Office で利用可能なグラフの種類

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel ワークシート、Word 文書、または PowerPoint プレゼンテーションでグラフを作成する場合には、さまざまな選択肢があります。対象のデータに適したグラフを使う場合でも、全グラフの一覧から選択したグラフを使う場合でも、グラフの種類についてひととおりの知識があると便利です。

ここをクリックすると、グラフの作成が始まります。

各グラフの説明については、次のドロップダウン リストからオプションを選んでください。

縦棒グラフには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。 次のグラフに示したように、縦棒グラフでは通常、横 (項目) 軸に沿って項目が表示され、縦 (数値) 軸に沿って数値が表示されます。

集合縦棒グラフ

縦棒グラフの種類

  • 集合縦棒グラフと 3-D 集合縦棒グラフ   

    集合縦棒グラフと 3-D 集合縦棒グラフ

    集合縦棒グラフでは、数値が 2-D の縦棒として表現されます。3-D 集合縦棒グラフでは、縦棒が 3-D 形式で表示されますが、第 3 数値軸 (奥行き軸) は使用されません。このグラフは、次のような対象を項目として表示する場合に使います。

    • さまざまな範囲の値 (項目数など)

    • 特定の配列の尺度 (たとえば、"強くそう思う"、"そう思う"、"どちらともいえない"、"そう思わない"、"まったくそう思わない" などの項目を持つリッカート尺度)

    • 順不同の名前 (項目名、地名、人名など)

  • 積み上げ縦棒グラフと 3-D 積み上げ縦棒グラフ   積み上げ縦棒グラフでは、数値が 2-D の縦棒として表現されます。3-D 積み上げ縦棒グラフでは、積み上げ縦棒が 3-D 形式で表示されますが、奥行き軸は使用されません。このグラフは、データ系列が複数あり、かつそれらの総計を強調したい場合に使用します。

    積み上げ縦棒グラフと 3-D 積み上げ縦棒グラフ

  • 100% 積み上げ縦棒グラフと 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフ    100% 積み上げ縦棒グラフでは、積み上げ合計が 100% になる 2-D の縦棒として数値が表現されます。3-D 100% 積み上げ縦棒グラフでは、縦棒が 3-D 形式で表示されますが、奥行き軸は使用されません。このグラフは、データ系列が 2 つ以上あり、かつ全体に対する各要素の寄与度を強調したい場合 (特に各項目の合計値が同じ場合) に使用します。

    100% 積み上げ縦棒グラフと 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフ

  • 3-D 縦棒グラフ    3-D 縦棒グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) が使われます。データ ポイントの比較は、横軸と奥行き軸に沿って行います。このグラフは、項目間とデータ系列間でデータを比較したい場合に使用します。

    3-D 縦棒グラフ

折れ線グラフには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。折れ線グラフでは、項目データが横軸に沿って等間隔に配置され、数値データが縦軸に沿って等間隔に配置されます。折れ線グラフでは、目盛が等間隔に配置された軸に沿って、時間的に連続するデータを表示することができます。そのため、月、四半期、年度など一定期間ごとのデータの傾向を示すのに適しています。

マーカー付き折れ線グラフ

折れ線グラフの種類

  • 折れ線グラフとマーカー付き折れ線グラフ   折れ線グラフでは、個々のデータ値を示すためのマーカーを表示することも非表示にすることもできます。どちらの場合も、時間など等間隔に配置された項目に関するデータの傾向を示すのに適しています。特に、データ要素が多い場合や、データ要素の表示順序が重要視される場合などに最適です。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーのない折れ線グラフを使用してください。

    折れ線グラフとマーカー付き折れ線グラフ

  • 積み上げ折れ線グラフとマーカー付き積み上げ折れ線グラフ   積み上げ折れ線グラフでは、個々のデータ値を示すためのマーカーを表示することも非表示にすることもできます。どちらの場合も、時間など等間隔に配置された項目に関する各値の寄与度の傾向を示すのに適しています。

    積み上げ折れ線グラフとマーカー付き積み上げ折れ線グラフ

  • 100% 積み上げ折れ線グラフとマーカー付き 100% 積み上げ折れ線グラフ    100% 積み上げ折れ線グラフでは、個々のデータ値を示すためのマーカーを表示することも非表示にすることもできます。どちらの場合も、時間など等間隔に配置された項目に関する各値の寄与率の傾向を示すのに適しています。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーのない 100% 積み上げ折れ線グラフを使用してください。

    100% 積み上げ折れ線グラフとマーカー付き 100% 積み上げ折れ線グラフ

  • 3-D 折れ線グラフ    3-D 折れ線グラフには、各行または各列のデータが 3-D の線として表示されます。3-D 折れ線グラフでは、変更可能な横軸、縦軸、奥行き軸が使われます。

    3-D 折れ線グラフ

    注: 

    • グラフ内にデータ系列が複数存在する場合には、折れ線グラフが最適です。データ系列が 1 つしかない場合は、散布図の利用を検討してください。

    • 積み上げ折れ線グラフでは、必要な結果にならない可能性があるデータを合計します。線が重なり合っていることがわかりにくい場合があるため、別の折れ線グラフの種類や積み上げ面グラフを使用することをお勧めします。

円グラフには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。円グラフでは、1 つのデータ系列における各項目が、全項目の総和に対する比率に応じたサイズで表示されます。円グラフのデータ ポイントは、全体に対する割合 (パーセンテージ) として表示されます。

