Office による高解像度ディスプレイのサポート

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

現在、多くの最新のディスプレイは、「高 DPI」と呼ばれています。つまり、画面の解像度が非常に高いということです。ただし、まだ古い、低 DPI の多くは、まだ使用中のモニターです。通常、これによって問題は発生しませんが、マルチモニターのセットアップ (高 dpi のノート pc をドッキングステーション経由で低 dpi の外付けモニターに接続するなど) を使用している場合は、Office アプリをディスプレイ間で前後に移動したときに、いくつかの厄介な表示の問題が

このような問題に対処するために、Microsoft office 2016 for Windows の機能を導入して、office アプリを高 DPI モニター間で前後に移動したときに、アプリケーションウィンドウを動的に拡大縮小して調整することができます。この機能は、既定では、Windows 10 の office 2016 と office 2019 でオンになっています。

注: この更新プログラムの改善は、office 365 サブスクライバーと、office 2016 と office 2019 のクイック実行のインストールで使用できます。利用可能になったときに初めて新しい改善にアクセスできるようにするには、 Office インサイダープログラムに参加します。さらに、この機能には Windows 10 アニバーサリー更新プログラム (1607) が必要です。

ヒント: 

アドインに関する問題を表示する

いくつかの例外的なケースでは、COM アドインなどの特定のサードパーティ製アドインを使用して、異様な表示動作が発生することがあります。埋め込まれたコントロール (マクロ、ボタン、ActiveX コントロールなど) を含むドキュメントを開くと、問題が発生することもあります。このような場合、次の問題がいくつか表示されることがあります。

  • アドインは間違った場所に描画されるか、正しくないサイズで描画します。

  • アドインの UI 要素 (ボタンやラベルなど) は、誤った場所に表示されます。

  • アドインの画像が小さすぎる、大きすぎる、または間違った場所に表示される

Windows April 2018 (1803) 更新プログラム

Windows April 2018 (1803) 更新プログラムでは、さまざまな DPI サポートモードで UI のさまざまな部分をアプリケーションで実行できるようにする機能が導入されました。これにより、Office はビットマップ伸縮を使用して、より互換性のあるモードでアドインを実行できるようになります。伸縮は、わずかにぼやけてしまうことがありますが、適切なサイズと位置に描画され、より使いやすいものになります。

Windows April 2018 (1803) の更新プログラムまたはそれ以降にアップグレードすることで、アドインに関する動的なスケーリングの問題を解決できる場合があります。最新の更新プログラムをダウンロードするには、「 Windows 10 10 月の更新プログラムを入手する」を参照してください。

Office 互換モードを使用する

表示設定を互換モードに変更することで、アドインの描画の問題を改善することもできます。Office の表示設定を変更するには、[ファイル]、[オプション]、[全般] の順に移動します。

  • 最適な外観に最適化する-これは、ほとんどのユーザーにとって推奨モードです。これは既定の設定です。Office アプリケーションは、モニター間を移動すると鮮明になりますが、以前のアドインや外部コードでは、レンダリングに問題がある可能性があります。

  • 互換性を最適化する-表示の問題が発生している場合は、このモードでは現在の Office アプリケーションの動的スケーリングは無効になります。動的スケーリングを無効にすると、アプリがセカンダリディスプレイに表示されたときに、アプリ全体のテキストが不鮮明になることがあります。

上記のいずれかを選択し、[ OK] をクリックします。変更を反映するには、アプリケーションを再起動する必要があります。

このコンピューターでは、この1つのアプリに対して表示設定が構成されることに注意してください。

注: ステータスバーには、異なる DPI 設定を使用して、複数のモニターシステムで Office が実行されているときに表示される "表示設定" インジケーターが表示されます。表示設定インジケーターをクリックすると、モードを切り替えることができます。設定を適用するには、アプリを再起動する必要があります。

関連項目

ご意見をお待ちしています。

この記事は、コメントの結果として 2018 11 月7日に Ben によって最終更新されました。役に立ちましたが、特にしていない場合は、以下のフィードバックコントロールを使用して、どのように改善することができるかをお知らせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×