索でのメッセージのインデックス作成の制限

部分的にインデックスが設定されたアイテムの詳細について

検索用インデックスが作成されないファイルの種類

特定の種類のビットマップなどのファイルや MP3 ファイルに含まれているコンテンツ インデックスを作成することができます。その結果、 ExchangeとSharePoint検索インデックス サーバーでは、次の種類のファイルのフルテキスト インデックス処理を実行しないでください。これらの種類のファイルは、サポートされていないファイルの種類と見なされます。ファイルの種類をフルテキスト インデックス無効になっている、既定でかは、管理者権限があります。サポートされていないと、無効なファイルの種類のラベルがコンテンツを検索インデックス アイテム。前述のように、部分的にインデックスが設定されたアイテムは、検索を実行するときに、検索結果のセットに含めることが、ローカル コンピューターの場合に、検索結果をエクスポートまたはAdvanced eDiscoveryの検索結果を準備します。

サポートされるファイル形式および無効になっているファイル形式の一覧については、次のトピックを参照してください。

先頭に戻る

メッセージとドキュメントを一部のインデックス付きのファイルの種類は、検索結果に返されることができます。

部分的にインデックスが設定されたファイルの添付ファイルのあるすべてのメール メッセージまたは部分的にインデックスが設定されたSharePointのすべてのドキュメントが自動的に部分的にインデックスが設定されたアイテムとして返されます。その他のメッセージまたは電子メール メッセージ内のSubjectプロパティなど、ドキュメントのプロパティとTitleまたはAuthorドキュメントのプロパティのインデックスを作成し、検索対象に使用できるためです。たとえば、キーワード「財務」を検索戻ります部分的にインデックスが設定されたファイルの添付ファイルのあるアイテムまたはファイル名または文書のタイトルに電子メール メッセージの件名のキーワードが表示された場合。ただし、キーワード、ファイルの内容だけが表示されたら、メッセージやドキュメントとして返されます部分的にインデックスが設定されたアイテムをします。

同様に、部分的にインデックスが設定されたファイルの添付ファイルと、部分的にインデックスが設定されたファイルの種類のドキュメントのメッセージで、インデックスを作成し、検索可能なは、その他のメッセージまたはドキュメント プロパティは、検索条件を満たす場合に、検索結果に取り込まれます。メッセージのプロパティ検索用インデックスを作成するには、メッセージの本文の送受信の日付、送信者、受信者、添付ファイル、およびテキストのファイル名が含まれます。検索用インデックス付きの文書のプロパティには、作成したと修正後の日付が含まれます。ようにたとえメッセージの添付ファイルがある場合、部分的にインデックスが設定されたアイテムをメッセージ含まれます通常の検索結果にその他のメッセージまたはドキュメントのプロパティの値が検索条件に一致する場合。

セキュリティ/コンプライアンス センターの検索機能を使用して検索できるメールおよびドキュメントのプロパティの一覧については、「コンテンツ検索のキーワード クエリと検索条件」を参照してください。

先頭に戻る

部分的にインデックスが設定されたアイテムを検索結果に含める

組織の特定し、は何か、含まれると、特定の調査に関連しているかどうかを決定する部分的にインデックスが設定されたアイテムの詳細な分析を実行する必要があります。説明したようは、上コンテンツが検索され、その他の場所に部分的にインデックスが設定されたアイテムは、自動的に見積もりの検索結果に含まれています。検索結果をエクスポートまたはAdvanced eDiscoveryの検索結果を準備するときに、これらの部分的にインデックスが設定されたアイテムを追加するオプションがあります。検索結果をエクスポートまたはAdvanced eDiscoveryの準備をしているときに、部分的にインデックスが設定されたアイテムを含めるには、対象のアイテムが認識されない形式、暗号化されている、またはその他の理由のインデックス付きされなかったにオプションのいずれかを選択します。

部分的にインデックスが設定されたアイテムについて、次をしてください。

  • コンテンツの検索を実行すると総数と部分的にインデックスが設定されたアイテムを (検索クエリによって返される) のサイズが表示されますで、[詳細] ウィンドウで、検索の統計"インデックス"のアイテムとラベルが付いたとします。

  • 検索結果をエクスポートし、部分的にインデックスが設定されたアイテムを含めると、一部のインデックス付きの Exchange としてExchangeアイテムをダウンロードするためのオプションを選択した場合、顧客が配置されている、または個々 のメッセージの各メールボックスの別の PST ファイルにアイテムがエクスポートされます。メッセージをします。部分的にインデックスが設定されたSharePointアイテムは、 Uncrawlableという名前のフォルダーにエクスポートされます。

