Office 内の文書やメールに機密ラベルを適用する

注: この機能を利用するには、Office 365 サブスクリプションが必要です。現在、Office Insiderにロールアウトされています。これは、管理者が機密ラベルを構成して機能を有効にしたユーザーや組織に対して使用できます。詳細については、この機密ラベルの概要を参照してください。

ファイルやメールに機密ラベルを適用して、組織の情報保護ポリシーに準拠した状態に保つことができます。

  1. [ホーム] タブの [秘密度] を選びます。

    Office アカウントが職場または学校のアカウントではない場合、秘密度は表示されません。

    サインインした Office アカウントに設定されている機密ラベルが見つからない場合、秘密度は使用できません。

    注: Office アプリケーションで使用できるようにするには、機密ラベルを Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで構成する必要があります。組織に Azure Information Protection ポータルで構成された機密ラベルがある場合は、移行する必要があります。

  2. 文書またはメールに適用する機密ラベルを選択します。
    組織で Web サイトを構成して、機密ラベルの詳細を確認するには、「詳細情報」オプションも参照してください。

機密ラベルを適用するとどうなりますか?

機密ラベルを適用すると、デバイス、アプリケーション、クラウド サービス間で共有されている場合でも、ラベル情報は文書またはメールと共に保持されます。また、機密ラベルを適用すると、組織の構成に応じて、次のように、文書またはメールに変更が加えられることがあります。

  • Information Rights Management を使用した暗号化が文書またはメールに適用されることがあります

  • ヘッダーまたはフッターが文書またはメールに表示されることがあります

  • 文書に透かしが表示されることがあります

機密ラベルの変更を正当化する

管理者は、機密ラベルをより高い機密性からより低い機密性に変更する前に、正当性を提供する必要があるポリシーを持つことができます。この構成では、機密性の低いラベルを選択するときに、正当な理由を選択するか、独自の情報を入力するように求められる場合があります。

注: 文書を開いたり、メール メッセージに返信または転送したりした後に、1 回だけ変更を正当化するように求められます。一度変更を正当化したら、そのドキュメントまたはメール メッセージを閉じて再度開くまでは、それ以降の変更を正当化する必要ありません。

Mac Word での正当性エクスペリエンスの機密ラベル ダウングレード

現在、機能はどこで入手できますか?

次の Office アプリケーションには、Office Insider プログラムを使ってプレビューで利用できる機密機能があります。

プラットフォーム

アプリケーション

可用性

Mac

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

Office Insider ファースト ビルド 16.19.18102000 以降で利用可能。

Android

Word、PowerPoint

Office Insider ビルド 16.0.11029.20010 以降で利用可能。

Excel

Office Insider に近日中に対応

Outlook

暦年 2018 年の末までに対応

iOS

Word、PowerPoint

Office Insider に近日中に対応

Excel

Office Insider に近日中に対応

Outlook

暦年 2018 年の末までに対応

Windows

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

Office Insider に近日中に対応

Web

Word、Excel、PowerPoint

発表予定

Outlook Web Access

発表予定

既知の問題

機密ラベルの適用は現在も Insider ファーストリングのプレビュー機能であるため、認識および取り組んでいる既知の問題がいくつかあります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×