Office アプリでウィンドウのレイアウトを管理する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Word、 Excel、 PowerPointなどのOfficeアプリで作業ウィンドウは、作業中のアプリウィンドウの端にそれ自体を関連付けるウィンドウです。[図の書式設定] ウィンドウは、次の1つの例です。

Word でウィンドウの右側に固定されている [図の書式設定] ウィンドウ

作業ウィンドウのサイズを変更する

ウィンドウの内側の余白にマウスポインターが2方向の矢印になったら、クリックしてドラッグしてサイズを変更すると、ウィンドウの幅を広げることができます。

固定された作業ウィンドウの幅を変更できます。

作業ウィンドウをドックまたはドッキング解除する

既定では、作業ウィンドウはアプリウィンドウの端に "固定" されています。

ウィンドウを非ドッキングして、画面上の任意の場所に配置できるフローティングウィンドウにすることができます。

  1. ウィンドウのタイトルバーで、下向き矢印 ブックマークの下矢印 をクリックし、[移動] を選択します。

    ポインターが4方向矢印になります。

  2. クリックしてドラッグして、目的の場所にウィンドウを移動します。

    ドッキングされていない状態の [図の書式設定] ウィンドウ: フリーフローティングウィンドウ
  3. ウィンドウが十分に配置されているときにマウスを離します。

ウィンドウを閉じると、 Officeは最後のサイズと位置を記憶し、次に同じサイズと位置でウィンドウが開きます。

作業ウィンドウを再ドッキングする

フローティング作業ウィンドウを再ドッキングするには、タイトルバーをダブルクリックするだけです。ウィンドウは、既定の固定位置に戻ります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×