Office 2016 でウォーターフォール図を作成する

Office 2016 でウォーターフォール図を作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ウォーター フォール図に、実行中の合計値を加算または減算します。正または負の値の系列が初期値 (たとえば、純益) が影響を理解するために便利です。

列は、色に簡単にわかるように正負の数からです。最初と最後の値の列頻度水平軸、中間値の列は浮動中にします。この「場所」の理由により、ウォーター フォール図とも呼ばれるブリッジ グラフです。

Office 2016 for Windows のウォーターフォール図の画像

ウォーターフォール図の作成

  1. データを選択します。

    ウォーターフォール図のサンプルの作成に使用されるデータ
    上のウォーターフォール図の例を作成するために使用されたデータ
  2. [挿入]、[ウォーターフォール図または株価チャートの挿入]、[ウォーターフォール] の順にクリックします。

    ウォーターフォール図を挿入するリボン コマンドを示す画像

    [おすすめグラフ] の [すべてのグラフ] タブを使用して、ウォーターフォール図を作成することもできます。

ヒント: グラフの外観をカスタマイズするのには、デザインおよび [書式] タブを使用します。を次のタブが表示されない場合は、リボンに [グラフ ツールを追加するウォーター フォール図の任意の場所] クリックします。

[グラフ ツール] の [デザイン] タブと [書式設定] タブ

水平軸を基点に小計または合計を表示

データに小計または合計は、純利益などと見なされる値が含まれている場合は、"浮いたゼロで横軸に開始されるようにこれらの値を設定できます。

  • 書式設定]作業ウィンドウを開き、データ ポイントをダブルクリックし、[合計として設定] ボックスを確認します。

    Office 2016 for Windows で [合計として設定] オプションがオンになっている [データ要素の書式設定] 作業ウィンドウ

    注: 縦棒を 1 回クリックすると、データ ポイントではなくデータ系列が選択されます。

    縦棒を「浮いた」状態に戻すには、[合計として設定] チェック ボックスをオフにします。

    ヒント: データ ポイントを右クリックし、ショートカット メニューから [合計として設定] を選んで合計を設定することもできます。

コネクタの表示/非表示

コネクタは、それぞれの縦棒の終点とその次の縦棒の起点を接続して、図中のデータの流れをわかりやすく示します。

  • コネクタの線を非表示には、[データ系列の書式設定] 作業ウィンドウを開くにデータ系列を右クリックし、コネクタの線を表示する] ボックスをオフにします。

    Office 2016 で [コネクタ ラインの表示] チェック ボックスがオフになっている [データ要素の書式設定] タスク ウィンドウ

    再びコネクタを表示する場合は、[コネクタを表示] チェック ボックスをオンにします。

ヒント: グループ化、グラフのデータ ポイントのさまざまな種類のグラフの凡例:拡大縮小し、合計します。凡例エントリをクリックすると、グラフには、そのグループを構成するすべての列が強調表示します。

Excel 2016 for Macでウォーター フォール図を作成する方法を示します。

  1. データを選択します。

    ウォーターフォール図のサンプルの作成に使用されるデータ
    上のウォーターフォール図の例を作成するために使用されたデータ
  2. リボンの [挿入] タブの [ ウォーター フォール図のアイコン (ウォーター フォール アイコン) をクリックし、[ウォーター フォールを選択します。

    リボン上のウォーター フォール図

    注: グラフの外観をカスタマイズするのには、グラフのデザイン書式設定] タブを使用します。次のタブが表示されない場合は、ウォーター フォール図を表示するのには、リボン上の任意の場所] クリックします。

詳細については、ウォーター フォール図とその関数を使用してを参照してくださいこのブログ投稿ウォーター フォール図Excel チームによってします。目的の詳細については、その他の新しい種類のグラフこのブログで説明する投稿場合もあります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×