Office の診断データ

ユーザーは、Office がセキュリティで保護され、適切に動作することを期待しています。この期待に応えるために、Microsoft では、問題の検出と修正およびエクスペリエンスの向上に役立つ、Office 使用時の診断データを収集しています。また、お客様の意見を確実に受け取れるように、いつでもお客様がフィードバックを送信できる方法を用意しています。

収集される情報の内容とその理由

診断データは Microsoft に送信されます。Microsoft では、このデータを使用して、アプリケーションの問題の把握と修正、製品の安全性、最新の状態、および正常な動作の維持、Office の改善に役立てています。

このデータには、プログラム自体に関する情報、Office の適切な機能に関する情報、基本的なエラー データが含まれます。診断データに、お客様のドキュメントやメールの内容は一切含まれません。

診断データには、次の種類の情報が含まれます。

  • 使用中の Office のバージョン、および Office にインストールされており、かつ使用されているアドインの名前、バージョン、および発行元などの接続および構成データ

  • Office に更新プログラムの準備ができているかどうか、および更新プログラムを受信する機能を妨げる可能性がある要因があるかどうか

  • 更新プログラムのインストールに成功したかどうか

  • エラー レポート (デバイスで実行されている Office プログラムに関するデータ。たとえば、Word などのプログラムがハングまたはクラッシュした場合など)

  • 重要な機能の利用状況データを収集 (製品が正しく動作していることを確認するため)

  • Office の接続と構成に関するデータ

  • Office に関する診断ヘッダー情報を含む一般的なデータ

診断データには、欧州の GDPR の第 4 条で規定されている「個人データ」が含まれる場合があります。 Office アプリケーションとサービスの使用時に Microsoft が収集するすべての診断データは、ISO/IEC 19944:2017 の第 8.3.3 項の規定に従って仮名化されます。 

フィードバックをお待ちしています

Office の改善にご協力いただく方法については、「Microsoft Office に関するフィードバックを送信する方法」をご覧ください。

関連項目

Microsoft におけるプライバシー

Microsoft のプライバシーに関する声明

Windows のプライバシー

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×