  • 結果をエクスポートする検索が、組織内の特定のコンテンツの場所またはすべてのコンテンツの場所の検索である場合は、検索条件に一致するアイテムが含まれているコンテンツの場所からインデックスのないアイテムのみがエクスポートされます。つまり、メールボックスまたはサイトで検索結果が見つからない場合、そのメールボックスまたはサイト内にあるインデックスのないアイテムはエクスポートされません。これは、組織内の多数の場所からインデックスのないアイテムをエクスポートすると、エクスポート エラーの可能性が高まり、検索結果のエクスポートおよびダウンロードにかかる時間が増加する可能性があるためです。

    検索のすべてのコンテンツの場所から、部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートするすべてのアイテムを返します (をキーワードを検索クエリから削除する) に検索を構成して、検索結果をエクスポートすると、部分的にインデックスが設定されたアイテムのみをエクスポート ( ] をクリックしてすべてアイテム、インデックス項目の一部を除く検索からこれらのアイテムを含む] で)。

  • 検索結果のすべてのメールボックスのアイテムを追加する場合、またはキーワードが指定されていないまたはのみ日付の範囲を指定する検索クエリの場合は、部分的にインデックスが設定されたアイテムを含む PST ファイルに部分的にインデックスが設定されたアイテムをコピーできません可能性があります。これは、通常の検索結果で、部分的にインデックスが設定されたアイテムなど、すべてのアイテムは自動的に含まれているためです。

  • 部分的にインデックスが設定されたアイテムをプレビューするのには使用できません。検索によって返される部分的にインデックスが設定されたアイテムを表示する検索結果をエクスポートする必要があります。

先頭に戻る

部分的にインデックスが設定されたアイテムを検索結果から除外します。

アイテムのインデックスは部分的に検索クエリの抽出条件を満たしていない場合は、検索結果で、部分的にインデックスが設定されたアイテムとして含まれているができません。つまり、アイテムは、検索結果から除外されます。たとえばとが含まれていないすべてのキーワードまたはプロパティのすべてのコンテンツを挿入するため、検索を実行します。クエリの日付範囲の条件を含めることはできます。部分的にインデックスが設定されたアイテムは、その日付範囲の外目に当たる、部分的にインデックスが設定されたアイテムとして含まれているできません。日付の範囲は、部分的にインデックスが設定されたアイテムを検索結果から除外するに効果的な方法です。

同様に、検索の結果をエクスポートするときに、部分的にインデックスが設定されたアイテムを追加する場合は、検索結果から除外された部分的にインデックスが設定されたアイテムはエクスポートされません。

電子情報開示ケースに関連付けられているクエリ ベースの保持を作成するときに、このルールに例外です。部分的にクエリに基づく保留をすべてを作成する場合は、インデックス付きのアイテムが保留中に配置されます。これには、検索クエリの抽出条件に一致しない部分的にインデックスが設定されたアイテムおよび日付範囲の条件を超えた場合があります部分的にインデックスが設定されたアイテムが含まれます。クエリに基づく向けに関する詳細情報を保持するには、 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター電子情報開示ケースを管理するを参照してください。

コンテンツ検索でのメッセージのインデックス作成の制限

次の表では、 Office 365でコンテンツ検索で、部分的にインデックスが設定されたアイテムとして返される電子メール メッセージのインデックス処理の制限について説明します。

インデックスSharePointドキュメントの制限のリストは、 SharePoint Online の検索制限を参照してください。

インデックスの制限

最大値

説明

添付ファイルの最大サイズ (Excel ファイルを除く)

150 MB

インデックス作成対象として解析されるメール添付ファイルの最大サイズ。この制限より大きい添付ファイルはインデックス作成対象として解析されず、そのようなファイルが添付されたメッセージはインデックスなしとしてマークされます。

注: 解析は、インデックス作成サービスが添付ファイルからテキストを抽出し、句読点やスペースなどの不要な文字を削除し、テキストを単語に分割して (トークン化と呼ばれます)、インデックスに保存するプロセスです。

Excel ファイルの最大サイズ

4 MB

サイトに存在するかメール メッセージに添付されていて、インデックス作成対象として解析される Excel ファイルの最大サイズ。この制限より大きい Excel ファイルは解析されず、そのようなファイルまたはファイルが添付されたメール メッセージはインデックスなしとしてマークされます。

