スキップしてメイン コンテンツへ

Office で使用する MS アカウントとパスワード忘却時の対応

サインインして Office をインストールまたは再インストールしたり、Office 365 サブスクリプションを管理したりするためのアカウントおよびパスワードを取得する方法は、使用している製品が家庭向け Office 製品か一般法人向け Office 製品かによって異なります。

ヒント: OfficeProfessionalPlus を自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) に加入している会社のサブスクリプション経由で入手している場合は、「自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) で Office をインストールまたはアンインストールする」をご覧ください。

家庭向け Office

使用している Office 製品が次のいずれかである場合、家庭向け Office 製品を所有していることになります。 これには、Office 365 サブスクリプションや、永続ライセンスの Office または個別の Office アプリケーションがあります。 通常、これらの製品は、個人用 Microsoft アカウントに関連付けられています。

Office 365 サブスクリプション: 次の製品には、フル機能の Office アプリケーションが含まれます。

  Office_365_Solo    

1 回限りのお買い求めでご利用できる Office 2019、Office 2016、または Office 2013 バージョン: 次の製品には、フル機能の Office アプリケーションが含まれます。

  Office Professional
OfficeHomeBusiness
  Office Personal
  Office Professional Academic

1 回限りのお買い求めでご利用できる単体の Office 2019、Office 2016、または Office 2013

  Word
Excel_generic
PowerPoint_generic
OneNote_generic*
Outlook
Access_generic
Publisher_generic
Project_generic
Visio_generic

ヒント: *デスクトップ版の OneNote_generic は、2016 および 2013 バージョンでのみ利用可能です。 Office 2019 のリリース以降では、OneNote_generic for Windows 10 が Office 365 および Office 2019 ユーザー向けの既定の OneNote_generic 操作環境です。 FAQ を参照してください。

一般法人向け Office

使用している Office 製品が次のいずれかである場合、一般法人向け Office 製品を所有していることになります。 これらの製品は通常、職場または学校アカウントに関連付けられており、Office ライセンスは (それが自分のサブスクリプションに含まれている場合)、働いている職場または通っている学校から与えられたものとなります。

Office 365 サブスクリプション: 次の製品には、フル機能の Office アプリケーションが含まれます。

  Office_365_Business
Office 365 Business Premium

  Office365_Edu_E5

  Office_365_ProPlus
Office365_Ent_E3
Office365_Ent_E4
Office365_Enterprise_E5

  Office365_NonProfit_BusPrem
Office365_Nonprofit_E3
Office365_Nonprofit_E5

  Office365_GovComm_G3
Office365_GovComm_G5

  ProjectOnlineProfessional
ProjectOnlinePremium

  Visio Online プラン 2

フル機能の Office 365 アプリケーションが含まれていないサブスクリプション:

ヒント: このような Office_365 サブスクリプションの場合、ダウンロードしてインストールするデスクトップ アプリケーションはなく、ほとんどの場合は、Web ブラウザーでオンライン バージョンの Office アプリケーションにアクセスして使用することができます。 詳細については、「無料の Office Online アプリ」を参照してください。

  Office365_Business_Essentials
Office365_Ent_E1
Office365_EDU
Office365_NonProfit_BusEssentials
Office365_Nonprofit_E1
Office365_GovComm_G1
ProjectOnline_Essentials
 Visio Online プラン 1

Office 2019、Office 2016 または Office 2013 のボリューム ライセンス版

  OfficeProfessionalPlus

家庭向け Office 製品と関連付けられたアカウントは、初めて Office を購入またはライセンス認証したときに使用したメール、または AccountPortal からサインインして Office をインストールするときや、管理に使用するものと同じです。

このユーザー名またはパスワードのヘルプについては、次のオプションから選択してください。

さらにサポートが必要な場合

サポートに電話 これらのいずれのオプションもサポートされておらず、引き続きMicrosoftAccountを思い出せない場合は、「Microsoft アカウントにサインインできない場合」を参照してください。

