Office のインストール時にエラー コード 30015-1011 と 30015-4 (1392) が表示されます

Office をインストールしようとすると、これらのエラーのいずれかが表示されることがあります。一般的な解決策から先に表示しているため、順番に実行してください。

オプション 1 - デバイスを再起動し、Office をもう一度インストールする

Office をインストールしようとしているコンピューターを再起動する必要があるため、ブラウザーでこの記事をブックマークし、簡単に戻れるようにします。

  1. 作業内容を保存し、開いているすべてのプログラムを閉じてから、コンピューターを再起動します。

  2. コンピューターが再起動したら、Internet Explorer などの Web ブラウザーを開き、Office に関連付けられているアカウントでサインインし、[インストール] を選択します。

Office を再インストールするには、インストールするバージョンを選択し、その手順に従います。

Office 365
Office 2019
Office 2016
Office 2013

オプション 2 - オフライン インストーラーを使って Office をインストールする

Office のオフライン インストーラーは、Office のインストール実行中に発生する可能性のあるプロキシ、ファイアウォール、ウイルス対策ソフトウェア、またはインターネット接続の問題を回避するのに役立ちます。

オフライン バージョンの Office をインストールする手順については、「Office のオフライン インストーラーを使う」を参照して、お使いの Office のバージョンに対応する正しいタブを選択します。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×