添付ファイルの最大数

250

インデックス作成対象として解析される、メール メッセージに添付されたファイルの最大数。メッセージの添付ファイルが 250 個を超える場合は、最初の 250 個だけ解析されてインデックスが作成されますが、解析されなかった追加の添付ファイルがあるため、メッセージは部分的にインデックス付きとしてマークされます。

添付ファイルの最大の深さ

30

解析される入れ子になった添付ファイルの最大数。たとえば、メール メッセージに別のメッセージが添付されていて、添付されたメッセージに Word 文書が添付されている場合、Word 文書と添付されたメッセージにインデックスが作成されます。この動作は、最大 30 個の入れ子になった添付ファイルに対して行われます。

添付画像の最大数

0

メール メッセージに添付された画像はパーサーによってスキップされ、インデックスが作成されません。

アイテムの解析に費やされる最大時間

30 秒

インデックス作成対象のアイテムの解析に費やされる時間は最大 30 秒です。解析時間が 30 秒を超えると、アイテムは部分的にインデックス付きとしてマークされます。

最大パーサー出力

200 万文字

インデックスが作成されたパーサーからのテキスト出力の最大量。たとえば、パーサーがドキュメントから 800 万文字を抽出した場合、最初の 200 万文字についてだけインデックスが作成されます。

注釈トークンの最大数

200 万

メール メッセージがインデックス付けされると、各単語には、その単語のインデックス方法を指定する異なる処理命令の注釈が付けられます。処理命令の各セットは、注釈トークンと呼ばれます。Office 365 でのサービスの品質を維持するために、メール メッセージの注釈トークンは 200 万に制限されています。

インデックスの最大本文サイズ

6,700 万文字

メール メッセージの本文の文字数とそのすべての添付ファイルの合計数です。メール メッセージがインデックス付けされると、メッセージの本文およびすべての添付ファイルのすべてのテキストは 1 つの文字列に連結されます。インデックス付けされたこの文字列の最大サイズは、6,700 万文字です。

本文中にある一意のトークンの最大数

100 万

前に説明したとおり、トークンは、コンテンツから抽出したテキストの結果で、句読点とスペースが削除され、インデックスに保存される単語 (トークン) に分割されます。たとえば、"cat, mouse, bird, dog, dog" という語句には 5 つのトークンが含まれます。ただし、一意のトークンはこのうちの 4 つだけです。メール メッセージごとの一意のトークンは 100 万に制限されており、これにより、インデックスがランダムなトークンで大きくなりすぎることを防ぐことができます。

先頭に戻る

部分的にインデックスが設定されたアイテムの詳細について

  • 前述したように、メッセージとドキュメントのプロパティとそれらのメタデータはインデックスがあるためキーワード検索可能性があります結果を返すキーワード インデックス付きのメタデータに表示されない場合。ただし、同じキーワード検索キーワードが、サポートされていないファイルの種類のアイテムのコンテンツのみが表示された場合、同じアイテムを返さない可能性があります。この例では、項目が部分的にインデックスが設定されたアイテムとして返されます。

  • 検索クエリの抽出条件を満たす (および除外されませんでした) ために、検索結果に部分的にインデックスが設定されたアイテムが含まれている場合、そのできません部分的にインデックスが設定された見積もりの検索の統計情報の項目として含まれています。また、そのできません部分的にインデックスが設定されたアイテムに含まれて検索結果をエクスポートする場合。

  • ファイルの種類のインデックス作成がサポートされている、インデックスを作成できますが、部分的にインデックスが設定されたアイテムとして返されるファイルは、インデックス作成や検索のエラー。たとえば、非常に大きな Excel ファイルを検索する原因として考え部分的に成功した (インデックス付きは、最初の 4 MB)、ファイル サイズの制限を超えているために失敗します。この例では、同じファイルが部分的にインデックスが設定されたアイテムと、検索結果で返されることが考えられます。

  • Microsoft テクノロジを使用して暗号化添付ファイルはインデックスが、検索対象のことができます。Microsoft 以外のテクノロジを使用して暗号化ファイルが部分的にインデックスを作成します。

  • S/MIME で暗号化されたメール メッセージが部分的にインデックスを作成します。これには、暗号化されたメッセージ添付ファイルの有無にはが含まれます。

  • Information Rights Management (IRM) を使用して保護されているメッセージは、インデックスを作成され、検索クエリに一致した場合は検索結果に含まれます。

先頭に戻る

関連項目

Office 365 の電子情報開示で部分的にインデックスが設定されたアイテムを調べる

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×