Office クイック実行で OneDrive の同期クライアントの展開への変更

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

年 2017年 10 月から始めては変更するクイック実行でOffice 365 ProPlusまたはOffice 2016を使用する企業のお客様の以前のOneDrive for Businessの同期クライアントのインストールします。

  • Office 2016 のクイック実行の場合、以前の OneDrive for Business 同期クライアント (Groove.exe) は既定ではインストールされなくなります。組織が Setup.exe に対して Office 展開構成ファイルを用意している場合は、インストールから Groove を除外するようにファイルを更新する必要があります。

  • いないときに使用するまたは実行中の場合は、前のOneDrive for Business同期クライアント (Groove.exe) をアンインストールしない限り、: Groove (a) が 1 つまたは複数のSharePoint OnlineまたはSharePoint Serverライブラリの同期を既に構成されているかは、(b)"PreventUninstall"レジストリ キーの上に存在しますコンピューター。

既に 新しい OneDrive の同期クライアント (OneDrive.exe) を使用して OneDrive ファイルおよび SharePoint Online ファイルを同期している Office 365 のお客様は、この変更の影響を受けません。また、従来の Windows インストーラー (MSI) ベースの方法で、Office を展開した企業のお客様も、この変更の影響を受けることはありません。

注: 新しい OneDrive の同期クライアント (OneDrive.exe) は、Office 365 のお客様にお勧めのオプションです。ただし、以前の OneDrive for Business 同期クライアント (Groove.exe) は引き続き完全にサポートされ、OneDrive for Business または SharePoint Server のオンプレミスのインスタンスに使用されます (組織が Office 365 Business プランをサブスクライブしていない場合)。使用している OneDrive のバージョンを確認する方法

Groove.exe のインストールは行われなくなる

これらの変更がロール アウトされると、ユーザーがクイック実行によって Office 2016 をインストールするとき、以前の OneDrive for Business 同期クライアント (Groove.exe) は既定ではインストールされなくなります。組織が Setup.exe に対して Office 展開構成ファイルを用意している場合は、インストールから Groove を除外するようにファイルを更新する必要があります。

展開時に Groove を除外するには、構成ファイルに次の内容を追加します。

<Product ID="O365ProPlusRetail" >
    <Language ID="en-us" />
    <ExcludeApp ID="Groove" />
</Product>

構成オプションの詳細については、「Office 2016 展開ツールの構成オプション」を参照してください。

既定の動作をオーバーライドして、以前の OneDrive for Business 同期クライアントがインストールされ、インストールされた状態が維持されるようにするには、Groove.exe を除外しない構成ファイルを用意する必要があります。また、Groove.exe をインストールされた状態にしておく必要があるすべてのコンピューターに "PreventUninstall" レジストリ キーを設定する必要があります。これにより、プロセスでは Groove.exe はアンインストールされません。

使用していない場合に Groove をアンインストールする

Office アップグレード時には、各コンピューターでインストーラーが実行され、Groove.exe が現在使用されているかどうか、または "PreventUninstall" レジストリ キーが設定されているかどうかが検出されます。Groove.exe が使用中か、またはレジストリ キーが設定されている場合、Groove.exe は所定の場所に残ります。あるいは、Groove.exe が使用中でなく、レジストリ キーも設定されていない場合、Groove.exe はそのコンピューターから自動的にアンインストールされます。

アンインストールを防止するレジストリ キー

[HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Office\Groove] "PreventUninstall"=dword:00000001

これらの変更が影響を及ぼすユーザーとそのタイミング

以前の OneDrive for Business 同期クライアントを展開してオンプレミスの SharePoint ライブラリ、または Information Rights Management が有効にされているライブラリを同期している組織には、これらの変更が影響を及ぼします。

次の表に、これらの変更の影響を受ける Office インストールとそのタイミングについて詳細を示します。これらの変更はすべて、クライアントにまたがってロール アウトされる Office クライアント レベルの変更であり、テナント単位で有効にはなりません。

Office バージョン

インストールの既定値が変更される

Groove.exe がアンインストールされる場合がある

MSI (すべてのバージョン)

該当しない

該当しない

Office – コンシューマー SKU

該当しない

該当しない

Office 2013 クイック実行

該当しない

該当しない

Office 2016 クイック実行 - Office Insider チャネル

2017 年 9 月

2017 年 10 月開始

Office 2016 クイック実行 - 月次チャネル

2017 年 10 月

2017 年 11 月開始

Office 2016 クイック実行 – 半期チャネル (対象指定)

年 2018

年 2018年 4 月を開始します。

Office 2016 クイック実行 – 半期チャネル

年 7 月 2018

2018年 8 月を開始します。

Office チャネルの詳細については、「Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要」を参照してください。

シナリオにおいて Groove.exe が必要である場合 (たとえば、オンプレミスの SharePoint ファイルを同期する) を除いては、新しい既定値をそのまま使用して Office 2016 インストールから Groove.exe を除外することを強くお勧めします。

関連トピック

SharePoint サイトの [同期] ボタンの更新の詳細

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×