職場または学校で割り当てられたメール アカウントは、職場または学校で購入した Office のコピーと関連付けられているアカウントと同じです。次のオプションを選択すると、ユーザー名またはパスワードに関するヘルプが表示されます。

ユーザー名とパスワードについて管理者に問い合わせる

workacct_longのユーザー名を取得してパスワードを再設定できる管理者に問い合わせてください。

Office 2016 がインストールされている場合に、Office アプリを開いてユーザー名を表示する

Office 2016 がインストールされていれば、ほとんどの場合、デスクトップ Office アプリケーションを開いて、Office に関連付けられているworkacct_longを表示することができます。

  1. Word や Excel など、任意の Office アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] を選びます。既存のドキュメントが表示されない場合は、[ファイル] メニューを表示するため、新しいドキュメントを作成する必要があることがあります。

  3. 左側のナビゲーションから [アカウント] を選びます。

  4. [製品情報] の下に、お求めになった Office 製品と、[所属先:] という語句に続いて、この Office のバージョンに関連付けられているアカウントが表示されます。

    Office に関連付けられている Microsoft アカウントは、Office アプリケーションの [アカウント] ウィンドウに表示されます。

    [所属先:] が表示されない場合は、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。更新の完了後、アプリを閉じて、もう一度開きます。[所属先:] アカウントが表示されます。

ユーザー名はわかっているが、パスワードを忘れてリセットする必要がある場合

パスワードをリセットするためのアクセス許可を管理者から付与されている場合は、passwordreset.microsoftonline.com/ にアクセスしてください。パスワードを変更するためのアクセス許可がない場合は、管理者に問い合わせてください。

パスワードをリセットするためのアクセス許可を管理者から付与されている場合は、passwordreset.activedirectory.windowsazure.cn/ にアクセスしてください。パスワードを変更するためのアクセス許可がない場合は、管理者に問い合わせてください。

パスワードをリセットするためのアクセス許可を管理者から付与されている場合は、passwordreset.microsoftonline.com/ にアクセスしてください。パスワードを変更するためのアクセス許可がない場合は、管理者に問い合わせてください。

パスワードはわかっているが、変更したい場合

Office 365 でパスワードを更新するためのアクセス許可を管理者から付与されている場合にのみこれを行うことができます。

  1. www.office.com/signin にアクセスして、workacct_long ユーザー名と既存のパスワードでサインインします。

    login.partner.microsoftonline.cnにアクセスして、 workacct_longのユーザー名と既存のパスワードを使用してサインインします。

    portal.office.de にアクセスして、workacct_long ユーザー名と既存のパスワードでサインインします。

  2. [設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[パスワード] の順に移動します。

    パスワードを選びます。
  3. 必要な変更を行い、[保存] をクリックします。

組織で中国の 21Vianet が運営する Office 365 を使用している場合

中国の O365_21Vianet のサインイン場所は、https://login.partner.microsoftonline.cn/です。

サインインの場所は正しいが、ユーザー名とパスワードを引き続き思い出せない場合は、管理者にお問い合わせください。

組織で Office 365 Germany を使用している場合

O365_Germany のサインイン場所は、https://portal.office.de です。

サインインの場所は正しいが、ユーザー名とパスワードを引き続き思い出せない場合は、管理者にお問い合わせください。

職場または学校アカウントではなく、個人用アカウントでサインインします。

個人用のMicrosoftAccountで Office にサインインしようとしているが、職場または学校のアカウントで既にサインインしている場合は、サインアウトして、正しいMicrosoftAccount (またはその逆) を使用してサインインする必要があります。

または、新しいブラウザー ウィンドウでプライベートな閲覧セッションを開きます (これを行う方法がわからない場合は、ブラウザーのヘルプでご確認ください)。プライベートな閲覧セッションを開くと、閲覧データ (履歴、インターネット一時ファイル、Cookie) が保存されないため、別のアカウントでサインインすることができます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×