Office データ接続の概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

プログラムでのデータは、テキスト ファイル、ブック、データベースなど、外部データ ソースから取得できます。外部データ ソースは、一連の情報を検索、ログインする方法について説明し、外部データ ソースにアクセスするには、データ接続を使用するプログラムに接続されます。次のセクションでは、作業時間、他のアプリケーションのユーザーとの接続情報を共有する方法、およびデータへのアクセスのセキュリティを強化する方法、外部データ接続がについて説明します。

データ接続の基本を理解します。

外部データへの接続の主な利点は、繰り返しコピーしないでこのデータを定期的に分析できます。繰り返しデータをコピーすると、時間がかかり、エラーが発生しやすいことができる操作です。

Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc)、またはデータ ソース名 (DSN) ファイル (.dsn) で、接続情報を接続ファイル、またはブックのように保存できます。

プログラムには、 外部データを取り込む、データへのアクセスが必要です。ローカル コンピューター上にアクセスする外部データ ソースがない場合は、パスワード、ユーザーの権限、またはその他の接続情報のデータベースの管理者に連絡する必要があります。データ ソースがデータベースの場合は、データベースを排他モードで開いたがないことを確認します。データ ソースがテキスト ファイル、またはブックの場合は、テキスト ファイルまたは排他的アクセスに開いているブックに、他のユーザーがないことを確認します。

多くのデータ ソースは、ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーをプログラム、接続ファイルとデータ ソースの間でデータの流れを調整するためにも必要です。

次の図は、データ接続、重要な点をまとめたものです。

外部データへの接続

1 はさまざまなデータ ソースに接続することができます: Microsoft SQL Server、Access、Excel、およびテキスト ファイル。

2. それぞれのデータ ソースには、ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーが関連付けられています。

3. 接続ファイルは、データ ソースにアクセスしてデータを取得するために必要なすべての情報を定義します。

4. 接続情報は、接続ファイルからプログラムにコピーされます。

接続を共有します。

接続ファイルは、一定の接続を共有、接続を見つけられること、セキュリティの向上に役立つ、データ ソースの管理を促進することに特に便利です。接続ファイルを共有する最適な方法は、ネットワーク フォルダーやSharePointライブラリ、ユーザーが、ファイルを読み取ることができますが、ユーザーを指定したのみが変更できるよう、セキュリティと信頼できる場所に挿入するにはします。

データ接続ウィザードを使用して、新しいデータ ソースに接続する、または Excel を使って、Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) を作成できます。.Odc ファイルでは、ユーザー設定の HTML と XML タグを使用して、接続情報を格納します。簡単に表示または Excel でのファイルの内容を編集できます。

外部データ ソースを所有しているのと同じアクセスを付与するには、他のユーザーとの接続ファイルを共有できます。他のユーザーを接続ファイルを開く、データ ソースを設定する必要はありませんが、外部のデータが自分のコンピューターにアクセスするために必要な OLE DB プロバイダーまたは ODBC ドライバーをインストールする場合があります。

Microsoft データ アクセス コンポーネントを理解します。

データ アクセス コンポーネント (MDAC) 2.8 は、Windows Server 2003 および Windows XP SP2 に含まれて以降。MDAC に接続でき、さまざまなリレーショナルとそれ以外のデータ ソースからデータを使用します。開いているデータベース Connectivity (ODBC) ドライバーまたはOLE DBプロバイダーを使用して、さまざまなデータ ソースに接続することができます。でく組み込まれていると microsoft 同梱されているか、さまざまなサードパーティが開発しました。Microsoft Office のインストール時に、その他の ODBC ドライバーと OLE DB プロバイダーは、お使いのコンピューターに追加されます。

お使いのコンピューターにインストールされている OLE DB プロバイダーの一覧を表示するには、データ リンク ファイルからデータ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスを表示し、[プロバイダー ] をクリックします。

お使いのコンピューターにインストールされている ODBC ドライバーの完全な一覧を表示するには、 Odbc データベース] ダイアログ ボックスを表示し、[ドライバー ] タブをクリックします。

ODBC および OLE DB データベースの別の種類など、Microsoft のデータ ソース以外のソースからの情報を取得するのに ODBC ドライバーとその他の製造元の OLE DB プロバイダーを使用することもできます。これらの OLE DB プロバイダーまたは ODBC ドライバーをインストールする方法の詳細については、データベースのドキュメントを確認するか、データベースの製造元に問い合わせてください。

ODBC を使用してデータ ソースに接続するには

次のセクションでは、さらに詳しく開いているデータベース Connectivity (ODBC) について説明します。

ODBC アーキテクチャ

ODBC アーキテクチャでは、(プログラム) などのアプリケーションは、ODBC ドライバー マネージャーに順番に ([Microsoft SQL Server データベース) などのデータ ソースに接続する (Microsoft SQL ODBC ドライバー) などの特定の ODBC ドライバーを使用するを接続します。

接続情報を定義します。

ODBC データ ソースに接続するには、次の操作を行います。

  1. 適切な ODBC ドライバーがデータ ソースが含まれているコンピューターにインストールされていることを確認します。

  2. Microsoft Visual Basic コードで接続文字列を使用して、接続情報を渡す、Windows レジストリまたは .dsn ファイルを接続情報を格納するか、 Odbc データ ソースを使用してデータ ソース名 (DSN) を定義します。直接 ODBC ドライバー マネージャーにします。

    コントロール パネルを開き、データ ソースを定義する] をクリックしてシステムとセキュリティ > ODBC データ ソース (32 ビット)またはODBC データ ソース (64 ビット)

