スキップしてメイン コンテンツへ

Office のファイルとメールに機密ラベルを自動的に適用または推奨する

機密情報 (社会保障番号、クレジットカード番号、銀行口座番号、国際電話番号など)が含まれている場合は、そのファイルまたはメールに機密ラベルを追加または自動適用するように、Office を構成することができます。識別. これにより、機密ラベルを手動で適用していない場合でも、ファイルとメッセージを組織の情報保護ポリシーに準拠された状態に保つことができます。

Officeで機密ラベルを自動的に適用または推奨する方法

さまざまな Office アプリやプラットフォームでこの機能を利用できるかどうかについては、「 Office アプリでの機密ラベルのしくみ」を参照してください。

Word、 Excel、PowerPoint

機密ラベルが自動的に適用される場合、ポリシーヒントには、適用されたラベルの名前と、管理者からのオプションのメッセージが表示されます。 [ OK]または [ X ] を選択して、ポリシーヒントを閉じます。

自動的に適用される秘密度ラベルのポリシーヒントのスクリーンショット

秘密度のラベルが推奨される場合は、推奨されたラベル名と、管理者からのオプションのメッセージを含むポリシーヒントが表示されます。 ラベルを適用するには [秘密度の適用] を選択します。または、[ X ] を選んで、ラベルを適用せずにポリシーヒントを閉じます。

推奨される秘密度ラベルのポリシーヒントのスクリーンショット

Outlook

自動および推奨される秘密度のラベル付けは、 Outlook for Windowsに近づいています。

Word、 Excel、 PowerPoint

機密ラベルが自動的に適用されると、適用されたラベル名のポリシーヒントが表示されます。 [ OK]または [ X ] を選択して、ポリシーヒントを閉じます。

自動的に適用される秘密度ラベルのポリシーヒントのスクリーンショット

秘密度ラベルが推奨される場合は、推奨されるラベルの名前のポリシーヒントが表示されます。 [今すぐ変更] を選んで推奨ラベルを適用するか、[ X] を選んでラベルを適用せずにポリシーヒントを閉じます。

推奨される秘密度ラベルのポリシーヒントのスクリーンショット

Outlook on the web

機密ラベルが自動的に適用される場合は、適用されたラベルの名前と共にヒントが表示されます。

自動的に適用される秘密度ラベルに関するヒントのスクリーンショット

秘密度のラベルが推奨される場合は、推奨されたラベルの名前の付いたヒントが表示されます。 [秘密度の変更] を選択して推奨ラベルを適用するか、[閉じる] を選択して、ラベルを適用せずにヒントを閉じます。

推奨される秘密度ラベルに関するヒントのスクリーンショット

次の場合、Office は自動的に機密ラベルを適用しません。

  • 秘密度ラベルは、ファイルまたはメールに手動で適用されています。

  • ファイルまたはメールには、自動的に適用されるラベルよりも高い感度のラベルが既に含まれています。

次の場合には、Office 機密ラベルは推奨されません。

  • ファイルまたはメールには、推奨されるラベルよりも同等またはそれ以上の感度を持つ機密ラベルが既に含まれています。

Officeが機密情報を検出する方法

  • Word、 Excel、 PowerPointでは、文書を開くときに自動的に検出が開始され、編集時にバックグラウンドで続行されます。

  • Outlook for Windowsでは、新しいメッセージを作成するとき、または既存のメッセージを返信または転送するときに、検出が自動的に開始されます。

  • Outlook on the webでは、メッセージの下書きが保存されると、検出が行われます。

注: この機能はOffice 365 サービスでデータを分析するため、データのセキュリティについて考慮する必要があります。 詳細については、「 Office で接続された環境」を参照してください。

要件

次の条件は、Officeが自動的に適用されるか、または秘密度ラベルを推奨するために満たされる必要があります。

制限事項

  • Officeでの自動感度の推奨される秘密度のラベル付け処理は、完了することが保証されていません。 Office は、機密情報が検出される前に、ユーザーがファイルを保存または閉じたり、メールメッセージを送信したりできないようにします。 

    その他のサポート対象として、管理者は、 Azure Information Protection スキャナーMicrosoft Cloud アプリケーションセキュリティを使用して、コンテンツの自動感度ラベルを設定する必要があります。

  • Excelでは、ブックのセル内のコンテンツのサブセットが評価用にサンプリングされ、そのサンプル以外の機密情報が失われることがあります。 たとえば、web の Excel では、サンプルの上限は 2 MB と2000のセルです。 このサンプルサイズを拡張して、ブックの詳細を説明しています。

  • 特定のオブジェクトに含まれる機密情報は検出されません。 たとえば、次のようなものがあります。

    • インク

    • 埋め込みファイル

    • ピボットテーブルや SmartArt などのセル以外のオブジェクト (Excel)

    • 数式または計算結果が含まれるセル (Excel)

    • コメント、ヘッダー、フッター、脚注、文末脚注、テキストボックス (web 用Word )

    • 図形と SmartArt (web 用Word )

    • メモ (PowerPoint)

  • 機密情報を開いたり編集したりするときに、ラベルが自動的に適用または推奨されるまでに時間がかかることがあります。 遅延の長さは、評価されるコンテンツの量とインターネット接続の速度によって異なります。また、数分間で終了することもあります。 今後、この遅延を減らすために努力しています。

関連項目

機密ラベルの自動適用または推奨される既知の問題

Office 内の文書やメールに機密ラベルを適用する

機密ラベルをコンテンツに自動的に適用する

Office アプリでの感度ラベルの機能

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×