円グラフ

次のような場合は、円グラフの使用を検討してください。

  • データ系列が 1 つしかない。

  • データ内の値がいずれも負の値ではない。

  • データ内の値に 0 がほとんどない。

  • 項目数が 7 以下で、そのいずれの項目も全体の一部分を表すものである。

円グラフの種類

  • 円グラフと 3-D 円グラフ   円グラフには、合計に対する各値の寄与度が 2-D 形式または 3-D 形式で示されます。円グラフの各要素を強調するため、それらを手動で分離することもできます。

    円グラフと 3-D 円グラフ

  • 補助円グラフ付き円グラフと補助縦棒グラフ付き円グラフ   補助円グラフ付き円グラフと補助縦棒グラフ付き円グラフでは、円グラフの 1 つの要素について、その内訳を見やすくするため、さらに補助的な円グラフまたは積み上げ縦棒グラフとして別途表示することができます。

    補助円グラフ付き円グラフと補助縦棒グラフ付き円グラフ

ドーナツ グラフには、ワークシートの列または行のどちらか一方に配列されたデータのみをプロットすることができます。ドーナツ グラフには、円グラフと同様に全体と部分との関係が示されますが、データ系列は複数存在してもかまいません。

ドーナツ グラフ

ドーナツグラフの種類

  • ドーナツ グラフ   ドーナツ グラフには、データがリング状に表示されます。各リングが 1 のデータ系列を表します。データ ラベルにパーセンテージが表示されている場合、各リングは全体で 100% になります。

    ドーナツ グラフ

    注: ドーナツグラフは読みやすいものではありません。代わりに、積み上げ縦棒グラフまたは積み上げ横棒グラフを使用することができます。

横棒グラフには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。 横棒グラフは、各項目を比較できる形で表示したものです。 横棒グラフでは通常、項目が縦軸に表示され、数値が横軸に表示されます。

横棒グラフ

次のような場合は、横棒グラフの使用を検討してください。

  • 軸ラベルが長い。

  • 表示する値が期間である。

横棒グラフの種類

  • 集合横棒グラフと 3-D 集合横棒グラフ   集合横棒グラフでは、横棒が 2-D 形式で表示されます。3-D 集合横棒グラフでは、横棒が 3-D 形式で表示されますが、奥行き軸は使用されません。

    集合横棒グラフと 3-D 集合横棒グラフ

  • 積み上げ横棒グラフと 3-D 積み上げ横棒グラフ   積み上げ横棒グラフでは、各項目と全体との関係が 2-D の横棒に示されます。3-D 積み上げ横棒グラフでは、横棒が 3-D 形式で表示されますが、奥行き軸は使用されません。

    積み上げ横棒グラフと 3-D 積み上げ横棒グラフ

  • 100% 積み上げ横棒グラフと 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ    100% 積み上げ横棒グラフでは、それぞれの項目について各値が合計に対して寄与する割合が 2-D の横棒で示されます。3-D 100% 積み上げ横棒グラフでは、横棒が 3-D 形式で表示されますが、奥行き軸は使用されません。

    100% 積み上げ横棒グラフと 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ

面グラフには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。面グラフは、時間に関する変動をプロットし、傾向全体の合計値を強調するのに適しています。また、プロットされた値の合計が表示されるため、全体と部分との関係も示されます。

面グラフ

面グラフの種類

  • 面グラフと 3-D 面グラフ   面グラフは 2-D 形式または 3-D 形式で表示できます。どちらの場合も、時間などの項目データに関する値の傾向が示されます。3-D 面グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) が使われます。積み上げ式でない面グラフでは、ある系列のデータが別の系列のデータに隠れてしまうことがあるため、一般的には、積み上げ式でない面グラフよりも折れ線グラフの利用をお勧めします。

    面グラフと 3-D 面グラフ

  • 積み上げ面グラフと 3-D 積み上げ面グラフ   積み上げ面グラフでは、時間などの項目データに関する各値の寄与度の傾向が 2-D 形式で示されます。3-D 積み上げ面グラフも、面が 3-D 形式で表示されることを除けば、その特性は同じです。奥行き軸は使用されません。

    積み上げ面グラフと 3-D 積み上げ面グラフ

  • 100% 積み上げ面グラフと 3-D 100% 積み上げ面グラフ    100% 積み上げ面グラフでは、時間などの項目データに関する各値の寄与率の傾向が示されます。3-D 100% 積み上げ面グラフも、面が 3-D 形式で表示されることを除けば、その特性は同じです。奥行き軸は使用されません。

    100% 積み上げ面グラフと 3-D 100% 積み上げ面グラフ

散布図には、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。 1 つの行または列に x 値を入力し、それに対応する y 値を隣の行または列に入力します。

散布図では、横 (x) 軸、縦 (y) 軸の 2 つの数値軸が使われます。x 値と y 値の組み合わせを 1 つのデータ要素とし、それらを不規則な間隔で (クラスターとして) 表示します。散布図は通常、科学データや統計データ、工学データなどの数値データを表示あるいは比較する場合に使われます。

