スキップしてメイン コンテンツへ

Office の診断データ

ユーザーは、Office がセキュリティで保護され、適切に動作することを期待しています。 この期待にお応えするために、ユーザーがOfficeを使用する際に診断データを収集しています。これは、問題の発見と解決、脅威の特定と軽減に役立ち、動作改善につながります。 このデータには、名前、電子メールアドレス、ファイルの内容、Officeに関連しないアプリに関する情報は含まれません。

この短いビデオでは、Steve と Brian が、Office で診断データがどのように動作するかを説明します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ユーザーの管理下で

診断データには2つのレベルがあります:必須データ、およびオプションデータです。

注: 診断データには、EU一般データ保護規則の第4項で定義される「個人データ」が含まれている場合がありますが、名前、電子メールアドレス、またはファイルの内容は含まれていません。 MicrosoftがOfficeアプリケーションおよびサービスの使用中に収集するすべての診断データは、ISO / IEC 19944:2017のセクション8.3.3で定義されているように、匿名化されています。 

必須診断データ

必須診断データは、製品を安全に最新の状態に保ち、期待どおりに機能させるために必要な最小限のデータです。 たとえば、Officeアプリケーションがクラッシュした場合、クラッシュに関する特定の詳細情報(問題の診断と修正のための)が収集されます。  

Mac 上の Microsoft 自動更新は、インストールされている Microsoft のソフトウェア (Office、Edge、Defender、Intune、Skype for Business、または Remote Desktop など) を最新状態に保つために必要なデータを収集する必要があるサービスの一例です。 たとえば、ソフトウェアの更新が正常に完了しなかった場合、その問題をトラブルシューティングできるようにする必要があります。

必須の診断データの詳細については、「Office の必須診断データ」を参照してください。

オプション診断データ

オプションの診断データは、ユーザーが提供の可否を選択できるデータです。このデータは、製品の改善に役立ち、問題の診断と修正に役立つ拡張情報を提供します。 たとえば、PowerPointスライドの縮小版がレンダリングされるまでにかかる時間を提供いただくことで、その機能のパフォーマンスを向上させることができます。 オプションの診断データを送信することを選択した場合は、必須診断データに加えて収集されます。

オプションの診断データにはユーザーの同意が必要です。Office をインストールおよび設定するとき、または後で Office アプリの [アカウント プライバシー] 設定にアクセスして有効にすることができます。

オプションの診断データの詳細については、「Office のオプション診断データ」を参照してください。

アカウントプライバシーを使用して診断データ設定を選択する

重要: これは Microsoft Office バージョン 1904 以降に適用されます。

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Project、Visio の場合: 

  1. ファイル> アカウント> に移動し、アカウントのプライバシー設定の管理を選択します。

  2. 適当と思われる診断データのレベルを選択してください。

アカウント プライバシー、設定の管理ボタンが表示されたアカウントパネル

選択した設定は、Mac 上の Office など、使用している他のデバイスにもローミングされます。

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の場合:

  1. アプリケーションの [環境設定] に移動し (たとえば、[Word]、[ユーザー設定] の順に移動して)、[プライバシー] を選択します。

  2. 適当と思われる診断データのレベルを選択してください。

選択した設定は、Windows 上の Office など、使用している他のデバイスにもローミングされます。

注: 仕事用または学校用のアカウントでOfficeを使用している場合、管理者がどの設定を変更できるかを構成している可能性があります。

関連項目

Microsoft におけるプライバシー

Office で診断データ ビューアーを使用する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×