    さまざまなオプションについて詳しくは、各ダイアログ ボックスで、[ヘルプ] ボタンをクリックします。

マシン データ ソース

データ ソースのコンピューターでは、ユーザー定義の名前を持つ特定のコンピューターで Windows レジストリに接続情報を格納します。コンピューターのデータ ソースで定義されているコンピューターのみに使用できます。コンピューターのデータ ソースの 2 種類があります: ユーザーとシステムします。データ ソースのユーザーは、現在のユーザーのみで使用できるされ、そのユーザーにのみ表示されます。システムのデータ ソースは、コンピューター上のすべてのユーザーによって利用されるされ、コンピューター上のすべてのユーザーに表示されます。コンピューターのデータ ソースは、セキュリティの追加に役立つためことを確認してにログオンしているユーザーのみが、コンピューターのデータ ソースを表示できます別のコンピューターにリモートのユーザーによるコンピューターのデータ ソースをコピーすることはできませんするときに便利です。

ファイル データ ソース

ファイルのデータ ソース (DSN ファイルとも呼ばれます) では、接続情報を Windows レジストリではなく、テキスト ファイルに保存し、コンピューターのデータ ソースを使用するより柔軟な一般には、します。たとえば、一貫性のある正確な接続情報を使用しているコンピューターのすべてのアプリケーションが信頼できるように、適切な ODBC ドライバーをされているコンピューターにファイルのデータ ソースをコピーできます。または単一のサーバー上のファイルのデータ ソースの配置、多くのコンピューター、ネットワーク上の間で共有し、1 つの場所に接続情報を簡単に管理します。

ファイルのデータ ソースが共有こともできます。共有不能なファイルのデータ ソースを 1 台のコンピューターが格納されているし、コンピューターのデータ ソースをポイントします。共有不能なファイルのデータ ソースを使用して、ファイルのデータ ソースからコンピューターの既存のデータ ソースにアクセスすることができます。

ページの先頭へ

OLE DB を使用してデータ ソースに接続するには

ここでは、さらに詳しくオブジェクトのリンクと埋め込みデータベース (OLE DB) について説明します。

OLE DB のアーキテクチャ

OLE DB アーキテクチャでデータにアクセスするアプリケーションは (Publisher) などのデータのコンシューマーと呼ばデータへのネイティブ アクセスを有効にするプログラムが (Microsoft OLE DB プロバイダー用 SQL Server) などのデータベース プロバイダーと呼ばれます。

接続情報を定義します。

汎用データ リンク ファイル (.udl) には、データ コンシューマーを使用してデータ ソースの OLE DB プロバイダーを通じてデータ ソースにアクセスする接続情報が含まれています。接続情報を作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  • データ接続ウィザードでは、OLE DB プロバイダーのデータのリンクを定義するのにデータ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスを使用します。

  • .Udl ファイルの種類の空のテキスト ファイルを作成し、[データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスを表示すると、ファイルを編集します。

ページの先頭へ

データへのアクセスのセキュリティを強化します。

外部データ ソースに接続するデータを更新するときにセキュリティ上の問題の対応して、セキュリティ上の問題について何ができるかを知るには重要です。データを保護するのにには、次のガイドラインとベスト プラクティスを使用します。

データ接続を信頼できる場所に保存します。

多くの場合、データ接続ファイルには、データ ソースに 1 つまたは複数のクエリが含まれています。悪意のあるユーザーはこのファイルに置き換えることで、機密情報へのアクセスし他のユーザーに配布またはその他のある有害な操作を実行するクエリをデザインできます。このため、次のことを確認する必要は。

  • 接続ファイルが信頼できる個人で記述されています。

  • 接続ファイルがセキュリティで保護されたにあり、信頼できる場所に由来します。

セキュリティを強化するためには、外部データへの接続できない場合があります、コンピューターにします。ブックを開いたときに、データに接続するには、セキュリティ センター] バーを使用するか、信頼できる場所にブックを配置してデータ接続がアクティブにする必要があります。

詳細については、追加、削除、または信頼できる場所を変更追加、削除、または信頼できる発行元を表示、およびオプションとセキュリティ センターの設定を表示するを参照してください。

安全に資格情報を使用します。

通常、外部データ ソースにアクセスするには、ユーザーを認証するために使用される (など、ユーザー名とパスワード) 資格情報が必要です。これらの資格情報が安全性と安全な方法で提供するが、およびことが誤って公開しないでこれらの資格情報を他のユーザーに確認します。

強力なパスワードを大文字と小文字の英字、数字、および記号と特殊文字を使用します。パスワードには、以下の要素を共存させないです。強力なパスワードの例は、Y6dh! et5 します。弱いパスワードの例では、House27 です。パスワードには、8 文字以上の長さをする必要があります。14 以上の文字を使用するパス フレーズをお勧めします。

パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

データ ソースに接続すると、ログオン情報を保存しないようにします。ブックで、接続ファイルのテキストとしてこの情報を格納することがあり、悪意のあるユーザーがデータ ソースのセキュリティを脅かす情報にアクセスできます。

可能な場合は、Windows ユーザー アカウントを使用して、SQL Server に接続する Windows 認証 (セキュリティ接続とも呼ばれる) を使用します。Windows ユーザー アカウントを使用するユーザーが接続すると、SQL Server は、アカウント名とパスワードを検証するのに Windows オペレーティング システムで情報を使用します。Windows 認証を使用する前に、サーバー管理者は、この認証モードを使用する SQL Server を構成する必要があります。Windows 認証を使用できない場合は、ユーザーのログオン情報を保存しないようにします。ユーザーのログオン情報にログオンするたびに入力するためにより安全です。

ページの先頭へ

関連項目

Publisher にデータをインポートするのにデータ接続ウィザードを使用します。

データ接続ウィザードを使用して Word にデータをインポートするには

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×