散布図

次のような場合は、散布図の使用を検討してください。

  • 横軸の尺度を変更する必要がある場合。

  • 横軸を対数目盛にする場合。

  • 横軸の値が等間隔でない場合。

  • 横軸のデータ要素が多い場合。

  • 値の組または集合を含むデータについてより詳しい内容を明示できるように軸の目盛を調整する必要がある場合。

  • データ要素間の相違点ではなく、大量のデータ セット間の類似点を示す場合。

  • 大量のデータ要素を時間とは無関係に比較する場合。散布図内のデータ量が多いほど、比較の精度は高くなります。

散布図の種類

  • 散布図   このグラフは、値の組を比較する場合に適しています。データ要素のみ表示され、接続線は表示されません。

    散布図

  • 平滑線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)    このグラフには、データ要素間を接続する滑らかな曲線 (平滑線) が表示されます。平滑線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。データ要素が多数存在する場合は、マーカーなしの平滑線を使用します。

    平滑線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)

  • 直線付き散布図(マーカー付きとマーカーなし)    このグラフには、データ要素間を接続する直線が表示されます。直線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。

    直線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)

バブル チャートでは、散布図と同じように値を入力しますが、さらに第 3 の列を追加して、データ系列内のデータ要素を表すバブルのサイズを指定します。

バブル チャート

バブル チャートの種類

  • バブル チャートと 3-D 効果付きバブル チャート   これらのバブル チャートでは、バブルを 2-D 形式または 3-D 形式で表示して、2 つの値ではなく 3 つの値の組を比較することができます (奥行き軸は使用しません)。バブル マーカーのサイズは、3 番目の値で指定します。

    バブル チャートと 3-D 効果付きバブル チャート

株価チャートには、ワークシートの列または行に特定の順序で配列されたデータをプロットすることができます。その名前が示すとおり、株価チャートには株価変動のようすが示されます。ただし、日降水量や年間気温など、その他のデータに関する変動を示すこともできます。株価チャートを作成する場合は必ず、データを正しい順序に配列してください。

たとえば、高値 - 安値 - 終値の株価チャートを作成する場合は、列見出しを高値、安値、終値と入力し、データをその順に配列します。

株価チャート

株価チャートの種類

  • 高値 - 安値 - 終値の株価チャート   この株価チャートでは、高値、安値、終値という 3 系列の値がその順序で使用されます。

    高値 - 安値 - 終値の株価チャート

  • 始値 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート   この株価チャートでは、始値、高値、安値、終値という 4 系列の値がその順序で使用されます。

    始値 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート

  • 出来高 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート   この株価チャートでは、出来高、高値、安値、終値という 4 系列の値がその順序で使用されます。これらの値を表すのに 2 つの数値軸が使われます。1 つは出来高を表す縦棒に対しての数値軸、もう 1 つは株価に関する数値軸です。

    出来高 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート

  • 出来高 - 始値 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート   この株価チャートでは、出来高、始値、高値、安値、終値という 5 系列の値がその順序で使用されます。

    出来高 - 始値 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート

等高線グラフには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。このグラフは、2 組のデータの間で最適な組み合わせを見つける場合に適しています。地形図の場合と同じように、値が同一の範囲にある各領域を色やパターンで表します。等高線グラフを作成できるのは、項目とデータ系列が共に数値をとる場合です。

等高線グラフ

等高線グラフの種類

  • 3-D 等高線グラフ   このグラフでは、データが 3-D ビューで表示されます。ゴム シートを伸ばして 3-D 縦棒グラフを覆ったような画像です。このグラフを使用すれば、他の方法では表示できないような大量のデータがある場合でも、それらの間の関係を明示することができます。等高線グラフのカラー バンドは、データ系列を表すものではなく、値の差異を示したものです。

    3-D 等高線グラフ

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ   表面に色が表示されない 3-D 等高線グラフをワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフと言います。このグラフに表示されるのは線のみです。ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは決して見やすくはありませんが、大量のデータをプロットする場合は、3-D 等高線グラフに比べてはるかに効率的です。

    ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ

  • 2-D 等高線グラフ    2-D 等高線グラフは、2-D の地形図のように、等高線グラフを真上から見たものです。2-D 等高線グラフでは、カラー バンドにより特定の値の範囲が表されます。2-D 等高線グラフ上の線は、値が等しい補完点をつないだものです。

    等高線グラフ

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ    ワイヤーフレーム等高線グラフも、等高線グラフを真上から見たものです。ワイヤーフレーム等高線グラフでは、表示されるのは線のみで、表面のカラー バンドは表示されません。ワイヤーフレーム等高線グラフは、決して見やすくはありません。必要に応じて、3-D 等高線グラフを使ってください。

    ワイヤーフレーム等高線グラフ

レーダー チャートには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。 レーダー チャートは、複数のデータ系列の集計値を比較するのに適しています。

レーダー チャート

レーダー チャートの種類

  • レーダー チャートとマーカー付きレーダー チャート    レーダー チャートでは、個々のデータ要素を示すためのマーカーを表示することも非表示にすることもできます。どちらの場合も、中心点を基準にして値の変動が示されます。

    レーダー チャートとマーカー付きレーダー チャート

  • 塗りつぶしレーダー チャート   塗りつぶしレーダー チャートでは、1 つのデータ系列が占める領域を色で塗りつぶすことができます。

    塗りつぶしレーダー チャート

ツリーマップグラフは、データの階層ビューと、さまざまなレベルの分類を簡単に比較する方法を提供します。ツリーマップグラフでは、色と近接度によってカテゴリが表示され、他の種類のグラフでは難しいデータを簡単に表示することができます。ツリーマップグラフは、階層構造内に空白セルが存在し、ツリーマップグラフが階層内の比率を比較するのに適している場合にプロットできます。

