Office アプリが外部モニターに正しくないサイズまたはぼやけた状態で表示される

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

最終更新日: 8/13/2018

2017の以前のバージョンでは、Microsoft はアドレスPowerPointとSkype for Businessに関連する修正プログラムをリリースしました。サイズが間違っています。これらの修正プログラムに関する情報については、「 PowerPoint と Skype for Business が外部モニターに正しくないサイズで表示される」を参照してください。

ただし、複数のモニターがあり、外部モニターにプライマリモニターとは異なる画面解像度がある場合は、 Officeアプリケーションでもぼやけたテキストが発生する可能性があります。

Microsoftはこの問題を認識しており、Office 365 サブスクライバー向けのOfficeでのマルチモニターサポートの向上、 Office 2016のクイック実行のインストールに積極的に取り組んでいます。これらの機能強化には、Windows 10 アニバーサリー更新プログラム (バージョン 1607) 以降が必要です。

強化されたマルチモニターサポートにより、Office の更新プログラムを利用できる

Office アプリケーション

利用の可否

Office バージョンが必要 *

Word

既にリリースされている機能

バージョン1803。2018年3月27日リリース

Excel

既にリリースされている機能

バージョン1806。2018年6月25日リリース

PowerPoint

既にリリースされている機能

バージョン1803。2018年3月27日リリース

Outlook

すべての Office インサイダーで使用できるプレビュー

バージョン1807。2018 7 月25日にリリースされました

Skype for Business

既にリリースされている機能

バージョン1804。2018年4月25日リリース

Teams

既にリリースされている機能

2018年3月14日リリース

Visio

すべての Office インサイダーで使用できるプレビュー

バージョン1712。2018年1月17日リリース

* これらの機能強化には、Windows 10 アニバーサリー更新プログラム (バージョン 1607) 以降が必要です。

これらの機能を利用できるようになったらすぐに、 Office のインサイダーになるようにします。インサイダーは、新しい機能を毎月早期に把握し、Office チームが評価するのに役立つOffice 365サブスクライバーです。

回避策

改善されていない Office アプリケーションを使用している場合は、次の解決策が役立ちます。

  • 最新の Windows 版にアップグレードする :   Windows バージョン1803では、プライマリモニターでぼやけたアプリを修正できる新機能が導入されました (モニターを接続または切断した後にアプリを再起動する必要があります)。この機能を有効にする方法の詳細については、「Windows 10 でぼやけて表示されるアプリを修正する」を参照してください。windows 10 の更新方法については、「 windows 10 を更新する」を参照してください。

  • Windows からサインアウトします。   モニターを接続または切断した後、ノート pc をドッキングまたはアンドックしたり、ディスプレイのスケーリング設定を変更したりしても、アプリケーションがぼやけて見える場合は、Windows からサインアウトすると、この問題を解決できます。プライマリモニターのアプリケーションは、ログインし直した後、鮮明に見えます。

  • 表示設定を調整します。   [表示設定] ([スタート] メニュー、[設定]、[システム]) を開きます。次に、「テキスト、アプリ、その他のアイテムのサイズを変更する」を探し、モニターごとに調整して、すべてのモニターが同じ設定を使用するようにします。いくつかの設定を試して、自分にとって最適な外観を確認することをお勧めします。たとえば、プライマリモニターの推奨縮尺が 150% であり、セカンダリモニターの推奨縮尺が 100% の場合は、両方を 125% に設定してみてください。サインアウトしてから、最適な結果を得るには、サインインし直す必要があります。

今後の改善

アプリケーションで、画面ごとに異なる解像度を表示する方法を示す用語が 3 つあります。

期間

説明

拡大縮小を非認識

低解像度画面の場合にのみ、アプリは拡大縮小できます。

システムを認識

アプリケーションを開くときに、プライマリ画面のディスプレイ解像度に基づいて、アプリは自動的に拡大縮小します。(解像度が異なる) 追加の画面がシステムに接続されている場合、それらの画面に合わせてアプリの表示が拡大縮小されます。

各モニターを認識

接続されている各画面のディスプレイ解像度に合わせて、アプリは動的に拡大縮小されます。

Microsoftは、モニターの解像度に関係なく、これらのアプリケーションのテキストが鮮明になるように、 Officeアプリケーションをモニターごとに認識させるために使用しています。変更内容の普及によって、Office は、モニターに対応した改善をOffice 365サブスクライバーに配布し、 Office 2016のクイック実行インストールを行うことができます。Office 2016 MSI インストールでは、これらの機能強化を受けることはできません。

これらの機能を利用できるようになったらすぐに、 Office のインサイダーになるようにします。インサイダーは、新しい機能を毎月早期に把握し、Office チームが評価するのに役立つOffice 365サブスクライバーです。

詳細情報

この問題の詳細については、次のリンクを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×