Office 2016 for Mac の Insider スロー ビルドのリリース ノート

この記事では、Office 2016 for Mac の最新の Insider スロー ビルドの主要な変更をまとめています。これは、このビルドの各修正プログラムの包括的なリストではありません。そうではなく、皆様にお知らせしたい魅力的な新機能、重要な修正プログラム、および重大な問題のコレクションのようなものとお考えください。 

リリース ノート

2017 年 12 月 11 日に、Office 2016 for Mac の 12 月の機能更新プログラムのプレビュー、バージョン 16.8 (ビルド 17121002) を公開しました。

新機能

このリリースの新機能を表示するには、「Office Insider で利用できる新機能」を参照してください。

主要な修正プログラム

  • 今週は特に取り上げる修正プログラムはありません。 

既知の問題

バージョン 16.8 には、次の既知の問題があります。

  • Word 16.x Insider ファースト ビルドで EndNote アドインを使用する場合について、EndNote チームは互換性の問題を認識しており、解決に取り組んでいます。 詳細情報については、「EndNote: Word 2016 の Mac バージョン 16 の互換性を参照してください。

  • Word で Mendeley アドインを使用している場合は、Word 文書を開くときに次のメッセージが表示されることがあります。

Error Message_C3_2017101715537

  • Mendeley は互換性の問題を認識しており、修正プログラムの調査中です。詳細については、Mendeley サポート センターにアクセスしてください。

以前の更新プログラム

Insider ファーストおよび Insider スロー ビルドは、「Mac 向け Office Insider の更新履歴」の記事で追跡できます。 以前のスロー ビルドの追加の詳細については、以下で確認することができます。

2017 年 12 月 5 日に、Office 2016 for Mac の 12 月の機能更新プログラムのプレビュー、バージョン 16.8 (ビルド 17120501) を公開しました。バージョン 16.8 は主要な更新プログラムであり、これを皆様と共有できることを喜ばしく思っています。

新機能

このリリースの新機能を表示するには、「Office Insider で利用できる新機能」を参照してください。

主要な修正プログラム

  • Kerberos ベースの Web プロキシ サーバーを使用する組織では、Word、Excel、および PowerPoint を起動したときに、ユーザー名とパスワードを要求するプロンプトが数回表示されることがある問題を修正しました。

既知の問題

バージョン 16.8 (ビルド 17120501) には、次の問題があります。

  • Mendeley アドインを使用している場合は、Word 文書を開くときに次のエラーが表示されることがあります。

Error Message_C3_2017101715537

  • Mendeley は互換性の問題を認識しており、修正プログラムの調査中です。詳細については、Mendeley サポート センターにアクセスしてください。

  • Word 16.x Insider スロー ビルドで EndNote アドインを使用する場合について、EndNote チームは互換性の問題を認識しており、解決に取り組んでいます。 詳細情報については、こちらを参照してください。

2017 年 11 月 29 日、 スロー レベルに登録されている Office Insider の皆様にバージョン 16.8 (ビルド 17112902) をリリースしました。12 月の機能更新のプレビューであるこのビルドは、Office for Mac をご利用のお客様のための重要な更新プログラムです。これには、待ち望まれていた多くの改善と機能が含まれています。新機能に加えて、製品のアーキテクチャを更新しました。当初は通常よりもやや多くの問題がある可能性がありますが、問題が発生した場合は、フィードバックを送信してください。 

新機能とお知らせ

Word、Excel、および PowerPoint のサブスクライバーは、次の機能を利用できます。

  • OneDrive ファイルおよび SharePoint ファイルのリアルタイムの共同編集。

  • Excel の自動保存。変更内容は作業中に自動的に保存され、他のユーザーと共同編集しているときに、他のユーザーの変更内容を表示することができます。

  • 新しい [共有] メニューでは、OneDrive for Business または SharePoint に保存されているファイルを共有するのが簡単になりました。

  • PowerPoint のクイックスターターが Mac に導入されました。Bing のナレッジ グラフを利用したクイックスターターは、プレゼンテーションの概要を構築してデッキ作成プロセスを再構築し、選択したトピックの調査を支援します。

  • 新しいグラフの種類: ウォーターフォール、じょうご、ヒストグラム、パレート図、箱ひげ図、ツリーマップ、サンバーストを使えるようになりました。この 6 つのグラフを使うと、一般的な財務、統計、階層データをすばやく視覚化できます。

以下の機能は、すべてのユーザーが利用することができます。

  • Word、Excel、および PowerPoint の Visual Basic for Applications (VBA) を更新しました。Windows Office ユーザーが使用可能な追加のメソッド、プロパティ、オブジェクト、および列挙の一部が、Mac でも動作するようになりました。Mac と Windows オブジェクト モデルの間にはまだ違いがあるため、一部の要素では引き続き “このプラットフォームではサポートされていません” と表示されます。オブジェクト モデルの変更の詳細については、まもなく公開される予定です。

主要な修正プログラム

今後は、ユーザーから報告された問題の修正プログラムについてはここでお知らせします。

既知の問題

バージョン 16.8 (ビルド 17112902) には、次の問題があります。

  • Kerberos ベースの Web プロキシ サーバーを使用する組織では、Word、Excel、および PowerPoint を起動したときに、ユーザー名とパスワードを要求するプロンプトが数回表示されることがあります。この問題については調査中です。

  • Mendeley アドインを使用している場合は、Word 文書を開くときに次のエラーが表示されることがあります。

  • Error Message_C3_2017101715537

    Mendeley は互換性の問題を認識しており、修正プログラムの調査中です。詳細については、Mendeley サポート センターにアクセスしてください。

ご意見をお聞かせください

  • Word、Excel、PowerPoint、または OneNote では、アプリの右上隅にあるフィードバック ツールを使用して、問題の報告と提案を行うことができます。

    フィードバックの送信

  • Outlook で問題を報告するには、[ヘルプ]、[サポートへのお問い合わせ] の順にクリックします。

    [サポート問い合わせ先] オプションがあるヘルプ メニュー

    提案を送信する場合は、[ヘルプ]、[機能を提案] の順にクリックします。

  • Office 2016 for Mac の最新の Insider スロー ビルドかどうかを確認するには、「Mac 向け Office Insider の更新履歴」を参照してください。

  • 他の Insider とつながるには、Office Insider コミュニティにアクセスするか、Twitter でフォローしてください。

  • まだ Office Insider ではなく、Office Insider になりたい場合は、[ヘルプ]、[更新プログラムの確認]、[Office Insider プログラムに参加して、新機能をいち早くお試しください] の順にクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×