Office の最新の翻訳ツールの機能の管理についての考慮事項

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 ProPlusのバージョンの 1710 リリースから始めて、クラウド ベースの Microsoft Translator のサービスでのみ動作しますモダンな翻訳ツールの機能セットを現在のクライアントの翻訳機能に置き換えるおしています。

管理者または IT Pro を展開して、組織内のOfficeの管理を担当、として可能性があります思うがこの変更が何を意味します。

翻訳ツールの概要

新しい変換機能では、ほとんどのお客様は、次のよう、いくつかの主な利点があります。

  • 元の言語は、自動的に検出されます。

  • 多言語のドキュメントはサポートされません。

  • ユーザーは、選択した単語、語句、および他のドキュメントの選択項目の翻訳を検索できます。

  • ユーザーは、翻訳を再現性の維持されますが、および書式を含むドキュメントに挿入できます。

  • ユーザーは、アプリで直接ドキュメントのオンデマンド翻訳のコピーを作成できます。

上記の一覧はサンプルのみであることに注意してください。シナリオまたはワークフローの相違点を対応するために、アプリで特定の機能と翻訳ツールの動作が異なります。

完全な 60 Microsoft Translator、およびその他の言語と翻訳の Microsoft ニューラル ネットワーク ベースでの電源を初期の 11 言語でサポートされている言語に既定のテキストの翻訳言語のサポートを向上するさらに、時間の経過に自動的に有効にします。

時間の経過よりネイティブ以外の言語で作業しているユーザーを支援するために翻訳ツールに追加機能を追加する可能性があります。

Office の翻訳機能への変更

従来の翻訳機能と比較して、最近翻訳ツールへの変更の機能のいくつかの損失があります。たとえば、モダンな翻訳ツールの最初のリリースでは、次のいずれかの操作できません。

  • 単語または語句がインストールされている二か国語辞書を使用してのオフラインまたはローカルの検索を実行します。

  • 単語の上にポイントしたときに、個別の単語を翻訳するのには、ミニ翻訳ツールを使用します。

  • ユーザー設定の翻訳サービス プロバイダーでは、内部設置型またはサード パーティのプロバイダーは、([リサーチ] ウィンドウ) で言語のペアごとに現在構成などを構成します。

  • 有効にするか、特定の言語または既定以外の言語の組み合わせを無効にします。たとえば、言語、またはその他の言語を有効にするのいずれかを無効にします。

Office で利用可能な翻訳機能を構成するのには管理者のアクションがかかることがあります。

Officeの新しいモダンな翻訳機能を使用する場合はこの変更の準備を実行するのには必要ありません。バージョン 1710、更新すると、翻訳ツールを使用できるされます。

より多くの時間が、この変更の準備をする場合、またはより、組織内で翻訳ツールを構成する場合は、次のオプションをする可能性があります。

  • ユーザーが新しい翻訳コマンドを簡単にアクセスしたい場合は、ユーザー設定したリボンを展開します。新しい変換機能が、従来の翻訳機能は、さまざまなツール バー コントロール Id (TCIDs) を使用することを確認します。

  • 引き続き新しいモダンな翻訳ツールの機能ではなく、既存の翻訳機能Office] を使用します。これは、最新のグループ ポリシー テンプレート ファイルのダウンロードを操作して、新しい翻訳機能の使用ポリシーの設定を有効にします。

  • 翻訳ツール、翻訳機能など、すべてのオンライン ベースの翻訳機能を無効にします。これを行うには、[グループ ポリシーを使用するオンライン機械翻訳を使わないポリシーの設定を有効にしてオンライン翻訳辞書を使用するポリシーの設定を無効にします。

翻訳機能のグループ ポリシー設定に関する追加情報

次の表は、翻訳機能に関連するグループ ポリシー設定に関する追加情報を提供します。

注: "Word"を示すパスとファイル名の一部がファクトでスローしません。設定がありますが、Excel、PowerPoint にも適用されます。

ポリシー設定の名前

説明

ADMX/ADML ファイル名

パス1

従来の変換機能を使用します。

このポリシーの設定では、Word などの Office アプリ、クラウド ベースの Microsoft Translator のサービスを使用して、翻訳機能ではなくの従来の翻訳機能を使用することができます。

従来の翻訳機能は次のとおりです。

  • ブラウザー ベースの二か国語ビューアーを使用して、文書全体の翻訳します。

  • [リサーチ] ウィンドウを使用して、選択したテキストの翻訳します。

  • ミニ翻訳ツールを使用して、単語の上にポイントしたときに各単語の訳します。

ときなど、追加の構成が必要な場合は、特別な従来の翻訳機能を使用する必要があります顧客翻訳プロバイダーを使用します。

このポリシーの設定を有効にした場合など、リボン、または、ショートカット メニューで、翻訳のコマンドは、翻訳機能ではなく、従来の翻訳機能を使用します。

無効にするか、このポリシー設定が構成されていない場合など、リボン、または、ショートカット メニューで、翻訳コマンドは、従来の翻訳機能ではなく、翻訳ツールの機能を使用します。

注: このポリシー設定は、アプリと翻訳ツールの機能をサポートするバージョンの Office 365 ProPlus などの Office にのみ適用されます。

Office

Microsoft Office 2016\Miscellaneous

オンライン機械翻訳2を使用しません。

このポリシーの設定を使用すると、オンライン機械翻訳サービスが、ドキュメントやリサーチ] ウィンドウでテキストの翻訳に使用されていることを防ぐことができます。

このポリシーの設定を有効にした場合は、ドキュメントと、[リサーチ] ウィンドウでテキストを翻訳するオンライン機械翻訳サービスを使用できません。

無効にするか、このポリシーの設定を構成されない場合は、[リサーチ] ウィンドウでテキストを翻訳するオンライン機械翻訳サービスを使用できます。

Word

Microsoft Word 2016\Miscellaneous

オンライン翻訳辞書3を使用します。

このポリシーの設定を使用すると、オンライン辞書が [リサーチ] ウィンドウでテキストの翻訳に使用されていることを防ぐことができます。

有効にするか、このポリシー設定した場合は、[リサーチ] ウィンドウでテキストを翻訳するオンライン辞書を使用できます。

このポリシーの設定を無効にした場合、[リサーチ] ウィンドウでテキストを翻訳するオンラインの辞書を使用できません。

Word

Microsoft Word 2016\Miscellaneous

1ユーザー構成 Templates\ とすべてのパスを開始します。

2下位互換性を保つのために、このポリシー設定が有効になっているが、「従来の翻訳機能を使用する」ポリシー設定が有効になって、最新の翻訳機能完全に無効になります、翻訳ツールがサポートされていないため、オフライン モードです。従来の翻訳機能を使用できますが、オンラインの機械翻訳せずに、このポリシーの設定と「従来の翻訳機能を使用する」ポリシー設定の両方を有効にします。

3このポリシー設定が有効になっている場合は、「従来の翻訳機能を使用する」ポリシー設定が有効になって翻訳ツールは純機械翻訳であり、翻訳辞書を使用していないために、モダンな翻訳機能に影響はありません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×