スキップしてメイン コンテンツへ

Office ドキュメントで共同作業を行う

Microsoft Office を持っていないユーザーなど、他のユーザーと簡単に共同作業を行うことができるのは、ファイルの添付ファイルを送信する代わりにドキュメントへのリンクを送信することができるので、他のユーザーと簡単に共同作業を行うことができます。このような操作 Web 用 Officeは、添付ファイルを送信する代わりに、 Office メールの保存容量を節約でき、同じドキュメントの複数あるバージョンをまとめる手間がかかりません。

はじめにドキュメントを OneDrive に保存する

ドキュメントを OneDriveにアップロードして、共有します。

注: 学校や仕事用に Web 用 Office を使っている場合、こちらでチーム ライブラリと OneDrive for Business の詳細について参照いただけます。

リンクを送信するには、 Office プログラムウィンドウの上部にある [共有] をクリックします。

共有アイコンをクリックしているカーソル

送信したリンクを受信者がクリックすると、ブラウザーでドキュメントが開きます。

ドキュメントの共有を案内するメール

編集するには、 Web 用 Office プログラムで編集するコマンドをクリックします。

[ブックの編集] メニューの [Excel Online で編集]

Officeで他のユーザーと共同作業を行う

Office でファイルを編集しているときに、他のユーザーがファイルで作業していることを示す通知が表示されることがあります。 文書で共同作業を開始する特別なトリックはありません。 通常どおりに編集します。他のユーザーがドキュメントを編集している場合は、自分のプレゼンス情報が Office に表示され、そのユーザーが作業しているファイルの場所が示されます。

Word Online では、その文書で他の作成者がどこで作業しているか表示される

Office 2010、 Office for Mac 2011、またはそれ以降で操作できます。

注: 

  • Office はすべてのユーザーの変更を自動的に保存するため、[元に戻す] と [やり直し] コマンドが期待どおりに動作しないことがあります。

  • Excelでは、1人のユーザーが並べ替え順序を変更したり、データをフィルター処理したりすると、ブックを編集しているすべてのユーザーに対してビューが変更されます。 このため、他のユーザーがブックを編集しているときは、並べ替えやフィルター操作は注意して行ってください。

OneNoteで他のユーザーと共同作業を行う

ノートブックを他のユーザーが編集できるようにすると、友人と同時にノートブック上で作業できるようになります。 これは、ブレーンストーミング セッションやグループ プロジェクトなど、グループのメンバーから情報を集める場合に適しています。 ノートブックでは、wiki のように、すべてのユーザーが投稿できます。 誰が何を行ったかを表示でき、必要に応じてページを元のバージョンに戻すこともできます。

OneNote Online の複数の作成者

自分または他のユーザーが OneNote 2010 以降を使用している場合は、他のユーザーが同じノートブックを操作しているときに、OneNote デスクトップ、web、モバイルアプリケーションで作業することができます。 OneDriveでノートブックを共有できますが、 Excel、Word、PowerPoint の文書と同様ですが、 OneNote 2010 以降でもノートブックを共有することができます。

[ファイル] タブをクリックし、[情報] タブで、ノートブックの名前の下の [他のユーザーをこのノートブックに招待します] をクリックします。

関連項目

自動保存とは

以前のバージョンの Office ファイルを表示する

Word Online で文書の共同作業を行う

Excel ブックの共同編集を使用して同時に共同作業を行う

プレゼンテーションを他のユーザーと共同編集する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×