Office 2016 for Windows のツリーマップ グラフの例

注: ツリーマップ図に形式はありません。

サンバースト図は、階層データを表示するのに最適であり、階層構造体内に空の (空白の) セルが存在する場合にプロットできます。階層の各レベルは、1つのリングまたは円で表され、最も内側の円が階層の一番上に表示されます。階層データを含まないサンバーストチャート (カテゴリの1つのレベル) は、ドーナツグラフに似ています。ただし、複数レベルのカテゴリを持つサンバースト図では、外輪が内輪にどのように関係しているかが示されます。サンバーストチャートは、1つのリングがその一因としてどのように分割されるかを示すのに最も効果的です。

Office 2016 for Windows のサンバースト グラフの画像

注: サンバースト図に形式はありません。

ヒストグラム図にプロットしたデータは、分布内での頻度を示します。グラフの各縦棒はビンと呼ばれ、この縦棒を変更してデータをさらに分析することができます。

サンプルのヒストグラム

ヒストグラム図の種類

  • ヒストグラム   ヒストグラム図では、データの分布が頻度のビンにグループ化されて示されます。

    ヒストグラム サブタイプのヒストグラム図
  • パレート図   パレートは並べ替えられたヒストグラム図であり、降順で並べ替えられた縦棒と、累積合計比率を示す折れ線の両方が含まれます。

    ヒストグラムで利用可能なグラフのパレート図サブ タイプ

ボックスとひげ図では、データの分布が四分に表示され、平均値と飛び地を強調しています。ボックスには、"ひげ" という縦方向の線が含まれている場合があります。これらの行は、上下の四分の外側の可変性を示し、それらの線またはひげの外側の任意の点は、外れ値と見なされます。このグラフの種類は、いくつかの方法で相互に関連付けられた複数のデータセットがある場合に使用します。

サンプルの箱ひげグラフ

注: 箱ひげ図に形式はありません。

ウォーターフォールチャートには、値が加算または減算されるので、財務データの合計が表示されます。最初の値が一連の正と負の値によってどのように影響されるかを理解するのに役立ちます。列は色分けされているため、負数から正の値をすばやく見分けることができます。

ウォーターフォール図の例

注: ウォーターフォール図に形式はありません。

じょうごグラフでは、プロセス内の複数のステージ間で値が表示されます。

じょうごグラフには販売パイプラインが表示されています。ステージは最初の列に記載され、値は 2 番目の値です

一般的に、値は段階的に減り、バーがじょうごの形に似ています。じょうごグラフの詳細については、こちらを参照してください

複合グラフには、列または行に配列されたデータをプロットすることができます。複合グラフは、データを理解しやすいように 2 種類以上のグラフを組み合わせたものです。特に、データが多岐に渡る場合に適しています。このグラフは、第 2 軸を表示するとさらに見やすくなります。この例では、1 月から 6 月までの住宅販売戸数を表した縦棒グラフと、月ごとの平均販売価格がひと目でわかるようにするための折れ線グラフを組み合わせて使用しています。

第 2 軸を持つ複合グラフ

複合グラフの種類

  • 集合縦棒グラフ – 折れ線グラフ (第 2 軸なしと第 2 軸あり)    この複合グラフは集合縦棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたもので、一方のデータ系列が縦棒グラフとして表示され、もう一方のデータ系列が折れ線グラフとして表示されます。必要であれば、第 2 軸を使用することもできます。

    集合縦棒グラフ

  • 積み上げ面グラフ – 集合縦棒グラフ   この複合グラフは、積み上げ面グラフと集合縦棒グラフを組み合わせたもので、一方のデータ系列が積み上げ面グラフとして表示され、もう一方のデータ系列が縦棒グラフとして表示されます。

    積み上げ面 - 集合縦棒グラフ

  • 独自の組み合わせ   同時に表示したいグラフを独自に組み合わせることができます。

    ユーザー設定の組み合わせグラフ

マップグラフを使用して、値を比較したり、地理的な地域間でカテゴリを表示したりできます。国/地域、都道府県、市区町村、郵便番号など、データに地理的な領域がある場合に使用します。

たとえば、人口別の国では値が使用されます。値は、各国の総人口を示しており、それぞれがグラデーション付きの 2 色のスペクトルを使用して描かれています。各地域の色は、他の地域と比較した際の値によって決定されます。その際にスペクトルも指定されます。

値のデータ付きの Excel マップ チャート

次の分類項目別の国の例では、グループまたは所属を表示する標準の凡例を使用して、分類項目が表示されています。各データ ポイントは、まったく別の色で示されます。

分類項目別の Excel マップ グラフ

グラフの種類を変更する

既にグラフがあるが、その種類のみを変更したい場合:

  1. グラフを選び、[デザイン] タブをクリックし、[グラフの種類の変更] をクリックします。

    グラフの種類の変更

  2. [グラフの種類の変更] ボックスで新しいグラフの種類を選びます。

見る人にとってわかりやすい方法でデータを表示できるように、多くの種類のグラフが利用できます。 ここでは、最も一般的なグラフの種類とその使用方法についていくつかの例を示します。

縦棒グラフ

縦棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。縦棒グラフでは通常、横軸に沿って項目がまとめられ、縦軸に沿って数値がまとめられます。

縦棒グラフは、一定期間内にデータが変化する様子を示す場合や、項目間の比較を示す場合に役立ちます。

縦棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合縦棒グラフ   : 項目ごとに値を比較します。 集合縦棒グラフは、値を 2-D の縦長の四角形として表示します。 3-D 集合縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。

  • 積み上げ縦棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示して、項目ごとに値の相対関係を表示します。 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ積み上げる四角形として表示します。 3-D 積み上げ縦棒グラフでは、3-D 奥行きを使用してデータが表示されます。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ縦棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 100% 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ 100% 積み上げる四角形として表示します。 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 3-D 縦棒グラフ   : 変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) を使用します。データ要素を横軸と奥行き軸に沿って比較します。

グラフの線

折れ線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 折れ線グラフは、時間的に連続するデータを共通の目盛で対比して表示できるため、等間隔でデータの傾向を示す場合に適しています。 折れ線グラフでは、項目データが横軸に沿って等間隔に配置され、数値データが縦軸に沿って等間隔に配置されます。

折れ線グラフは、項目ラベルがテキストであり、月、四半期、会計年度など、等間隔を取った数値を表す場合に効果的です。

折れ線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 特に、データ要素が多い場合や、データ要素の表示順序が重要視される場合など、ある期間や順序がある項目の傾向を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの折れ線グラフを使用してください。

  • 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目によるデータの相対関係の変化を示します。 項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 100% 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目による、データの全体に対する割合の変化を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの 100% 積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 3-D 折れ線グラフ   : 各行または各列のデータを 3-D の線として示します。3-D 折れ線グラフには、変更可能な横軸、縦軸、奥行き軸があります。

円グラフ

円グラフには、Excel シートの 1 列または 1 行にのみ配置されたデータをプロットできます。円グラフは、1 つのデータ系列における各項目を全項目の総和に対する比率に応じたサイズで示します。円グラフのデータ要素は、全体に対する割合 (パーセンテージ) として表示されます。

プロットするデータ系列が 1 つだけであり、プロットする値に負の値がなく、プロットする値のほとんどがゼロ以外の値であり、項目数が 7 つ以下であり、項目が円全体の一部を表す場合に、円グラフの使用を検討してください。

円グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 円グラフ   : 全体に対する値の関係や比較を 2-D 形式または 3-D 形式で表します。円グラフの各要素を強調するため、それらを手動で引き出すこともできます。

  • 補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフ   : メインの円グラフから抜粋されて、第 2 の円グラフまたは積み上げ棒グラフにまとめられた、ユーザー定義の値を使用して、円グラフを表示します。 これらのグラフは、メインの円グラフ内の小さな要素を識別しやすくする場合に役立ちます。

  • ドーナツグラフ    円グラフと同じように、ドーナツグラフは、全体に対する部分の関係を示しています。ただし、複数のデータ系列を含めることができます。ドーナツグラフの各リングは、データ系列を表します。各リングがデータ系列を表すリングのデータを表示します。データラベルにパーセンテージが表示されている場合、各リングは合計 100% になります。

    ドーナツ グラフ

グラフのバー

横棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。

個々の項目を比較できる形で示すには、横棒グラフを使用します。

横棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合バーと3-d 集合横棒グラフ    カテゴリ間の値を比較します。集合横棒グラフでは、通常、分類項目は縦軸に沿って配置され、横軸に沿って値が構成します。3-d グラフの集合バーには、3-d 形式の横方向の四角形が表示されます。3つの軸にデータが表示されることはありません。

  • 積み上げ横棒グラフと3-d 積み上げ横棒チャート    個々のアイテムの全体に対する関係を示します。3-d グラフの積み上げ横棒には、3-d 形式の水平方向の四角形が表示されます。3つの軸にデータが表示されることはありません。

  • 100% 積み上げ横棒グラフと 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 3-D 100% 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

散布図

散布図には、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 散布図には、2 つの数値軸があります。 散布図は、1 つの組の数値データを横軸 (x 軸) に沿って、もう 1 つの組の数値データを縦軸 (y 軸) に沿って示します。 これらの値の組み合わせを 1 つのデータ要素とし、それらを不規則な間隔で (クラスターとして) 表示します。

散布図は、複数のデータ系列の数値間の関係を示したり、2 つのグループの数値を 1 系列の xy 座標としてプロットしたりします。 散布図は通常、科学データや統計データ、工学データのような数値データを表示または比較する場合に使用されます。

散布図には、次のようなグラフの形式があります。

  • 散布図    値のペアを比較します。データマーカーを含む散布図を使用しますが、線なしでは、多くのデータ要素があり、線を接続すると、データが読みにくくなります。このグラフの種類は、データ要素の接続を表示する必要がない場合にも使用できます。

  • 平滑線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ滑らかな曲線 (平滑線) を表示します。平滑線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。データ要素が多数存在する場合は、マーカーなしの平滑線を使用してください。

  • 直線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ直線を表示します。直線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。

  • 3-d 効果を使用したバブルチャートまたはバブルチャート   バブルチャートは散布図の一種であり、バブルのサイズは3番目の変数の値を表します。2つではなく、3つの値のセットを比較します。3番目の値は、バブルマーカーのサイズを決定します。バブルを2-d 形式で表示するか、3-d 効果を使用するかを選ぶことができます。

    バブル チャート

グラフ領域

面グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。プロットされた値の合計を表示して、面グラフは、全体と部分の関係も示します。

面グラフは、時間による変化の大きさを強調して、傾向全体の合計値に注意を促す場合に使用できます。 たとえば、面グラフに、収益を経時的に表すデータをプロットして、収益の合計を強調できます。

面グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 面グラフ   : 時間や他の項目データによる値の傾向を表します。3-D 面グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) が使用されます。積み上げ式でない面グラフでは、ある系列のデータが別の系列のデータに隠れてしまうことがあるため、一般的には、積み上げ式でない面グラフよりも折れ線グラフの利用をお勧めします。

  • 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の相対関係の傾向を表します。 3-D 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の全体に対する割合の傾向を表します。 3-D 100% 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

株価チャート

株価チャートには、Excel シートの列または行に特定の順序で配置されたデータをプロットできます。

名前が示すように、株価チャートは、株価の変動を示す場合に最もよく使用されます。 ただし、このチャートは科学データに使用することもできます。 たとえば、株価チャートを使用して、毎日の気温や年間の気温の変動を示すことができます。

株価チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • 高値-安値-終値の株価チャート    株価を示しています。[高]、[低]、[閉じる] の3つの一連の値が正しい順序で必要です。

  • 始値-高値-安値-終値の株価チャート    [開く]、[高]、[低]、[閉じる] の4つの一連の値が正しい順序で必要です。

  • 出来高-高値-安値-終値の株価チャート    [音量]、[高値]、[低]、[閉じる] の4つの一連の値が正しい順序で必要です。2つの値軸を使用してボリュームを測定します。これは、ボリュームを測定する列の1つであり、株価についてはもう一方を意味します。

  • 出来高-始値-高値-安値-終値の株価チャート    [ボリューム]、[開く]、[高]、[低]、[閉じる] の順に5つの一連の値が必要です。

グラフの表面

等高線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。地形図の場合と同じように、値が同一である範囲にある各領域を色やパターンで表します。

等高線グラフは、2 組のデータの間で最適な組み合わせを見つける場合に適しています。

等高線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 3-D 等高線グラフ   : 連続した曲線で 2 次元にわたる値の傾向を表示します。 等高線グラフのカラー バンドは、データ系列を表すものではありません。 値の差を示したものです。 このグラフは、データを 3-D ビューで示します。ゴム シートを伸ばして 3-D 縦棒グラフを覆ったような画像です。 このグラフを使用すれば、他の方法では表示できないような大量のデータがある場合でも、それらの間の関係を明示することができます。

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ   : 線のみを表示します。 ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは、見やすくはありませんが、このグラフは、大きな組のデータの迅速なプロットに役立ちます。

  • 等高線グラフ   : 2-D の地形図のように、3-D 等高線グラフを真上から見たものです。この等高線グラフでは、値の特定の範囲がカラー バンドで表されます。等高線グラフ上の線は、値が等しい補間点をつないだものです。

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ   : 3-D 等高線グラフを真上から見たものです。ワイヤーフレーム等高線グラフは、表面のカラー バンドを表示しないで、線のみを表示します。ワイヤーフレーム等高線グラフは、決して見やすくはありません。代わりに、3-D 等高線グラフを使用できます。

レーダー チャート

レーダー チャートでは、項目ごとに、中心点から放射状に伸びる専用の数値軸があります。 線は、同じ系列のすべての値をつなぎます。

複数のデータ系列の集計値を比較するには、レーダー チャートを使用します。

レーダー チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • レーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表します。

  • マーカー付きレーダー   マーカー付きの中心点に関連する値の変更を表示します。

  • 塗りつぶしレーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表し、1 つのデータ系列が占める領域を色で塗りつぶします。

マップグラフを使用して、値を比較したり、地理的な地域間でカテゴリを表示したりできます。国/地域、都道府県、市区町村、郵便番号など、データに地理的な領域がある場合に使用します。

値のデータ付きの Excel マップ チャート 分類項目別の Excel マップ グラフ

詳細については、「マップグラフを作成する」を参照してください。

じょうごグラフでは、プロセス内の複数のステージ間で値が表示されます。

じょうごグラフには販売パイプラインが表示されています。ステージは最初の列に記載され、値は 2 番目の値です

通常、値は徐々に減少し、バーはじょうごに似ています。詳細については、「じょうごグラフを作成する」を参照してください。

ツリーマップグラフは、データの階層ビューと、さまざまなレベルの分類を簡単に比較する方法を提供します。ツリーマップグラフでは、色と近接度によってカテゴリが表示され、他の種類のグラフでは難しいデータを簡単に表示することができます。ツリーマップグラフは、階層構造内に空白セルが存在し、ツリーマップグラフが階層内の比率を比較するのに適している場合にプロットできます。

Office 2016 for Windows のツリーマップ グラフの例

ツリーマップ図に形式はありません。

詳細については、「ツリーマップグラフを作成する」を参照してください。

サンバースト図は、階層データを表示するのに最適であり、階層構造体内に空の (空白の) セルが存在する場合にプロットできます。階層の各レベルは、1つのリングまたは円で表され、最も内側の円が階層の一番上に表示されます。階層データを含まないサンバーストチャート (カテゴリの1つのレベル) は、ドーナツグラフに似ています。ただし、複数レベルのカテゴリを持つサンバースト図では、外輪が内輪にどのように関係しているかが示されます。サンバーストチャートは、1つのリングがその一因としてどのように分割されるかを示すのに最も効果的です。

Office 2016 for Windows のサンバースト グラフの画像

サンバースト図に形式はありません。

詳細については、「サンバースト図を作成する」を参照してください。

ウォーターフォールチャートには、値が加算または減算されるので、財務データの合計が表示されます。最初の値が一連の正と負の値によってどのように影響されるかを理解するのに役立ちます。列は色分けされているため、負数から正の値をすばやく見分けることができます。

ウォーターフォール図の例

ウォーターフォール図に形式はありません。

詳細については、「ウォーターフォール図を作成する」を参照してください。

ヒストグラム図にプロットしたデータは、分布内での頻度を示します。グラフの各縦棒はビンと呼ばれ、この縦棒を変更してデータをさらに分析することができます。

サンプルのヒストグラム

ヒストグラムグラフの種類

  • ヒストグラム   ヒストグラム図では、データの分布が頻度のビンにグループ化されて示されます。

    ヒストグラム サブタイプのヒストグラム図
  • パレート図   パレートは並べ替えられたヒストグラム図であり、降順で並べ替えられた縦棒と、累積合計比率を示す折れ線の両方が含まれます。

    ヒストグラムで利用可能なグラフのパレート図サブ タイプ

詳細については、「ヒストグラムパレート図」を参照してください。

ボックスとひげ図では、データの分布が四分に表示され、平均値と飛び地を強調しています。ボックスには、"ひげ" という縦方向の線が含まれている場合があります。これらの行は、上下の四分の外側の可変性を示し、それらの線またはひげの外側の任意の点は、外れ値と見なされます。このグラフの種類は、いくつかの方法で相互に関連付けられた複数のデータセットがある場合に使用します。

サンプルの箱ひげグラフ

詳細については、「ボックスとひげ図を作成する」を参照してください。

縦棒グラフ

縦棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。縦棒グラフでは通常、横軸に沿って項目がまとめられ、縦軸に沿って数値がまとめられます。

縦棒グラフは、一定期間内にデータが変化する様子を示す場合や、項目間の比較を示す場合に役立ちます。

縦棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合縦棒グラフ   : 項目ごとに値を比較します。 集合縦棒グラフは、値を 2-D の縦長の四角形として表示します。 3-D 集合縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。

  • 積み上げ縦棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示して、項目ごとに値の相対関係を表示します。 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ積み上げる四角形として表示します。 3-D 積み上げ縦棒グラフでは、3-D 奥行きを使用してデータが表示されます。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ縦棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 100% 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ 100% 積み上げる四角形として表示します。 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 3-D 縦棒グラフ   : 変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) を使用します。データ要素を横軸と奥行き軸に沿って比較します。

  • 円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 縦棒グラフで用意されているものと同じてあるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げ、3-D として利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

グラフの線

折れ線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 折れ線グラフは、時間的に連続するデータを共通の目盛で対比して表示できるため、等間隔でデータの傾向を示す場合に適しています。 折れ線グラフでは、項目データが横軸に沿って等間隔に配置され、数値データが縦軸に沿って等間隔に配置されます。

折れ線グラフは、項目ラベルがテキストであり、月、四半期、会計年度など、等間隔を取った数値を表す場合に効果的です。

折れ線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 特に、データ要素が多い場合や、データ要素の表示順序が重要視される場合など、ある期間や順序がある項目の傾向を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの折れ線グラフを使用してください。

  • 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目によるデータの相対関係の変化を示します。 項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 100% 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目による、データの全体に対する割合の変化を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの 100% 積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 3-D 折れ線グラフ   : 各行または各列のデータを 3-D の線として示します。3-D 折れ線グラフには、変更可能な横軸、縦軸、奥行き軸があります。

円グラフ

円グラフには、Excel シートの 1 列または 1 行にのみ配置されたデータをプロットできます。円グラフは、1 つのデータ系列における各項目を全項目の総和に対する比率に応じたサイズで示します。円グラフのデータ要素は、全体に対する割合 (パーセンテージ) として表示されます。

プロットするデータ系列が 1 つだけであり、プロットする値に負の値がなく、プロットする値のほとんどがゼロ以外の値であり、項目数が 7 つ以下であり、項目が円全体の一部を表す場合に、円グラフの使用を検討してください。

円グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 円グラフ   : 全体に対する値の関係や比較を 2-D 形式または 3-D 形式で表します。円グラフの各要素を強調するため、それらを手動で引き出すこともできます。

  • 補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフ   : メインの円グラフから抜粋されて、第 2 の円グラフまたは積み上げ棒グラフにまとめられた、ユーザー定義の値を使用して、円グラフを表示します。 これらのグラフは、メインの円グラフ内の小さな要素を識別しやすくする場合に役立ちます。

  • 分割円グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 分割円グラフは 3-D 形式で表示できます。 円の分割の設定は、すべての要素に対して変更することも、要素ごとに変更することもできます。 ただし、分割円の要素を手動で移動することはできません。

グラフのバー

横棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。

個々の項目を比較できる形で示すには、横棒グラフを使用します。

横棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合横棒グラフ   : 項目間の値を比較します。 集合横棒グラフでは通常、縦軸に沿って項目がまとめられ、横軸に沿って数値がまとめられます。 3-D 集合横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 積み上げ横棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示します。 3-D 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 100% 積み上げ横棒グラフと 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 3-D 100% 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 横方向の円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 横棒グラフで用意されているものと同じであるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げとして利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が、横長の四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

グラフ領域

面グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。プロットされた値の合計を表示して、面グラフは、全体と部分の関係も示します。

面グラフは、時間による変化の大きさを強調して、傾向全体の合計値に注意を促す場合に使用できます。 たとえば、面グラフに、収益を経時的に表すデータをプロットして、収益の合計を強調できます。

面グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 面グラフ   : 時間や他の項目データによる値の傾向を表します。3-D 面グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) が使用されます。積み上げ式でない面グラフでは、ある系列のデータが別の系列のデータに隠れてしまうことがあるため、一般的には、積み上げ式でない面グラフよりも折れ線グラフの利用をお勧めします。

  • 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の相対関係の傾向を表します。 3-D 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の全体に対する割合の傾向を表します。 3-D 100% 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

散布図

散布図には、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 散布図には、2 つの数値軸があります。 散布図は、1 つの組の数値データを横軸 (x 軸) に沿って、もう 1 つの組の数値データを縦軸 (y 軸) に沿って示します。 これらの値の組み合わせを 1 つのデータ要素とし、それらを不規則な間隔で (クラスターとして) 表示します。

散布図は、複数のデータ系列の数値間の関係を示したり、2 つのグループの数値を 1 系列の xy 座標としてプロットしたりします。 散布図は通常、科学データや統計データ、工学データのような数値データを表示または比較する場合に使用されます。

散布図には、次のようなグラフの形式があります。

  • 散布図 (マーカー付きのみ)   : 値の組を比較します。 多数のデータ要素があり、接続線のためにデータが読みにくくなる場合は、データ マーカー付きでも線なしの散布図を使用します。 データ要素の接続を示す必要がない場合も、このグラフの種類を使用できます。

  • 平滑線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ滑らかな曲線 (平滑線) を表示します。平滑線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。データ要素が多数存在する場合は、マーカーなしの平滑線を使用してください。

  • 直線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ直線を表示します。直線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。

バブル チャート

バブル チャートは、XY (散布) 図の一種であり、バブルのサイズで第 3 の変数の値を表します。

バブル チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • バブル チャートと 3-D 効果付きバブル チャート   : 2 つではなく 3 つの値の組を比較します。 第 3 の値で、バブル マーカーのサイズが決まります。 バブルを 2-D 形式で表示することも、3-D 効果付きで表示することもできます。

株価チャート

株価チャートには、Excel シートの列または行に特定の順序で配置されたデータをプロットできます。

名前が示すように、株価チャートは、株価の変動を示す場合に最もよく使用されます。 ただし、このチャートは科学データに使用することもできます。 たとえば、株価チャートを使用して、毎日の気温や年間の気温の変動を示すことができます。

株価チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • 株価チャート (高値-安値-終値)    : 株価を示します。 この株価チャートでは、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 3 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (始値-高値-安値-終値)   : 始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (出来高-高値-安値-終値)   : 出来高、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。出来高を表すのに 2 つの数値軸が使用されます。1 つは出来高を表す縦棒に対しての数値軸、もう 1 つは株価に関する数値軸です。

  • 株価チャート (出来高-始値-高値-安値-終値)   : 出来高、始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 5 系列の値が必要です。

グラフの表面

等高線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。地形図の場合と同じように、値が同一である範囲にある各領域を色やパターンで表します。

等高線グラフは、2 組のデータの間で最適な組み合わせを見つける場合に適しています。

等高線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 3-D 等高線グラフ   : 連続した曲線で 2 次元にわたる値の傾向を表示します。 等高線グラフのカラー バンドは、データ系列を表すものではありません。 値の差を示したものです。 このグラフは、データを 3-D ビューで示します。ゴム シートを伸ばして 3-D 縦棒グラフを覆ったような画像です。 このグラフを使用すれば、他の方法では表示できないような大量のデータがある場合でも、それらの間の関係を明示することができます。

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ   : 線のみを表示します。 ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは、見やすくはありませんが、このグラフは、大きな組のデータの迅速なプロットに役立ちます。

  • 等高線グラフ   : 2-D の地形図のように、3-D 等高線グラフを真上から見たものです。この等高線グラフでは、値の特定の範囲がカラー バンドで表されます。等高線グラフ上の線は、値が等しい補間点をつないだものです。

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ   : 3-D 等高線グラフを真上から見たものです。ワイヤーフレーム等高線グラフは、表面のカラー バンドを表示しないで、線のみを表示します。ワイヤーフレーム等高線グラフは、決して見やすくはありません。代わりに、3-D 等高線グラフを使用できます。

ドーナツ グラフ

円グラフのように、ドーナツ グラフは、全体に対する部分部分の関係を示します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。 ドーナツ グラフの各リングは、データ系列を表します。

ドーナツ グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • ドーナツ グラフ   : データをリング状に表示します。各リングは 1 つのデータ系列を表します。データ ラベルにパーセンテージが表示されている場合、各リングは全体で 100% になります。

  • 分割ドーナツ グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。

レーダー チャート

レーダー チャートでは、項目ごとに、中心点から放射状に伸びる専用の数値軸があります。 線は、同じ系列のすべての値をつなぎます。

複数のデータ系列の集計値を比較するには、レーダー チャートを使用します。

レーダー チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • レーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表します。

  • 塗りつぶしレーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表し、1 つのデータ系列が占める領域を色で塗りつぶします。

グラフの種類を変更する

既にグラフがあるが、その種類のみを変更したい場合:

  1. グラフを選択し、[グラフのデザイン] タブをクリックして、[グラフの種類の変更] をクリックします。

    [グラフのデザイン] タブの右半分
  2. 利用可能なオプションのギャラリーで新しいグラフの種類を選択します。

関連項目

マップグラフを作成する

じょうごグラフを作成

データをガントチャートで表示

ヒストグラムを作成

パレート図を作成する

サンバースト図を作成する

ツリーマップグラフを作成する

ウォーターフォールチャートを作成する

ボックスとひげ図を作成する

円グラフを追加

おすすめのグラフを使用してグラフを作成

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×